藤原南家流(ふじわらなんけりゅう)

天武天皇(てんむてんのう/第四十代)没後に、藤原四家(ふじわらしけ)・藤原四兄弟の父・藤原不比等(ふじわらのふひと)が天武帝后妃から即位(践祚・せんそ)した持統天皇(じとうてんのう/第四十一代女帝)の引きで右大臣まで昇った。

その右大臣・藤原不比等(ふじわらのふひと)の四人の息子、藤原武智麻呂(ふじわらのむちまろ)、藤原房前(ふじわらのふささき)、藤原宇合(ふじわらのうまかい)、藤原麻呂(ふじわらのまろ)が、時の権力者・長屋王(ながやのおう)を自殺に追い込んで権力奪取に成功、藤原四兄弟が独占気味に政権を運営する。

その藤原四兄弟が夫々に家を興し、武智麻呂(むちまろ)が藤原・南家 、房前(ふささき)が藤原・北家、宇合(うまかい)が藤原・式家、麻呂(まろ)が藤原・京家と称されて藤原四家の祖と成った。

藤原南家(ふじわらなんけ)とは、右大臣・藤原不比等(ふじわらのふひと)の長男・藤原武智麻呂(ふじわらのむちまろ)を祖とする家系で、武智麻呂(むちまろ)の邸宅が弟の藤原房前(ふじわらのふささき)の邸宅よりも南に位置した事がこの名の由来である。

藤原南家流(ふじわらなんけりゅう)の祖・藤原武智麻呂(ふじわらのむちまろ)は北家流の藤原房前(ふじわらのふささき)とともに、元正帝朝から聖武帝朝にかけて長屋王(ながやのおう)と政権を争った。

七百二十九年(神亀六年)の長屋王の変により武智麻呂(むちまろ)は政権を掌握し、他の兄弟たちと共に聖武帝朝で政権(藤原四子政権)を主導したが、八年後の七百三十七年(天平九年)の天然痘蔓延により他の兄弟とともに病没してしまう。

武智麻呂(むちまろ)には四人の息子があり、藤原南家流(ふじわらなんけりゅう)は孝謙帝朝~称徳帝朝にかけて、長男・藤原豊成(ふじわらのとよなり/右大臣)と次男・藤原仲麻呂(ふじわらのなかまろ/大師)が続いて大臣となった。

特に藤原仲麻呂(ふじわらのなかまろ/後に恵美押勝)は淳仁天皇を擁立すると、息子三人(真先・訓儒麻呂・朝狩)を含む親子四人を公卿(参議)とするなど前代未聞の権力を独占したが、藤原仲麻呂(恵美押勝)の乱により失脚した。

次男・藤原仲麻呂の一族は滅んだものの、その後も藤原南家流(ふじわらなんけりゅう)は桓武帝朝に於いて、武智麻呂(むちまろ)の長男・右大臣・藤原豊成(ふじわらのとよなり)の子・継縄(つぐただ)と、三男・乙麻呂(おとまろ)の子・是公(これきみ)が続いて右大臣となり、南家流は有力公家の勢力を維持した。

所が、八百七年(大同二年)の伊予親王の変(でっち上げの粛清)により、藤原南家流(ふじわらなんけりゅう)、藤原雄友(是公の子:大納言)・藤原乙叡(継縄の子:中納言)が失脚し、中央貴族としての南家流は衰退した。

しかし、藤原乙麻呂(右大臣・藤原豊成・三男)の系統で平安中期に武人として頭角を顕した藤原為憲(ふじわらのためのり)の子孫は各地に広がり、工藤氏、伊藤氏、伊東氏、二階堂氏、相良氏、吉川氏天野氏と言った平安末期から鎌倉期に頭角を現す藤原南家流(ふじわらなんけりゅう)各氏の祖となった。

また平安中期以後は、藤原北家流(ふじわらほっけりゅう)に押され政治的に衰退する中、南家流(なんけりゅう)武智麻呂の四男・巨勢麻呂の子孫が中央貴族として生き残り、多くの学者公家を輩出した。

代表的な所で、平安の院政期に院近臣として勢威を得た藤原信西(ふじわらのしんぜい/通憲・みちのり)はその代表である。

また、後白河法皇の近臣で後に順徳天皇の外祖父となった藤原範季(ふじわらののりすえ)の子孫からは堂上家である高倉家(南家流)を輩出している。

尚、この堂上家(とうしょうけ、どうじょうけ)と言う格式であるが、天皇の御殿である清涼殿(平安京の内裏における殿舎)の南廂・殿上間に昇殿出来る資格が世襲された公家の家格の事で、殿上人(てんじょうびと/うえびと)とも呼ばれる。

鎌足系流藤原氏は、平安期までは本姓の藤原を称したが、その後の鎌倉時代以降なると姓の藤原ではなく家名(苗字に相当)である近衛、鷹司、九条、二条、一条などを名乗る公家と成り、公式文書以外では藤原姓は名乗らない形で家名をつなげて行く。

藤原北家流(ふじわらほっけりゅう)】に続く。
藤原鎌足(ふじわらのかまたり・中臣鎌子)】に戻る。
藤原不比等(ふじわらのふひと)】に戻る。
藤原四家(ふじわらしけ)・藤原四兄弟】に戻る。
藤原仲麻呂(ふじわらのなかまろ)の乱】に戻る。

名字関連詳細・小論【名字のルーツと氏姓(うじかばね)の歴史】<=クリックがお薦めです。

関連記事
大王(おおきみ/天皇)】に飛ぶ。
律令制に於ける官職】に飛ぶ。
律令制に於ける位階】に飛ぶ。
平安群盗と原初の武士達(自衛武力)】に飛ぶ。
工藤祐経(くどうすけつね)】に飛ぶ。
天野遠景(あまのとおかげ)】に飛ぶ。
伊東祐親(いとうすけちか)と八重姫の悲話】に飛ぶ。
吉川氏(きっかわうじ)】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2010-03-19 00:43 | Comments(0)  

<< 藤原北家流(ふじわらほっけりゅう) 吉川氏(きっかわうじ) >>