「ほっ」と。キャンペーン

鉄砲(種子島)

「火蓋を切る」の言語由来は火縄銃から来ていて、「火蓋」とは火縄銃の火皿の蓋を指し、「切る」はその火皿の蓋を開ける事を言う。

火縄銃で弾を撃つ為には「火縄の火」を火薬に点火をする為に火蓋を開き射撃体勢に入る事で、その事から戦いを始める事を戦いの「火蓋を切る」と言うようになった。

その後、この「火蓋を切る」から意味が派生して、様々な物事の着手や行動の開始を「火蓋を切る」と表現する言い回しになった。

その火縄銃を多用し、今一歩で天下を取る所まで迫ったのが天下の大虚け者(おおうつけもの)・尾張の織田信長だった。

織田信長が九歳の千五百四十三年(天文十二年)、新兵器の鉄砲は島津領・大隅国(鹿児島県)種子島・西之浦湾に漂着した中国船に乗っていたポルトガル人によって種子島に伝えられた。

種子島々主(種子島領主)である種子島恵時・時尭親子がそのうち二挺を購入して刀鍛冶の八板金兵衛に命じて研究を重ね複製作りに成功する。

鉄砲を初めて使用したのは薩摩の戦国大名・島津貴久で、伝来から六年後の千五百四十九年(天文十八年)に「城攻めに使われた」とされている。

その頃種子島に在島していた泉州・堺の商人・橘屋又三郎(鉄炮又)と、楠木氏一族の末裔を名乗る紀州・根来寺の僧兼武将(根来衆(ねごろしゅう))・津田算長(かずなが/さんちょう)が本土へ持ち帰り、根来西坂本の刀鍛冶・芝辻清右衛門妙西に複製を命じてこれに成功している。

芝辻清右衛門妙西は泉州・堺に移住して本格的に鉄砲製造に取り掛かり、隣接する雑賀郷の雑賀衆棟梁・雑賀孫市ら傭兵集団もこれに注目、早くから「三千挺を所有していた」とされている。

火縄銃が種子島に漂着したポルトガル人に依って伝えられて六年後の千五百四十九年(天文十八年)の頃には、近江国の鍛冶師・国友も鉄砲作りに成功していて、鉄砲に目をつけた十五歳の織田信長が五百挺の鉄砲を国友に注文した記録が残っている。

千五百五十三年(天文二十二年)織田信長は正室・帰蝶(濃姫)の父・美濃国主の斎藤道三との四年越しの初対面の行列に、雇い入れた雑賀衆の鉄砲隊で水増しした大鉄砲隊を引き連れて行き、道三が掴んでいた情報の五百挺を遥かに凌ぐ隊列に「道三の度肝を抜いた」と言う逸話が残っている。

その後の千五百七十三年(天正元年)、越前・朝倉義景とのいざこざに織田信長(おだのぶなが)の妹・市(おいちの方)との婚儀により義兄弟の同盟関係と成ったにも関わらず朝倉方に組した近江・浅井長政を滅ぼした信長は、鉄砲鍛冶匠・国友の支配権を手に入れて、鉄砲の大量生産を命じている。

鉄砲を大量に手に入れた織田信長は、千五百七十五年(天正三年)の長篠の合戦で三千五百挺の鉄砲を使用し、武田軍に圧勝している。

織田信長と鉄砲】に戻る。

信長関連記事
織田信長】に飛ぶ。
織田信長の虚け者(うつけもの)】に飛ぶ。
一所懸命(いっしょけんめい)と織田信長】に飛ぶ。
天下布武(てんかふぶ)】に飛ぶ。
信長が明智光秀と羽柴秀吉を重用した訳】に飛ぶ。
信長の鉄甲船(てっこうせん)】に飛ぶ。
旗指物(はたさしもの)と戦(いくさ)】に飛ぶ。
松平元康(徳川家康)・三河支配権の回復の謎】に飛ぶ。
織田信長(おだのぶなが)の奇策・徳川秀忠】に飛ぶ。
織田信長(おだのぶなが)の大結界と明智光秀(あけちみつひで)】に飛ぶ。
安土城天守閣の謎】に飛ぶ。
明神(みょうじん)と信長の熱田神宮】に飛ぶ。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-01-02 15:24 | Comments(0)  

<< 軍閥・財閥と二・二六事件 神武王朝四代と葛城御門(かつら... >>