「ほっ」と。キャンペーン

梵語(ぼんご/サンスクリット語)

梵語(ぼんご/サンスクリット語)は、古代・中世期にインド亜大陸や東南アジアに於いて公用語として用いられていた古典言語である。

現在のインドでは、母語、日常語としての梵語(ぼんご)の話者はほとんどいないが、宗教的な面から見ると、ヒンドゥー教、仏教、シーク教、ジャイナ教の礼拝用言語としてその権威は現在も大きい。

梵語(ぼんご/サンスクリット語)は釈迦の時代に公用語として普及し、ヒンドゥー教・仏教などの宗教・学術・文学等の分野で幅広く長い期間に亘って用いられた。

仏教に於いては、釈迦の時代にはインド各地でパーリ語などのプラークリットと呼ばれる地方口語が一般に用いられてより民衆に近い言葉で文献が書かれた為に最初は梵語(ぼんご/サンスクリット語)は用いられなかったが、紀元の前後を境にして徐々に取り入れられ、仏教の各国への伝播とともに東アジアの多くの国々へ伝えられた。

日本では一般に「言語扱い」とされ「サンスクリット語」と呼ばれ、梵語(ぼんご/ブラフマンの言葉)とも呼ばれて、主に日本に於ける仏教関連の辞典や書物に用いられ、時代は少なくとも真言宗の開祖・空海までは遡れる。

性文化史関係一覧リスト】をご利用下さい。

◆世界に誇るべき、二千年に及ぶ日本の農・魚民の性文化(共生村社会/きょうせいむらしゃかい)の「共生主義」は、地球を救う平和の知恵である。

関連記事
帝釈天(たいしゃくてん)と阿修羅(あしゅら)】に飛ぶ。
ヒンドゥー教と日本の信仰】に飛ぶ。
ヒンドゥー教シヴァ神の御神体・リンガ(男根神)】に飛ぶ。
御伽(おとぎ)】に飛ぶ。
ダキニ天(荼枳尼天)】に飛ぶ。
稲荷神社(いなりじんじゃ・おきつねさん)】に続く。
弁財天と観世音菩薩と女神・サラスヴァティー】に飛ぶ。
シヴァ神(破壊神)】に飛ぶ。
ダキニ天(荼枳尼天)】に飛ぶ。
カーマ・スートラ(インド三大性典のひとつ)】に飛ぶ。
遥か世界の屋根に見る「夜這いのルーツ」】に飛ぶ。
真言密教立川流】に飛ぶ。
賀茂氏(かもうじ)とカーマ・スートラ】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2010-01-31 00:55 | Comments(0)  

<< 御伽(おとぎ) 鎧(よろい/甲冑具足・かっちゅ... >>