佐々木氏(ささきうじ)・・・定綱、経高、盛綱、高綱

鎌倉幕府有力御家人の内、平安期から近江国に本領を構えていた武士に佐々木氏が在る。

宇多源氏流佐々木氏は鎌倉時代以前より近江にあり、近江源氏とも称された家系で、源頼朝が伊豆で平家打倒の兵を挙げると、近江本領・佐々木秀義の子である佐々木定綱、佐々木経高、佐々木盛綱、佐々木高綱はそれに参じて活躍する。

その武功に拠り鎌倉幕府の成立後に佐々木氏兄弟は近江を始め四人で十七ヵ国の守護へと補せられ、本領佐々木氏惣領・佐々木信綱の家だけでも、鎌倉期には近江他数ヶ国の守護に代々任じられていた。

佐々木氏では長男の重綱が廃嫡と成っていた為に三男の泰綱が本領佐々木氏を継ぐ筈だったが、長男・重綱の訴えを幕府受け入れた為に佐々木信綱が四人の息子に近江その他の所領を分けて継がせる。

この内、江南(近江南部)の所領を三男の泰綱が継ぎ、江南守護職を務めて六角氏(ろっかくうじ)を名乗った。

六角氏を名乗ったのは、京都の六角堂に屋敷を構えたからだと言われている。

泰綱の一族である六角氏が佐々木氏の嫡流である事は変わりはなかったが、この所領分割の為にその勢力は大きく減退する事になる。

尚、この六角氏は、元弘の乱(げんこうのらん)に拠る鎌倉幕府の滅亡時の当主・六角時信が六波羅探題に最後まで鎌倉方に味方したが敗れ、宮方に降伏して六角の家名は生き延びている。

また、鎌倉御家人の中に、宇多源氏の流れを汲む近江源氏・佐々木氏の別家に京極氏が在る。

その佐々木氏分家として江北(近江北部)にある高島、伊香、浅井、坂田、犬上、愛智の六郡と京の京極高辻の館を継いだ四男の佐々木氏信を祖とする一族が、後に館の地名を取り京極氏と呼ばれる様になる。

京極氏は、源頼朝が開いた鎌倉幕府期には江北六郡の地頭職を務め、始祖の京極氏信は鎌倉幕府の評定衆を務め、後を継いだ京極宗綱は、幕府が朝廷に対し天皇の譲位を促した際の使者を務めている。

この鎌倉御家人・佐々木流京極氏が、後に後醍醐天皇の元弘の乱(げんこうのらん)に宮方として加わり、建武の新政に要職に任じるのは、凡そ百五十年余りも先の事である。

尚、元弘の乱(げんこうのらん)に於いて宇多源氏佐々木流同祖一族の六角氏は鎌倉方、京極氏は宮方に別れた為、勝ち組の京極氏が遥かに六角氏を凌ぐ時代が続いた。

室町幕府の成立後の室町期以降は、同祖一族の六角氏と京極氏は近江国の覇権をめぐって敵対し、幾度と無く戦を交えている。

また六角氏は応仁の乱や足利将軍家第九代・足利義尚や第十代・足利義材の討伐を受けるなどを跳ね除けて生き残り戦国大名化して行く。

戦国期に入ると六角定頼(高頼の次男)が登場して足利将軍家の管領代となり、観音寺城を本拠として近江一帯に一大勢力を築き上げ、六角氏は最盛期を迎えた。

しかし江南(近江南部)の六角氏は、江北(近江北部)で勢力を拡大しつつある浅井氏に圧され、次第にその勢力を弱めて行った。

京極氏の跡継ぎ争いに乗じて浅井氏が独立し、勢力を広げてやがて京極氏を下克上で凌いだ浅井氏が北近江を制圧し、戦国大名・・浅井亮政・浅井長政親子が誕生した。

千三百七十九年(天授五年/康暦元年)に起こった康暦の政変では、美濃国守護・土岐頼康と共に、管領細川頼之の罷免を求めて近江で兵を挙げ、それを成し遂げる。

京極高秀の嫡子である高詮(たかのり)は、父のから継いだ飛騨の守護職に加え、千三百九十一年(明徳二年)に山名氏が蜂起した明徳の乱での活躍により出雲と隠岐の守護職も任ぜられる。

京極高詮(きょうごくたかのり)の代に、京極氏は四職の一つとなり、以後の当主は江北、出雲、隠岐、飛騨を領し、侍所司を務める事となり、千三百九十一年(明徳二年)に山名氏が蜂起した明徳の乱での活躍により出雲と隠岐の守護職も任ぜられる。

この頃、高詮(たかのり)の弟である高久は近江の尼子郷を分け与えられ、尼子高久を名乗り尼子氏の始祖となる。

その後尼子氏が出雲、隠岐の守護代を務めている居る間に惣領家・京極氏が跡継ぎを巡って京極政経と高清の間で京極騒乱と呼ぶ争いが起きる。

この京極騒乱や六角氏との近江覇権抗争や浅井氏の下克上など、惣領・京極氏が力を失う中、尼子氏の独立性が益して戦国大名・尼子氏が誕生する経緯を辿るのだ。

佐々木信綱(ささきのぶつな)】に続く。

名字関連詳細・小論【名字のルーツと氏姓(うじかばね)の歴史】<=クリックがお薦めです。

関連記事
京極導誉/佐々木高氏(きょうごくどうよ/ささきたかうじ)】に飛ぶ。
箱根・竹ノ下の戦い(はこねたけのしたのたたかい)】に飛ぶ。
京極高次(きょうごくたかつぐ)】に飛ぶ。
六角氏(ろっかくうじ)】に飛ぶ。
尼子氏(あまごうじ)】に飛ぶ。
源氏流諸系詳細(げんじりゅうしょけいしょうさい)】に飛ぶ。


第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2010-06-15 03:25 | Comments(0)  

<< 箱根・竹ノ下の戦い(はこねたけ... 京極導誉/佐々木高氏(きょうご... >>