春日局(かすがのつぼね)と三代将軍・家光誕生

明智家の家老職・斉藤利三の娘に「お福」と言う名の者が居た。

利三が明智光秀と腹違いの兄弟なら、「お福」は明智光秀の姪に当たる。

そう、光秀が織田信長の命をうけて家康に献上したあの「お福」である。

この「お福/(斉藤福)」が、何時の間にか、お世継ぎである「家光」の乳母に納まっていた。

偶然はありえない。隠された強力な縁故が、有ったに違いない。

そう勘繰られても、仕方がない歴史的事実である。

このお福が、後に大奥で権勢をふるった春日局(かすがのつぼね)である。

こうした筋書きからすると、二代将軍・秀忠(光忠)、天海(光春)僧正、春日局(お福)は、従弟(従妹)同士と言う事になる。

それならば、三人が上手く行くのは当たり前である。

お福は、家康の命により美濃の稲葉重通の養女と成り、林 正成(はやしまさなり)を稲葉家の婿に迎え二人の男子を設けていたが、一族再興と子供の出世を願って、夫の稲葉正成と離婚までして家光の乳母「春日の局」になった。

全てを現代風に勘違いして貰っては困るが、稲葉正成(いなばまさなり)と離縁したから姓が戻ったのではなく、この時代は夫婦別姓で、正式には実家の姓を名乗るから、春日局(お福)の名乗りは婚姻関係に在っても斉藤福である。

江戸幕府・二代征夷大将軍徳川秀忠は、当初長男・徳川家光ではなく・二男・徳川忠長を三代将軍に据えようとしたが、春日局(お福)と天海僧正の尽力により、駿河に隠居していた大御所・初代徳川家康に春日局(お福)が直訴、家康は早速二代将軍・徳川秀忠を駿府に呼び、「世襲は嫡男からが順である。」と宣言する。

家光を「将軍」に押し立てたとして、春日局は大奥にあって絶大な権勢を誇るようになる。

息子の稲葉正勝は家光の小姓に登用され、長じて老中に昇進、千六百三十三年に加増を得て小田原八万五千石を所領し、小田原城主となっている。

それだけではない。

次章「維新の大業」で詳しく記述するが、この春日の局(つぼね)の実の息子・稲葉正勝の歴代の子孫が幕府老中などを務めるほど優遇されて後、下総国佐倉藩主などを経て山城国(十万二千石)に移封、山城国淀藩・稲葉家は、幕府内では代々京都所司代や大阪城代、老中職と言った要職を歴任して幕末まで続いている。

言わばこの淀藩・稲葉家は、「山城国(現在の京都府南部にあたる)」と言う日本の政治的に最も重要な地域の幕府の押さえである。

そうした稲葉家の封領配置からして、単に春日の局(つぼね)の息子と言うだけではなく、非公式ながら「徳川家当主と血縁関係にある」と考えられ、これこそ、実は徳川政権内部が「明智の血縁に乗っ取られた」と言う一連の証拠である。

そして大きな謎なのだが、三代将軍・徳川家光の古文書には何故か二世権現や二世様などと記された文章が多数存在し、故に徳川家光が「家康春日局の子で在る」と言う説が散見される。

いずれにしても三代将軍・徳川家光を二世と数え書き記すは、いったい何を意味しているのだろうか?

そこで問題なのは、三代将軍・家光が二世と数えるのであれば二代将軍・徳川秀忠の存在は飛ばされている事になり、つまり秀忠が養子で正体が「明智光忠である」と言う話にも信憑性が出て来る。

そしてこの事が事実であれば、春日局が駿府まで出向いて家康に家光を将軍に推させた事に納得が行き、徳川家光と徳川忠長(とくがわただなが)は将軍世襲で微妙な状態にあり、保科正之(ほしなまさゆき)だけが二代将軍・秀忠の実子と言う事かも知れない。

春日局(かすがのつぼね/お福/斉藤福)】に戻る。

春日局(お福)とその子孫については第三巻~第四巻の主要登場人物です。記載項目が多過ぎてブログでは書き切れません。詳しくは皇統と鵺の影人・本編の第三巻~第四巻をお読み下さい。

徳川家光関連記事
徳川家光(とくがわいえみつ)
二世権現・三代将軍・徳川家光の謎

徳川秀忠関連記事
織田信長(おだのぶなが)の奇策・徳川秀忠】に飛ぶ。
明智光忠(あけちみつただ)】に飛ぶ。
徳川秀忠(とくがわひでただ)】に飛ぶ。
保科正之(ほしなまさゆき)と徳川忠長(とくがわただなが)】に飛ぶ。に飛ぶ。

春日局関連記事
稲葉氏(いなばうじ)と稲葉良通(いなばよしみち)】に飛ぶ。
稲葉(林) 正成】に飛ぶ。
山城・稲葉藩(淀藩)】に飛ぶ。
江戸城大奥女中(えどじょうおおおくじょちゅう)】に飛ぶ。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-05-22 21:00 | Comments(0)  

<< 松平元康(徳川家康)・三河支配... 靖国神社と松平永芳(まつだいら... >>