「ほっ」と。キャンペーン

坂東八平氏(ばんどうはちへいし)

関東鎮守府将軍・桓武平氏葛原(かずはら)親王流五代・村岡良文(平良文)の子孫が、源義家(八幡太郎)に従って奥州(東北)と坂東(関東)の治安にあたる縁を持ち、平安中期以後、坂東(関東)各地に土着して土豪武士となり、その諸氏が八つの氏族に大別されていた為に「坂東八平氏」と呼ばれる。

「坂東八平氏」には、秩父氏、上総氏千葉氏、中村氏、三浦氏、鎌倉氏、の他、これらの諸氏から派生した土肥氏梶原氏大庭氏、長尾氏(後に長尾輝虎を世に出す家系)、江戸氏などがその時々の各氏族の勢力により様々に入って数えられる。

その後坂東八平氏は、東国を根拠地に独自に勢力を伸ばして鎌倉を中心とする相模国一帯に強い基盤を持つ河内源氏流・源義朝に従い「保元の乱」に戦功を挙げる。

所が、平家の棟梁・平清盛と袂(たもと)を分けた源義朝が「平治(へいじ)の乱」を起こし、「坂東八平氏」は義朝に味方するも義朝が乱に敗れて死亡すると平清盛に臣従して平家の元に御所の警備を勤めたり各地の官吏を務めている。

時が流れ、やがて義朝の三男・継子の源頼朝が旗揚げすると、平家の専横政治に不満を持っていた村岡良文(平良文)の子孫・「坂東八平氏」の大半が源頼朝の挙兵に呼応して平家滅亡・鎌倉幕府の成立に参加して幕府の有力御家人に納まっている。

名字関連詳細・小論【名字のルーツと氏姓(うじかばね)の歴史】<=クリックがお薦めです。

関連記事
平安群盗と原初の武士達(自衛武力)】に飛ぶ。
平将門(たいらのまさかど)】に飛ぶ。
村岡良文(むらおかよしふみ)】に飛ぶ。
鎌倉御家人(かまくらごけにん)】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2009-12-11 20:07 | Comments(0)  

<< 比企能員(ひきよしかず) 和田合戦(わだがっせん) >>