皇統初期・欠史八代(けっしはちだい)

欠史八代(けっしはちだい)とは、第二代・綏靖大王(すいぜいおおきみ/天皇)から第九代・開化大王(かいかおおきみ/天皇)までの八人の大王(おおきみ/天皇)の実在が疑われている事を言う。

皇統の初期段階の大王(おおきみ/天皇)について、実在を裏付ける資料がほとんど無い事から「伝説上だけの存在で、実在しないではないか?」とされ、「欠史八代」として別に扱われる大王(おおきみ/天皇)が居る。

第二代・綏靖大王(すいぜいおおきみ/天皇) = 神渟名川耳天皇(かむぬなかわみみのすめらみこと) 第三代・安寧大王(あんねいおおきみ/天皇)=磯城津彦玉手看天皇(しきつひこたまてみのすめらみこと) 第四代・懿徳大王(いとくおおきみ/天皇)=大日本彦耜友天皇(おおやまとひこすきとものすめらみこと) 第五代・孝昭大王(こうしょうおおきみ/天皇)=観松彦香殖稲天皇(みまつひこかえしねのすめらみこと) 第六代・孝安大王(こうあんおおきみ/天皇)=日本足彦国押人天皇(やまとたらしひこくにおしひとのすめらみこと) 第七代・孝霊大王(こうれいおおきみ/天皇)=大日本根子彦太瓊天皇(おおやまとねこひこふとにのすめらみこと) 第八代・孝元大王(こうげんおおきみ/天皇)=大日本根子彦国牽天皇(おおやまとねこひこくにくるのすめらみこと) 第九代・開化大王(かいかおおきみ/天皇)=稚日本根子彦大日日天皇(わかやまとねこひこおおびびのすめらミコト)

この初期皇統の疑惑を、以下この文章で少し詳しくお伝えする。

これらの大王(天皇)を「後に創作された架空のもの」とする根拠は、第十代・崇神大王(すじんおおきみ/天皇)の「お名前・漢風諡号(かんふうしごう)」にあり、崇神大王(すじんおおきみ)の「お名前」である御肇國天皇(ハツクニシラススメラミコト)が、「初めて天下を治めた」と言う意味を持つからである。

つまり崇神大王(すじんおおきみ/第十代天皇)には、現代日本の学術上、実在の可能性が見込める初めての大王(おおきみ/天皇)と言う評価がある。

「記・紀神話(古事記/日本書紀)」の謎解きの中にはこうしたメッセージも巧みに隠されていて、本来の系図では第十代・崇神大王(すじんおおきみ/天皇)が初代である事を物語っている。

欠史八代(けっしはちだい)とは系譜(帝紀)は存在するがその事績(旧辞/成し遂げた仕事)が記されない為、皇室の「起源の古さと権威を示す為」の偽作とされる疑惑が在る。

これらの大王(おおきみ/天皇)は実在説もあるが、史学界で支配的なのは「実在せず後に創作された架空のもの」とする考えが上記「欠史八代」である。


欠史八代(けっしはちだい)の大王(おおきみ/天皇)は「古事記・日本書紀」に「お名前」が記載されている。

例えば二代・綏靖天皇(すいぜいてんのう)は、「古事記」では「神沼河耳命(かむぬなかわみみのみこと)」と言い、「日本書紀」では「神渟名川耳尊(かむぬなかわみみのみこと)」とも言うのが、そのお名前は、「和風諡号(わふうしごう)」である。

綏靖(すいぜい)と言う呼称は、奈良時代後期の文人である淡海三船(おうみ の みふね)が歴代天皇の和風諡号(わふうしごう)を一括撰進した時に付されたが、その「古事記・日本書紀」での「お名前=和風諡号(わふうしごう)」に秘密が隠されていると読めるのだ。

つまり初代・神武天皇(じんむおおきみ/天皇)から九代・開化大王(かいかおおきみ/天皇)までは、架空の人物もしくは倭国群の内の一国から採って「記・紀神話(古事記/日本書紀)」などの古文書に記載した疑いもある。

また、五代・孝昭大王(こうしょうおおきみ/天皇)の「お名前・和風諡号(わふうしごう)」=観松彦香殖稲天皇(みまつひこかえしねのすめらみこと)の名の中に在る「香殖稲(かえしね)」に、後世へのメッセージが疑われている。

