合津・松平藩(まつだいらはん)

合津・松平藩(まつだいらはん)の藩祖は「保科正之(ほしなまさゆき)」であるが、正之(まさゆき)は二代将軍・徳川秀忠(光忠)の庶子と言う事になっている。

確かに正妻の子ではないが、紛れも無く将軍・家光の兄弟である。

それを二代将軍・秀忠(光忠)は、父・家康に遠慮して高遠藩主・保科正光の継母が家康の異父妹と言う縁故に依り信州高遠の保科家(三万石)に養子に出す。

本来なら正之(まさゆき)は、此処信州高遠の地に三万石の小大名で終わる筈だった。

それが三代将軍・家光(保科正之の異腹兄弟)の引き立で家康死後に徐々に出世を始め、最上山形城主を経て合津松平藩の初代に落ち着く。

合津四群二十四万石の太守で、どう見ても家光の兄弟愛が見て取れる。

保科正之は将軍家護持を藩訓とし、家光没後四代将軍・家綱の叔父としてこれを補佐し徳川政権の安定に尽くした。

余談だが、明治維新前の動乱の京都守護が尾張藩支藩・美濃(岐阜県)高須藩からの養子ではあるがこの保科正之の子孫に当たる会津藩主・松平容保(まつだいらかたもり)である。

この容保(まつだいらかたもり)は、世間的には「新撰組の雇い主」と言う方が判り易い。

保科正之の徳川本家大事の存在が、遠く二百数十年後の戊辰戦争(ぼしんせんそう)・会津、飯盛山の白虎隊の悲劇に通じているのだ。

保科正之(ほしなまさゆき)と徳川忠長(とくがわただなが)】に戻る。

関連記事
三百諸侯(さんびゃくしょこう)・江戸時代の大名家】に飛ぶ。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2010-01-16 12:59 | Comments(0)  

<< 鳥羽・伏見の戦い(とば・ふしみ... 新撰組(しんせんぐみ) >>