天海僧正の千里眼(天海=光秀説・その一)

天海僧正には「千里眼の超能力があった」と言う逸話がある。

千里眼とは、言うまでもなく遠方の出来事を見通す事のできる能力だ。

天海の別名「慈目大師」の由来ともなったのが、この千里眼である。

天海はほとんど喜多院に住んでいたが、江戸城中で起こった事や徳川家康のいる駿府城(静岡市)の出来事を事ごとく知っていた。

時折半眼になって、そうした事を納所坊主に話して聞かせたが、後で確かめてみると、「全て天海が言った通りだった。」と言うのである。

読者にはもうお分かりだろうが、天海が光春(二代目・光秀)であり、光秀の専門分野である諜報手足として伊賀衆の諜報機関、服部半蔵以下を操れるからこその能力では無いだろうか?

天海僧正が明智光秀ならば、光秀は妻・妻木(勘解由/かでの)煕子(ひろこ)の縁もあり、織田信長家の諜報組織の全てを受け持っていた今で言う情報局長官みたいな立場だった経歴の持ち主で、天海僧正の「千里眼」は容易に納得でき不思議な事ではない。

その光秀の諜報組織を、光春(二代目・光秀)が「ソックリ受け継いで居た」とすれば千里眼など造作もない。

伝わる奇跡の正体は大方そんなものであるが、正体を知らなければ恐ろしい能力を持つ「大師・大僧正」と畏怖され、信仰されるようになる。

ダイジェストなら【明智光秀=天海僧正説を検証する】に飛ぶ。

桔梗門(別名、内桜田門)と慈目寺(天海=光秀説・その二)】に続く
二人の天海僧正(天海=光秀説の三)】に飛ぶ。
明智平と桔梗紋(天海=光秀説・その四)】に飛ぶ。
東叡山(とうえいざん)寛永寺と秩父神社(天海=光秀説・その五)】に飛ぶ。
天海=光秀説 関連【明智光秀(あけちみつひで)】に飛ぶ。

関連記事
天海=光秀説 関連【春日局(お福/斉藤福)】に飛ぶ。
天海=光秀説 関連【春日局(かすがのつぼね)と三代将軍・家光誕生


第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-08-17 01:59 | Comments(0)  

<< 桔梗門(別名、内桜田門)と慈目... 同朋衆(どうぼうしゅう) >>