香殖稲(かえしね/根を反す)とは、皇統が入れ替わった事を暗示させると疑いで、「欠史」にしても「香殖稲」にしても初期皇統にまつわる疑惑である。

そしてこの欠史八代と初代・神武大王(じんむおおきみ/天皇)が、賀茂・葛城氏の主神・事代主神や賀茂・葛城御門(臣王)家と婚姻関係に在る事で、初期皇統の神武朝と賀茂朝をに見事に混合した疑いがある。

謎の始まりは、「古事記・日本書紀」に見える皇統・孝昭大王(こうしょうおおきみ・第五代天皇)の存在である。

この孝昭大王(こうしょうおおきみ)、実在説もあるが、いわゆる欠史八代の一人で、実在しない大王(おおきみ/天皇)と捉える研究家の見方が一般的である。

「古事記」及び「日本書紀」に於いて、系譜(帝紀)は存在するもののその事績(旧辞)が記されていない第二代綏靖天皇から第九代開化天皇までの八人の大王(おおきみ/天皇)の事、或いはその時代を指して欠史八代(けっしはちだい/缺史八代、また別体で闕史八代)とされている。

注)初代・神武大王(じんむおおきみ/神話・伝説上の初代天皇)から第二十五代・武烈大王(ぶれつおおきみ/第二十五代天皇)までを「上古天皇」と分類している。


五代・孝昭大王に関しては、参考小論【欠史八代(けっしはちだい)と香殖稲(かえしね/根を反す)】を参照下さい。

◆神話で無い、リアルな初期日本人の成り立ちについては、【
日本人の祖先は何処から来たのか?】を参照下さい。

大王(おおきみ)=天皇(てんのう)】に飛ぶ。
古墳時代(こふんじだい)】に飛ぶ。

第一巻第二話】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

# by mmcjiyodan | 2017-08-21 07:23 | Comments(0)  

崇神大王(すじんおおきみ/天皇)

崇神大王(すじんおおきみ/天皇)は、「古事記」及び「日本書紀」に記される第十代大王(おおきみ/天皇)である。

崇神大王(すじんおおきみ)の和風諡号(わふうしごう)は「日本書紀」では御間城入彦五十瓊殖天皇(みまきいりびこいにえのすめらのみこと)である。

また、崇神大王(すじんおおきみ)には御肇國天皇(はつくにしらすすめらのみこと)と称えられ、その諡号(しごう)が、「初めて天下を治めた」と言う意味を持つ事に在る。

その諡号(しごう)から、崇神大王(すじんおおきみ/天皇)には、現代日本の学術上、実在の可能性が見込める初めての大王(天皇)と言う評価がある。

崇神大王(すじんおおきみ/天皇)の「古事記」に於ける諡号(しごう)では御真木入日子印恵命(みまきいりひこいにえのみこと)である。


「古事記・日本書紀」に伝えられる事績の史実性、先帝達と繋がる系譜記事等には疑問もあるものの、三世紀から四世紀初めにかけて実在した大王(おおきみ/天皇)と捉える見方が少なくない。

初代・神武大王(じんむおおきみ/天皇)とそれに次ぐ欠史八代の天皇達の実在性が希薄であることから、この崇神大王(すじんおおきみ/天皇)をヤマト王権の初の大王(おおきみ/天皇)と考える説が存在する。

加えて「古事記・日本書紀」に記された事績の類似と諡号の共通性(後述)から、神武天皇と崇神大王(すじんおおきみ/天皇)が同一人物とする説もある。

井上馨桂太郎の孫に当たる歴史学者・井上光貞は御名に後世的な作為が窺えず、欠史八代と違って旧辞も備わっている事から、崇神大王(すじんおおきみ/第十代天皇)を実在の可能性のある最初の帝としている。

ただし、井上光貞は崇神に次ぐ系譜と第十五代応神大王(おうじんおおきみ/天皇)以降の系譜との繋がりには懐疑的である。

歴史学者・直木孝次郎も同様の理由から応神以前に大和地方に存在した別王朝の首長と考えていた。

このように、後代の大王(おおきみ)・天皇達との連続性を疑う「王朝交替説」も存在する。


一方で神武大王(おおきみ)と欠史八代大王(おおきみ)の実在を支持する立場の歴史学者もいる。

その説では、「日本書紀」の記述に、畿内周辺の狭い領域の記述しか出て来なかったのは、初期のヤマト王権が「狭い領域の支配権しか有しなかったからではないか」と言う主張である。

