氏族(うじぞく)

縄文時代の日本列島には、樺太から来た原人とその後に黒潮に乗って北上して来た稲作系(熱帯ジャポニカ種)原ポリネシア人、そして早い時期に中国大陸南部・雲南省辺りに発祥し朝鮮半島経由でやって来た原加羅族系人に拠って「縄文人」が成立した。

その後、紀元前千五年前からの五百年間の頃より日本列島に中国大陸・朝鮮半島などから一族を率いた渡来移住者が多数、勝手に土地を占拠して定着し始め、小国家を形成する。

この小国家が倭の国々で、この時渡来した移住者一族が「縄文人」を制圧して上位に立ち、「縄文人」を未開人の「蝦夷族(えみしぞく)」と呼んで俘囚化し、自らは「天孫族(てんそんぞく)」と言う支配階級を形成して君臨する。

「縄文人」と後期に渡来した移住者一族との間で混血が進み「弥生人」が形成される中、小国家群である倭の国々の国主(くにぬし・国造/くにのみやっこ)が統一に向かって大国主(おおくにぬし・大王/おおきみ)を頂き、大和朝廷の成立を見て国家の体裁を整えて行く。

やがて、その支配階級を形成する自称・天孫族(てんそんぞく)が支配階級の固定化を図り、「氏姓制度(しせいせいど)」を制定して氏族(うじぞく)となり、氏族(うじぞく)の下に良民と賤民(せんみん・非人/奴婢・俘囚)の階級社会を成立させる。

この氏姓制度(しせいせいど)に拠って、日本列島に血統至上主義が支配する社会体制が成立した。

尚、近年の「共通の祖先を持つ血縁集団」と言う氏族(うじぞく)の解釈は、千八百七十一年(明治四年)明治新政府発布の戸籍法に基づいて、翌明治五年に編製された壬申戸籍(じんしんこせき)発効以後の事である。

氏神(うじがみ・氏上)】へ続く。

名字のルーツと氏姓(うじかばね)の歴史】に飛ぶ。
単一日本民族の成立過程大略】に飛ぶ。

関連記事
日本人の祖先は何処から来たのか?】に飛ぶ。
古墳時代(こふんじだい)】に飛ぶ。
広域倭国(こういきわのくに)論】に飛ぶ。
大国主の命(おおくにぬしのみこと)】に飛ぶ。
俘囚(ふじゅう/奴婢身分・ぬひみぶん)】に飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2010-04-21 02:43 | Comments(0)  

<< 摂関政治(せっかんせいじ) 桃太郎伝説の誤解と真実 >>