「ほっ」と。キャンペーン

弘文天皇(こうぶんてんのう/追認皇位)

弘文天皇(こうぶん/第三十九代天皇)は、天智大王(てんちおおきみ/第三十八代天皇)の第一皇子・大友皇子(おおとものみこ)である。

大友皇子(おおとものみこ/弘文天皇)は、父・天智大王(てんちおおきみ)の下で六百七十一年(天智十年)に太政大臣となり、その政務を補佐するも、後に皇位を継いだかどうかが確かではない。

大友皇子(おおとものみこ)は、天智大王(たんちおおきみ)の崩御(ほうぎょ/亡く成る)後、天智後継者として統治した。

だが、皇弟・大海人皇子(後の天武天皇)が、紀伊半島とその周辺に居住する海人族(かいじん/隼人・呉族)系の地方豪族を味方に付けて反旗をひるがえし、壬申の乱(じんしんのらん)を起こした。

この「呉族系豪族を味方にした」との日本書紀の記述や大海人(おおあま)の名から大海人皇子(おおあまのみこ)は百済系・呉族と解される。

だが、実は大海人皇子(おおあまのみこ)が新羅系・加羅族の出自では天智大王(てんちおおきみ)のあとは血統として継げないので、「呉族系を装った」と言う疑惑を感じる。

異説によると、皇統外の天武天皇(大海人皇子・おおあまのみこ)が「革命」に成功し、皇統の系図を書き換えて、天智天皇の弟に納まり、第四十代天皇を継いだと言う「疑惑」である。


壬申の乱(じんしんのらん)に於いて、大友皇子(おおとものみこ)は叔父・大海人皇子(後の天武天皇)に敗北し、首を吊って自害する。

先帝・天智天皇崩御から壬申の乱による敗死までその治世は約半年と短く、大友皇子(おおとものみこ/弘文天皇)は即位に関連する儀式を行う事は出来なかった。

その為弘文天皇(こうぶんてんのう)は、歴代天皇とみなされてはいなかった。

そして長い事、弘文天皇(こうぶん天皇)は天皇としては公文書から除外されて来たが、千八百七十年(明治三年)に諡号を贈られ、ようやく第三十九代天皇として追認皇位を認められた。

そうした経緯から、大友皇子(おおとものみこ)と表記される事も多い。


「日本書紀」には、天智天皇は実弟・大海人皇子を東宮(皇太子)に任じていたが、天智天皇は我が子可愛さの余り、弟との約束を破って大友皇子を皇太子に定めたと記されている。

ただし漢詩集「懐風藻」や「万葉集」には「父・天智が大友皇子を立太子(正式な皇太子と定めること)していた」とあり、これを支持する学説もある。

また、皇位には天智大王(てんちおおきみ)の皇后・倭姫王(やまとひめのおおきみ)を立て、自らは皇太子として称制していたとする説もある。


関連記事
天智大王(てんちおおきみ/天皇
大海人皇子(おおあまのみこ)
壬申(じんしん)の乱
天武大王(てんむおおきみ/第四十代天皇)
大海人皇子(おおあまのみこ)の疑惑

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-03-26 12:59 | Comments(0)  

<< 南総里見八犬伝の謎(その二)修... 豊臣(羽柴)秀長(とよとみのは... >>