その説では、畿内にしか力の及ばなかったヤマト王権が、崇神大王(すじんおおきみ)の代になって初めて全国規模の政権になったと考える説になる。


崇神大王(すじんおおきみ/天皇)の代になって初めて「四道将軍の派遣など」など他地方にまで渡る記述が出てくる。

この事から、「初代・神武大王(じんむおおきみ/天皇)から第九代・開化大王(かいかおおきみ/天皇)までは畿内周辺の狭い範囲の王朝だった」と言うのである。


「古事記」では、崇神大王(すじんおおきみ/天皇)の没年を干支により戊寅年と記載しているので(崩年干支または没年干支という)、これを信用して三百十八年(または二百五十八年)没と推測する説も見られる。

二百五十八年没説を採った場合、崇神大王(すじんおおきみ/天皇)の治世は中国の文献に記載されている邪馬台国の時代の後半と重なる事になる。


崇神大王(すじんおおきみ/天皇)をヤマト王権の礎を築いた存在とした場合、邪馬台国と崇神の関わりをどう考えるかが問題となってくる。


邪馬台国畿内説からは、邪馬台国とヤマト王権は同一であるという認識の下、考古学者・水野正好は崇神を「卑弥呼の後継の女王であった台与の摂政だった」とする説を唱えている。

また、考古学者・西川寿勝は、崇神大王(すじんおおきみ/天皇)は、「魏志倭人伝に記されている卑弥呼の男弟だった」という説を提唱している。


邪馬台国九州説からは、古代史学者・田中卓や歴史学者・武光誠などが「北九州にあった邪馬台国はヤマト王権とは別個の国であって、この邪馬台国を滅ぼしたのが大和地方を統一した崇神大王(すじんおおきみ/天皇)である」と提唱している。


加えて、思想史学者・古代史研究家の古田武彦等の、崇神大王(すじんおおきみ/天皇)施政の同時代に「大和(日本)に卑弥呼のような女王はいない事からも邪馬台国畿内説は誤りである」とする説も存在する。


崇神大王(すじんおおきみ/天皇)は、「日本書紀」に於いて百二十歳にて崩御、「古事記」では戊寅年十二月、百六十歳にて崩御としている。

それにしても、いかに天孫の末裔とは言え「古事記」、「日本書紀」に記載の崇神大王(すじんおおきみ/天皇)崩御年齢は神格化の盛り過ぎではないのか?

注)初代・神武大王(じんむおおきみ/神話・伝説上の初代天皇)から第二十五代・武烈大王(ぶれつおおきみ/第二十五代天皇)までを「上古天皇」と分類している。


◆神話で無い、リアルな初期日本人の成り立ちについては、【日本人の祖先は何処から来たのか?】を参照下さい。

大王(おおきみ)=天皇(てんのう)】に飛ぶ。
古墳時代(こふんじだい)】に飛ぶ。

第一巻第二話】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

# by mmcjiyodan | 2017-08-21 07:19 | Comments(0)  

反正大王(はんぜいおおきみ/天皇)

反正大王(はんぜいおおきみ/第十八代天皇)は、仁徳大王(にんとくおおきみ/第十六代天皇)の第三皇子である。

反正大王(はんぜいおおきみ/第十八代天皇)は、履中大王(りちゅうおおきみ/第十七代天皇)允恭大王(いんぎょうおおきみ/第十九代天皇)の同母兄弟である。

つまり第十七代・履中(りちゅう)、第十八代・反正(はんぜい)、そして第十九代・允恭(いんぎょう)は、全て仁徳大王(にんとくおおきみ/第十六代天皇)の皇子である。

そして、この三代の大王(おおきみ)は、葛城襲津彦(かずらきのそつひこ)の女子・磐之媛命(いわのひめのみこと)が同じ母である。


多遅比瑞歯別尊(たじひのみずはわけのみこと)は、淡路宮(所在地不詳、淡路島なのか?)で生まれ、容姿美麗であった。

生まれながらにして綺麗な歯並びであったので、瑞歯別(みずはわけ)の名があるという。


古事記」によれば、身長は九尺二寸半(約3.04m)、水歯別命(みずはわけ/多遅比瑞歯別尊)である。

多遅比瑞歯別尊(たじひのみずはわけのみこと)の名は、歯の長さが一寸、広さ(厚さ)は二分(4ミリ)で、上下等しく整っており、歯を褒め称えて、「水歯」と名付けられたことによる。


