カーマ・スートラ(インド三大性典のひとつ)

世界第三位の信者数(八億人強)を誇るヒンドゥー教は、キリスト教やイスラム教のような特定の開祖に拠って開かれたものではなく、インダス文明の時代からインド及びその周辺に居住する住民の信仰が受け継がれ「時代に従って変化したもの」と考えられている。

インド・ヒンドゥー教はバラモン教から聖典やカースト制度を引き継ぎ、土着の神々や崇拝様式を吸収しながら徐々に形成されて来た多神教であり、また地域や所属する集団によって非常に多様な信仰形態をとる為にヒンドゥー教の範囲は非常に曖昧で、生活に密着した赤裸々な神であり、煩悩を容認し性に赤裸様(あからさま)ある。

インド・ヒンドゥー教は正直な神で、ヒンドゥー教の三最高神の一柱のシヴァ神(破壊神)の象徴はリンガ(男根)であり、つまり性愛の神様でもある。

ヒンドゥー教に於けるシヴァ神(破壊神)は災いと恩恵を共にもたらす神で、例えば洪水は大きな災いだが同時に「土地に水と肥沃をもたらして植物を育てる」と言う二面性があり、古来日本の五穀豊穣子宝信仰の共通性としての性交信仰に通じる所がある。

何しろインドは、古代から人生の三大目的としてカーマ(性愛)、ダルマ(聖法)、アルタ(実利)が挙げられる国で、三大性典とされる「カーマ・スートラ」、「アナンガ・ランガ」、「ラティラハスヤ」と言った性典を生み出した愛と性技巧の国である。

カーマ・スートラは、凡(およ)そ四世紀から五世紀にかけて成立した古代インドの愛の経典と言われており、夫婦の別離を防ぐ事を目的とした「アナンガ・ランガ」、性愛秘義の「ラティラハスヤ」と並んでインド三大性典のひとつとされ、カーマ(性愛)は、ダルマ(聖法)、アルタ(実利)とともに古来インドに於ける人生の三大目的とされて来た。

原作者のヴァーツヤーヤナはカーマ(性愛)の研究の重要性を説き、本書の最後には、情欲を目的としたものではない事を理(こと)わっているが、ヒンドゥー教に於いては「生は性に通じるもの」でタブー視するものでは無いのである。

賀茂氏(かもうじ)とカーマ・スートラ】に続く。

性文化史関係一覧リスト】をご利用下さい。

◆世界に誇るべき、二千年に及ぶ日本の農・魚民の性文化(共生村社会/きょうせいむらしゃかい)の「共生主義」は、地球を救う平和の知恵である。

関連記事
遥か世界の屋根に見る「夜這いのルーツ」】に飛ぶ。
ヒンドゥー教シヴァ神の御神体・リンガ(男根神)】に飛ぶ。
共生村社会(きょうせいむらしゃかい)】に飛ぶ。
フェール・エチル・アミン】に飛ぶ。
帝釈天(たいしゃくてん)と阿修羅(あしゅら)】に飛ぶ。
性欲本能と人類共生】に飛ぶ。
擬似生殖行為】に飛ぶ。
ヒンドゥー教と日本の信仰】に飛ぶ。
梵語(ぼんご/サンスクリット語)】に飛ぶ。
シヴァ神(破壊神)】に飛ぶ。
ダキニ天(荼枳尼天)】に飛ぶ。
弁財天と観世音菩薩と女神・サラスヴァティー】に飛ぶ。
吉祥天(きっしょうてん)=女神・シュリー.ラクシュミー】に飛ぶ。
毘沙門天(びしゃもんてん/ヴァイシュラヴァナ)】に飛ぶ。
七福神信仰(しちふくじんしんこう)】に飛ぶ。
独鈷杵(とっこしょ)】に飛ぶ。
真言密教立川流】に飛ぶ。
真言宗当山派(東密)・天台宗本山派(台密)】に飛ぶ。
祭りの「ワッショイ」の掛け声はどこから来た?】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-11-13 00:32 | Comments(0)  

<< 弁財天と観世音菩薩と女神・サラ... 大友氏(おおともうじ)・・・大... >>