橘諸兄(たちばなのもろえ)の乱

橘諸兄(たちばなのもろえ)は、元の名前を葛城王(葛木王・かつらぎのおう/おおきみ・皇族)と称し、敏達大王(びたつおおきみ/天皇)の後裔で大宰帥・美努王(みぬのおう/皇族)の子であった。

橘諸兄(たちばなのもろえ)が国政の担当を始めたその頃、旧勢力である藤原氏の一人藤原広嗣(ふじわらのひろつぐ)が、諸兄(もろえ)が登用した吉備真備(きびのまきび)玄昉僧正(げんぼうそうじょう)の罷免を名目に九州大宰府で反乱を起こしている。

これを諸兄(もろえ)は大野東人(おおののあずまびと)を大将軍とする朝廷軍に鎮圧させ、この時は実力者の地位を保っている。

しかし聖武天皇(しょうむてんのう/第四十五代)阿倍内親王に譲位して孝謙天皇(こうけんてんのう/第四十六代女帝)の時代に入ると、光明皇后(こうみょうこうごう)の後ろ盾で藤原仲麻呂(恵美押勝)の発言力が増して圧力が増して行く。

三年前に従五位下に進んでいた藤原仲麻呂(ふじわらのなかまろ)は、叔母にあたる光明皇后の信任が厚く、また皇太子・阿倍内親王ともこの時は良好な関係にあったとされ、藤原四兄弟が相次いで死去した四年後の奈良時代(ならじだい)の七百四十一年に民部卿、更にその二年後には参議にと順調に昇任している。

七百四十九年(天平勝宝元年)聖武天皇(しょうむてんのう/第四十五代)が譲位して阿倍内親王が孝謙大王(こうけんおおきみ/第四十六代女帝)として即位すると、藤原仲麻呂(ふじわらのなかまろ)は大納言に昇進する。

次いで、光明皇后の為に設けられた紫微中台の令(長官)を兼ね、更に中務卿と中衛大将も兼ねるなど叔母・光明皇后と従兄妹・孝謙天皇(こうけんてんのう/第四十六代女帝)の信任を背景に政権と軍権の両方を掌握した仲麻呂は、左大臣・橘諸兄(たちばなのもろえ)と権勢を競うようになった。

お定まりの権力争いだが、この権力争いは七百五十六年(天平勝宝八年)に成ると、七百五十五年(天平勝宝七年)に「諸兄(もろえ)が朝廷を誹謗した」との密告があった。

諸兄(もろえ)は聖武上皇(しょうむじょうこう)の病気に際して「酒の席で不敬の言があった」と讒言され、橘諸兄(たちばなのもろえ)は辞職を申し出て以後隠居し、翌年には失意のうちに死去し争いは決着した。

つまりこの政権抗争は大きな武力行使には到らず、「乱」と言うよりは変事であるが、政治が混乱した点で「橘諸兄(たちばなのもろえ)の乱」と呼ばれたのかも知れない。

橘氏の由来と橘諸兄(たちばなのもろえ)】に戻る。

関連記事
大王(おおきみ)=天皇(てんのう)】に飛ぶ。
平城京(へいじょうきょう)】に飛ぶ。
吉備真備(きびのまきび)】に飛ぶ。
律令制に於ける官職】に飛ぶ。
律令制に於ける位階】に飛ぶ。
皇居内裏女官(こうきょだいりにょかん)】に飛ぶ。

第一巻の二話】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2010-03-13 02:37 | Comments(0)  

<< 藤原不比等(ふじわらのふひと) 藤原仲麻呂(ふじわらのなかまろ)の乱 >>