清和源氏(せいわげんじ)と初代・源経基(みなもとのつねもと)

清和源氏(せいわげんじ)は、平安中期に清和天皇を祖とする皇胤一族が「源姓を賜り成立した」とされるが、陽成天皇の皇子・元平親王を祖とする陽成源氏説も存在する。

ここでは一応、通説とされる清和源氏(せいわげんじ)で記述して置く。

清和天皇第六皇子・貞純親王(さだずみしんのう)の第六子・経基(つねもと/六孫王)が源を賜姓、経基流清和源氏の初代となりその子孫の系統を清和源氏(せいわげんじ)流とする。

実は清和源氏(せいわげんじ)の台頭するきっかけにも、平将門(たいらのまさかど)の存在が大きく影響している。

九百三十八年(承平八年)、源経基(みなもとのつねもと)は武蔵介となり同じく赴任した武蔵権守・興世王(おきよおう/おきよのおほきみ/皇族ながら誰の血筋かは不明)と共に武蔵国現地に赴任し、事件を起こす。

赴任早々に検注(国司が貢物・賄賂を受け取る)を実施すると、在地の豪族・足立郡大領・武蔵宿禰武成(むさしのすくねたけなり)の子である足立郡司で判代官の武蔵武芝(むさしのたけしば)が検注を拒否する。

正任国司の赴任以前には検注が行われない慣例になっていた事を理由に武蔵武芝(むさしのたけしば)が検注を拒否した為、興世王(おきよおう)・経基(つねもと)らは兵を繰り出して武芝(たけしば)の郡家を襲い略奪を行った。

有無を言わせぬ武力行使など酷い話だが、この時代、任国制の受領支配に拠る派遣官司の行状など、実状はそんなものかも知れない。

この話を聞きつけた平将門(たいらのまさかど)が私兵を引き連れて武芝(たけしば)の許を訪れると、経基(つねもと)らは妻子を連れ、軍備を整えて比企郡の狭服山へ立て篭もる。

その後、興世王(おきよおう)は山を降りて武蔵国府にて将門(まさかど)・武芝(たけしば)らと会見するも、経基(つねもと)は警戒して山に留まった。

その後、興世王(おきよおう)・経基(つねもと)と将門(まさかど)・武芝(たけしば)双方の和解が成立して武蔵国府で和やかに酒宴が行われていた。

所が、その酒宴の最中に武芝(たけしば)の者達が勝手に経基(つねもと)の営所を包囲した為に、経基は将門(まさかど)らに殺害されるものと思い込んで慌てて京へ逃げ帰り、将門・興世王・武芝が謀反を共謀していると朝廷に誣告(ぶこく/偽りの申告)する。

この源経基(みなもとのつねもと)の誣告(ぶこく/偽りの申告)は、将門らが常陸・下総・下野・武蔵・上野五カ国の国府の「謀反は事実無根」との証明書を太政大臣藤原忠平へ送ると、将門らはその申し開きが認められ、逆に経基は讒言の罪によって左衛門府に拘禁されてしまった。

しかしその後の九百三十九年(天慶二年)の初冬、将門が常陸国府を占領、その後も次々と国府を襲撃・占領し、同年12月に上野国府にて「新皇」を僭称して勝手に坂東諸国の除目を行う。

その将門(まさかど)の反乱行為で、以前の経基(つねもと)誣告が現実となった事に拠って経基は晴れて放免されるばかりか、それを功と見なされて従五位下に叙せられ、征東大将軍・藤原忠文の副将の一人に任ぜられ将門の反乱の平定に向かうが既に将門が追討された事を知り帰京する。

源経基(みなもとのつねもと)は、九百四十一年に追捕凶賊使となり、小野好古(おののよしふる)とともに瀬戸内で起こった藤原純友の乱の平定に向かうが、ここでも既に好古によって乱は鎮圧されており、純友の家来 桑原生行を捕らえるにとどまる。

それでも経基(つねもと)は、その後、武蔵・信濃・筑前・但馬・伊予の国司を歴任し、最終的には鎮守府将軍にまで上り詰め源氏隆盛の基礎を築いた。

源頼義(みなもとよりよし)】に続く。

関連記事
名字のルーツと氏姓(うじかばね)の歴史】に飛ぶ。
律令制に於ける官職】に飛ぶ。
平将門(たいらのまさかど)の乱】に飛ぶ。
藤原純友(ふじわらのすみとも)の乱】に飛ぶ。
国司(こくし)と解由状(げゆじょう)】に飛ぶ。
律令制に於ける官職】に飛ぶ。
律令制に於ける位階】に飛ぶ。
源氏流諸系詳細(げんじりゅうしょけいしょうさい)】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2010-05-03 22:29 | Comments(0)  

<< 藤原純友(ふじわらのすみとも)の乱 ジュピターコンプレックス(被支... >>