仁徳八十七年、父・仁徳天皇の崩後、叛乱を起こした同母兄の住吉仲皇子をその近習である曽婆訶理(隼人)を利用して直接手は下していないものの誅殺した。

履中二年一月四日に、多遅比瑞歯別尊(たじひのみずはわけのみこと)は、立太子(皇太弟)する。

反正六年三月十五日に履中大王(りちゅうおおきみ/天皇)が崩御し、翌反正元年一月に即位する。

三代に渡る、皇位の兄弟継承はここに始まる。


反正年八月六日、共に和珥木事(わにのこごと)の娘である和珥津野媛(わにのつのひめ)を皇夫人に、和珥弟媛(わにのおとひめ)を妃に立てる。

反正大王(はんぜいおおきみ/天皇)は、同母兄弟の二大王と異なり皇族の妻を娶ることはなく、皇太子も立てず、子孫が即位することもなかった。

反正年十月、反正大王(はんぜいおおきみ)は河内丹比を都とする。

天下太平であり、何事もなく在位五年間、反正大王(はんぜいおおきみ)は、反正五年一月に崩御する。

「古事記」,「水鏡」に拠れば、反正大王(はんぜいおおきみ)六十歳での崩御である。

「古事記」に従えば、崩御した「丁丑年七月」は西暦四百三十七年に相当し、生年は逆算して、兄・履中大王(りちゅうおおきみ)より九歳年下の西暦三百七十八年に相当するが、定かではない。


反正大王(はんぜいおおきみ/天皇)の在位について、実態は明らかでない。


◆神話で無い、リアルな初期日本人の成り立ちについては、【日本人の祖先は何処から来たのか?】を参照下さい。


大王(おおきみ)=天皇(てんのう)】に飛ぶ。
古墳時代(こふんじだい)】に飛ぶ。

第一巻第二話】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

# by mmcjiyodan | 2017-08-05 17:11 | Comments(0)  

履中大王(りちゅうおおきみ/天皇)

履中大王(りちゅうおおきみ/第十七代天皇)は、仁徳大王(にんとくおおきみ/第十六代天皇)の第一皇子である。

履中大王(りちゅうおおきみ/第十七代天皇)は、反正大王(はんぜいおおきみ/第十八代天皇)允恭大王(いんぎょうおおきみ/第十九代天皇)の同母弟である。

つまり第十七代・履中(りちゅう)、第十八代・反正(はんぜい)、そして第十九代・允恭(いんぎょう)は、全て仁徳大王(にんとくおおきみ/第十六代天皇)の皇子である。

そして、この三代の大王(おおきみ)は、葛城襲津彦(かずらきのそつひこ)の女子・磐之媛命(いわのひめのみこと)が同じ母である。


仁徳八十七年一月、父である仁徳大王(にんとくおおきみ/第十七代天皇)崩御する。

仁徳大王第二皇子・住吉仲皇子(すみのえのなかつみこ)が皇位を奪おうとして叛乱を起こす。


古事記」では、即位前に婚約者の羽田矢代宿禰(はたのやしろのすくね)の娘、葦田宿禰(あしだのすくね)の娘の二説がある黒媛(くろひめ)と、大江之伊邪本和気命(おおえのいざほわけのみこと)本人だと偽って通じた住吉仲皇子(すみのえのなかつみこ)の反乱を受け、兄去来穂別尊(おおえのいざほわけのみこと)は難波宮から石上神宮へ逃げている。

この時反乱に加担した黒媛(くろひめ)は、履中五年に成って神の祟りで急死と伝えられるている。

それにしても、同父母の第二皇子・住吉仲皇子(すみのえのなかつみこ)が、兄皇子を武力で倒そうとするのは権力欲なのか、それとも身分を偽って関係を持った黒媛(くろひめ)への、辻褄合わせの結果なのか、解釈が難しい。


難波宮から石上神宮へ逃げる途中、大兄去来穂別尊(おおえのいざほわけのみこと/履中大王)は穴虫峠で少女に会って、伏兵が居るので、遠回りしろと教えられる。


住吉仲皇子(すみのえのなかつみこ)の反乱に、仁徳大王第一皇子・大兄去来穂別尊(おおえのいざほわけのみこと/履中大王)は、弟の瑞歯別皇子(後の反正天皇)に命じてこれを誅殺させ、履中元年二月に即位する。

履中二年、履中大王(りちゅうおおきみ/天皇)は蘇我満智(まち)・物部伊莒弗(いこふつ)・平群木菟(つく)・円大使主(つぶらのおおおみ)らを国政に参画させた。

履中四年八月、諸国に国史(ふみひと)と呼ばれる書記官を設置し、国内の情勢を報告させた。

履中六年正月に蔵職(くらのつかさ)と蔵部を興し(「古語拾遺」には内蔵を興すとある)、三月に病気のため稚桜宮で崩御した。

日本書紀」に於いては七十歳、「古事記」に六十四歳、「神皇正統記」に六十七歳崩御とあるが、在位について、実態は明らかでない。


大王(おおきみ)=天皇(てんのう)】に飛ぶ。
古墳時代(こふんじだい)】に飛ぶ。

第一巻第二話】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

# by mmcjiyodan | 2017-08-05 17:09 | Comments(0)  

允恭大王(いんぎょうおおきみ/天皇)

