孝謙大王(こうけんおおきみ/天皇・女帝)重祚・称徳大王(しょうとくおおきみ/天皇・女帝)

聖武大王(しょうむおおきみ/天皇)と光明皇后(藤原光明)の間には終(つい)に男子が育たず、娘・阿倍内親王(あべのないしんのう)を立太子させ、内親王は史上初の女性皇太子となる。

阿倍内親王(あべのないしんのう)は、奈良時代(ならじだい)の七百四十九年(天平勝宝元年)に父・聖武大王(しょうむおおきみ/天皇)の譲位により天武系からの最後の大王(おおきみ)となる第三十六代・孝謙大王(こうけんおおきみ/天皇・女帝)として即位した。

しかし母・皇太后の光明(藤原光明子)の為に紫微中台を新設され、長官には皇太后の甥の藤原仲麻呂(後に恵美押勝に改名)が任命され、皇太后を後盾にした従兄弟・藤原仲麻呂の勢力が急速に拡大する。

この藤原仲麻呂に反抗した橘奈良麻呂は討たれ、また天武大王(てんむおおきみ/天皇)の孫である何人かの王(おう・おおきみ/皇族)が皇位を狙って挙兵したが、いずれも失敗に終わっている。

孝謙大王(こうけんおおきみ/天皇・女帝)は、阿倍内親王(あべのないしんのう)時代に立太子した為に結婚はできず、子もなかった。

七百五十八年(天平宝字二年)に、孝謙大王(こうけんおおきみ/天皇・女帝)は在位九年間で退位し、藤原仲麻呂が後見する大炊王(おおいのおう・おおいのおうきみ/皇族)が即位して淳仁大王(じゅんにんおおきみ/第三十七代天皇)となる。

上皇になった孝謙上皇は、代替わりの改元(代始改元)を拒み舎人親王(とねりしんのう/淳仁の父)への尊号献上にも抵抗するが、最終的には母・光明皇太后の強い要請により実現するなど淳仁大王(じゅんにんおおきみ/天皇)との軋轢を繰り返した。

淳仁大王(じゅんにんおおきみ/天皇)の後見として権力を握った藤原仲麻呂は、中華帝国・唐の制度様式を真似た制度を導入し、半島の国・新羅の討伐を目論むなど横暴な権力を行使する。

孝謙上皇と淳仁大王(じゅんにんおおきみ/天皇)との軋轢が続く中、七百六十年(天平宝字四年)に光明皇太后が死去した為、孝謙上皇の権力が再浮上する。

しかし翌年に孝謙上皇は病に伏せ、看病に当たった弓削氏の僧・道鏡を寵愛するようになり、それを批判した淳仁大王(じゅんにんおおきみ/天皇)と対立する。

大王(おおきみ/天皇)や上皇(太上天皇)と実力者の重臣の間は、互いに必要とする時だけ成り立つ危うい関係である。

この対立が引き金となり、七百六十二年(天平宝字六年)に孝謙上皇は近江保良宮より平城京(へいじょうきょう)に帰還し、出家して尼になる。

孝謙上皇は尼僧姿で重臣の前に現れ、淳仁大王(じゅんにんおおきみ/天皇)から天皇としての権限を取り上げる為「天皇は恒例の祭祀などの小事を行え。国家の大事と賞罰は自分が行う」と宣言する。

後ろ盾の光明皇太后を失い、淳仁大王(じゅんにんおおきみ/天皇)の権限を狭められた藤原仲麻呂は軍事力により孝謙上皇と弓削道鏡(ゆげのどうきょう)に対抗しようと挙兵(藤原仲麻呂の乱)を企てるも敗れ、孝謙上皇は淳仁大王(じゅんにんおおきみ/天皇)を追放する。

この孝謙上皇の、強気の振る舞いの裏で後押しをしていたのが野望を抱いた弓削道鏡(ゆげのどうきょう)で在った事は想像に難くない。

孝謙上皇は重祚(ちょうそ/再即位)し、称徳天皇(しょうとくてんのう・/第三十八代女帝)となって再即位し、即位後は弓削道鏡(ゆげのどうきょう)を太政大臣禅師とするなど重用し、天皇位の譲位を目論む「弓削道鏡(ゆげのどうきょう)御神託事件」を起こす。

大宰府の主神(かんづかさ)・中臣習宜阿曾麻呂(なかとみのすげのあそまろ)が「道鏡が皇位に就くべし」との宇佐八幡神社の託宣を報じる。

この御神託事件は弓削道鏡(ゆげのどうきょう)と中臣習宜阿曾麻呂(なかとみのすげのあそまろ)が共謀して「でっち上げた」と見られ、和気清麻呂(わけのきよまろ)が勅使として宇佐八幡に送られたが、「この託宣は虚偽である」と御神託が下り復命された。

これに怒った太政大臣・弓削道鏡(ゆげのどうきょう)は和気清麻呂(わけのきよまろ)を因幡員外介(いなばのいんがいのげ)として左遷し、さらに称徳天皇(しょうとくてんのう・女帝)は清麻呂(きよまろ)を除名し大隅国(鹿児島県)へ配流する。

しかしこの宇佐八幡神社御神託事件の翌年、称徳天皇(しょうとくてんのう・女帝)は病につき僅か百日余りで崩御する。

女帝の為に生涯独身を通した称徳天皇(しょうとくてんのう)に子は無く、他に適当な天武天皇の子孫たる親王、王が無かったため、藤原永手や藤原百川の推挙によって天智天皇系の白壁王(光仁天皇)が即位し、太政大臣・弓削道鏡(ゆげのどうきょう)は失脚して下野国に配流された。

女帝に成る定めを負って生まれた称徳天皇(しょうとくてんのう)は、孤独の中で権力闘争の生涯を送り、只一度の心許す男が弓削道鏡(ゆげのどうきょう)だったのかも知れない。

この称徳天皇(しょうとくてんのう)以降は、江戸時代の明正天皇(めいしょうてんのう・女帝)に至るまで、実に八百五十余年間女帝が立てられる事はなかった。

光仁天皇(こうにんてんのう)】に続く。
聖武大王(しょうむおおきみ/天皇)】に戻る。

関連記事
平城京(へいじょうきょう)】に飛ぶ。
吉備真備(きびのまきび)】に飛ぶ。
弓削の道鏡】に飛ぶ。
律令制に於ける官職】に飛ぶ。
律令制に於ける位階】に飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2010-03-10 01:02 | Comments(1)  

Commented by いしやま at 2014-01-30 05:41 x
拝見いたしました。疑問点ですが、安部天皇が藤原氏と対立的なのは、出自が云われているものと異なるのではないのかということですが。775年に吉備真備ともども井上、他戸が殺されていると思うので、淀君と秀頼が家康にやられた時をアナロジーとして思うのですが。

<< 光仁天皇(こうにんてんのう) 長屋王(ながやのおう・おおきみ... >>