奥州・藤原家(清原家)・(五)藤原家滅亡

奥州藤原家(清原家)・(一)源氏と安倍氏】に戻る。

時が移り、歳月が流れ、腹違いの兄・源頼朝に義経討伐の命令を出された源義経は僅かな手勢を連れて豪雪の奥州路を前屈みに進み、育ての親とも慕う藤原秀衛(ひでひら)の下を目指した。

兄・頼朝に追われて苦難の旅の末、追っ手の目を逃れた義経が育ての親である奥州藤原家の秀衛(ひでひら)の元に逃げ込んできた。

当時奥州藤原家は三代目秀衛の代で、長く安定した奥州の統治を続けた為、地方の豪族と言ってもまるで独立国家の様に勢力が強く、いかに源頼朝としても容易く手は出せない。

莫大な資力と兵力を蓄えた奥州藤原家と、戦闘の天才・義経が結び付いたのである。

秀衛にとって義経は我が子同然に可愛い、「優秀な息子が戻って来た」と言う思いにかられ、自分の後の奥州運営を義経に任そうと思った。

惜しむらくは、秀衛の息子・世継の泰衛(やすひら)と、妾腹の庶兄・国衛(くにひら)には頼朝に対抗する技量が無かったのである。

それで秀衛は義経を主君とし、二人の息子に義経に仕える様に遺言を申し付ける。

藤原秀衛が病で亡くなったのは、義経が奥州に逃げ込んで一年後の事である。

最初は、泰衡も父の言い付けを守っていた。

しかし秀衛が亡なって二年間も上皇の義経追討の院宣を盾に頼朝に脅かされ続けると泰衛は頼朝の圧力に抗せず、頼朝の命令を守れば「奥州藤原家を存続させてくれるだろう」と信じた。

藤原泰衡は、遂に配下の長崎太郎に義経主従を闇討ちで衣川館に襲撃させ、義経を自害させる。

義経の首は鎌倉に届き、これで泰衛が「奥州藤原家は安泰」と思ったのは、つかの間の事だった。

頼朝にしてみれば、十倍の敵でも倒し得る「戦闘の天才義経」がいたからこそ、躊躇していた奥州攻めが可能に成ったのだ。

何しろ名高い義経が相手に居ては、頼朝の軍勢が最初から腰が引けてしまう。

しかし、奥州の治外法権的勢力を認めていては頼朝の天下は完成しない。

その奥州藤原家の命綱(義経)を、「頼朝に騙されて」泰衛は殺してしまった。

最初から、頼朝が奥州を狙っている事を知っていた秀衛と、ぼんぼん育ちの泰衛の甘い読みの違いだった。

「しめた」とばかり頼朝は、朝廷に奥州討伐の院宣(いんぜん)を願い出て、それが届くのを待たずに大軍を率いて奥州に攻め込み藤原軍を撃破、泰衛は部下の裏切りで殺され奥州藤原家は滅亡する。

奥州藤原家(清原家)・(一)源氏と安倍氏】に戻る。

名字関連詳細・小論【名字のルーツと氏姓(うじかばね)の歴史】<=クリックがお薦めです。

関連記事
前九年の役(ぜんくねんのえき)】に飛ぶ。
清原武則(きよはらたけのり)】に飛ぶ。
後三年の役(ごさんねんのえき)】に飛ぶ。
藤原清衡(ふじわらきよひら)】に飛ぶ。
藤原秀衛(ふじわらひでひら)】に飛ぶ。
奥州平泉・中尊寺(ちゅそんじ)】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-12-01 03:04 | Comments(0)  

<< 奥州・藤原家(清原家)・(四)... 仮説・宇佐岐(うさぎ)氏=スサ... >>