允恭大王(いんぎょうおおきみ/第十九代天皇)は、仁徳大王(にんとくおおきみ/第十六代天皇)の第四皇子である。

允恭大王(いんぎょうおおきみ/第十九代天皇)は、履中大王(りちゅうおおきみ/第十七代天皇)反正大王(はんぜいおおきみ/第十八代天皇)の同母兄弟である。

つまり第十七代・履中(りちゅう)、第十八代・反正(はんぜい)、そして第十九代・允恭(いんぎょう)は、全て仁徳大王(にんとくおおきみ/第十六代天皇)の皇子である。

そして、この三代の大王(おおきみ)は、葛城襲津彦(かずらきのそつひこ)の女子・磐之媛命(いわのひめのみこと)が同じ母である。


日本書紀」に拠ると、反正五年一月、雄朝津間稚子宿禰尊(おあさづまわくごのすくねのみこと/後の第十九代允恭大王)を大王(天皇)に推挙する。

雄朝津間稚子宿禰尊(おあさづまわくごのすくねのみこと/後の第十九代允恭大王)は、病気を理由に再三辞退して十一ヵ月間も空位が続いた。

しかし、反正五年十二月=允恭元年十二月、忍坂大中姫(おしさかのおおなかつひめ=翌允恭二年皇后に立后)の強い要請を受け即位する。

允恭三年八月、朝鮮半島・新羅国から医者を招聘、允恭大王(いんぎょうおおきみ)の病気を治療する。

允恭四年九月、允恭大王(いんぎょうおおきみ)は諸氏族の氏姓の乱れを正すため、飛鳥甘樫丘にて盟神探湯(くがたち/神判)を実施する。

つまり、今名乗っている氏姓は「神に誓って正しいか」を、後に嘘がばれたら刑を与える事を条件に諸氏族に確認した。

允恭五年七月玉田宿禰(たまだのすくね/葛城襲津彦・かずらきのそつひこの孫)の叛意が露顕、允恭大王(いんぎょうおおきみ)はこれを誅殺する。


允恭七年十二月、允恭大王(いんぎょうおおきみ)は皇后の妹・衣通郎姫(そとおりひめ)を入内させるが、皇后の不興を買い、藤原宮(奈良県橿原市)に住まわせる。

允恭八年二月、衣通郎姫(そとおりひめ)が皇后の嫉妬を理由に茅渟宮(ちぬのみや、大阪府泉佐野市)へ移る。

允恭大王(いんぎょうおおきみ)は遊猟にかこつけて衣通郎姫(そとおりひめ)の許に行幸を続けたが、允恭十年に皇后に諌められ、その後の茅渟行幸は稀になった。


允恭二十四年六月、皇太子の木梨軽皇子(きなしのかるのみこ)と同母妹の軽大娘皇女(かるのおおいらつめ)の近親相姦が発覚する。

古事記」に拠れば、允恭大王(いんぎょうおおきみ)は木梨軽皇子(きなしのかるのみこ)を廃太子とし、伊予に配流した。


允恭四十二年一月、允恭大王(いんぎょうおおきみ)は崩御する。

「古事記」、「旧事紀」に七十八歳崩御、「愚管抄」、「神皇正統記」に八十歳崩御、北野本「日本書紀」に八十一歳崩御としている。

新羅王はこれを悲しみ、弔使を送ったと伝えられる。


ただしこの頃の大王(おおきみ/天皇)の物語は、時系列からすると古事記・日本書紀の編纂からはかなり以前の事で、編纂までの間に為政者の都合による創作が紛れ込んでも違うとも正しいとも証明が出来ない。

注)初代・神武大王(じんむおおきみ/神話・伝説上の初代天皇)から第二十五代・武烈大王(ぶれつおおきみ/第二十五代天皇)までを「上古天皇」と分類している。

参考・【古事記・日本書紀の皇統神格化疑惑】を参照下さい。


◆神話で無い、リアルな初期日本人の成り立ちについては、【日本人の祖先は何処から来たのか?】を参照下さい。


大王(おおきみ)=天皇(てんのう)】に飛ぶ。
古墳時代(こふんじだい)】に飛ぶ。

第一巻第二話】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

# by mmcjiyodan | 2017-08-05 02:44 | Comments(0)