「ほっ」と。キャンペーン

名字(みょうじ)・苗字(みょうじ/なえあざ)と名前 その(二)

名字(みょうじ)・苗字(みょうじ/なえあざ)と名前 その(一)】に戻る。

本来の「姓(カバネ)」は、古代の氏族を政治的分類・格付けしたもので、職掌を示す姓(カバネ)としては、国造(くにのみやつこ)、県主(あがたのぬし)、稲置(いなぎ)、地位・格式・立場を示す姓(カバネ)としては、公(きみ)、大臣(おおおみ)、大連(おおむらじ)、臣(おみ)、連(むらじ)、造(みやつこ)、直(あたい)、首(おびと)、史(ふひと)、村主(すぐり)などである。

しかし、時代が下がるに連れて姓(かばね)は本来の意味を失い、別の意味に変わって「氏」の同意語や元の血筋を示す意味と成った。

その元の血筋を示すと言う用法の「姓」が、平安中期頃から始まった「藤原姓の工藤氏」、「平姓の村岡氏」、「平姓の北条氏」、「源姓の足利氏」、「源姓の新田氏」と言う様に「氏」が細分化された結果、古代の「氏」にあたるものを「姓」と呼ぶようになったのである。

平安中期から始まっていたが、氏族の多くは源氏・平氏藤原氏橘氏を名乗る者が圧倒的に多くなり、「藤原殿」と姓で呼んでは混同混乱する。

それで氏名(うじな)乗りではなく、領地を意味する地名である名字(みょうじ・苗字/なえあざ)を名乗ったり、官職名などと組み合わせて称するようになり、佐藤氏(さとううじ)の様に、官職・左衛門尉(さえもんのじょう/左衛門府の判官)の藤原氏の略だったり、佐野の藤原氏や佐渡の藤原氏などの地名と組み合わせた略だったりとその由来がある。

鎌倉期に入ると将軍でさえ「鎌倉殿」と呼ぶ時代で、つまり配下の御家人達も「**殿」と呼ばれる称する習慣になり、正式な氏姓である源氏・平氏・藤原氏・橘氏は常用されなくなる。

つまりややこしい事に、言わば「姓」と「名字(みょうじ・苗字/なえあざ)」と「通称」と「実名」が用いられ、例えば清和源氏・土岐頼国明智流を自称する坂本龍馬(さかもとりょうま)は、明智流が正しければ姓は源、苗字は坂本、通称が龍馬、実名が直柔(なおなり)と言う事に成る。

ついでに名前のルーツを付け加えると、後に町民や農民と言った庶民にも名前に用いられた「衛門(えもん)に兵衛(べぇ)」の謂れは、元々御所の内裏(だいり)の内外を守る衛門(えいもん)や兵衛(へいえい)が内裏(だいり)の左右に在る役所名・役名をかざした武士の通称から発祥したものである。

名字(みょうじ・苗字/なえあざ)と組ませて名乗ったもので、右衛門・左衛門、伊右衛門、茂右衛門、安右衛門、杢右衛門、宇左衛門、宇兵衛、安兵衛、茂兵衛などがあり、苗字(なえあざ)にそれを組ませて忠臣蔵の堀部安兵衛(ほりべやすべい)と言う具合になる。

それが商家の当主にも使用され、町民や農民と言った庶民にも広がって当時名前の多数派を占めている。
また、ここで律令制に於ける官職名を紹介する。

何故ならば官職名が武人の名前に採用され、時代が下がるとその官職名が庶民にまで広がったからである。

官職は、部署ごとに「省」に於いては卿(かみ)、輔(すけ)、丞(じょう)、録(さかん)、「寮」に於いては頭(かみ)、助(すけ)、允(じょう)、属(さかん)がある。

また武官職は、左衛門府・右衛門府・左衛士府・右衛士府・左兵衛府・右兵衛府の六衛府があり、「近衛府」に於いては大将(かみ)、中将・少将(すけ)、将監(じょう)、将曹(さかん)、「兵衛府」に於いては督(かみ)、佐(すけ)、尉(じょう)、志(さかん)となる。

そして地方の官職は、「国司」於いて守(かみ)、介(すけ)、掾(じょう)、目(さかん)である。

その内の、「輔(すけ)」や「助(すけ)」に「介(すけ)」、「佐(すけ)」、「丞(じょう)」や「允(じょう)」などが好んで名前に使われ、一部は現代まで続いている。

今に成っての現代人には実感が湧かないと思うが、この物語の冒頭で記述した様に氏姓の支配体制は明治維新まで続いていた。

そして明治維新後に制定された政府発布の戸籍法(壬申戸籍 /じんしんこせき)に拠り地方豪族にあやかって創氏した者も多くいた為、使用されている氏姓がその出自を顕すものとは限らないのである。

臣籍降下(しんせきこうか)】に続く。
名字(みょうじ)・苗字(みょうじ/なえあざ)と名前 その(一)】に戻る。

詳しくは【名字のルーツと氏姓の歴史】に飛ぶ。

関連記事
公家(殿上人)の家名一覧】に飛ぶ。

単一日本民族の成立過程大略】に飛ぶ。
名田経営(みょうでんけいえい)と武士の台頭】に飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2010-05-19 03:36 | Comments(0)  

<< 臣籍降下(しんせきこうか) 名字(みょうじ)・苗字(みょう... >>