インディアン(ネイティブアメリカン)の襲撃と鬼退治(おにたいじ)

戦後間もない頃、復興日本は映画娯楽が全盛で、米国から西部劇と言われる米大陸開拓の映画が盛んに封切られた。

大陸移民が困難に遭いながらも新しい大地で生活の基盤を創る映画だが、その中に原住民・アメリカンインディアン(ネイティブアメリカン)との抗争が描かれている。

欧州からの開拓移民家族が原住民・アメリカンインディアン(ネイティブアメリカン)に襲われ、勇気ある市民や騎兵隊がそれを救う筋立てだが、近頃はめっきりそうした映画をハリウッドは作らなくなった。

何故ならば、原住民・アメリカンインディアン(ネイティブアメリカン)の土地を勝手に切り取り強盗をしたのは欧州からの開拓移民の方だからで、開拓時代の熱気が冷めた今ではその正当性を映画で主張するのは難しいからである。


現生アメリカン(ネイテブアメリカン)に於いては、その発祥をシベリヤとする研究が原生類人猿のミトコンドリアDNAで、明らかになっている。

氷河期に、その試練を智慧で克服して生き残ったのが、南北アメリカ大陸への現生移住民だったのかも知れない。

そして北アメリカ大陸でも、現生移住民はいくつかのネイテブアメリカン部族として生活していた。

そこへヨーロッパから、食い詰めた人々が大砲やライフル銃や拳銃と言った近代兵器を携(たずさ)え、「開拓」と称してネイテブアメリカン部族の地を奪い取った。

つまり原住民・アメリカンインディアン(ネイティブアメリカン)側からすれば侵略者へのレジスタンスで、一方的に白人正義を描く当時の西部劇映画には怪しい意識操作の意図を感じるのである。

これは遥か昔の日本列島で、渡来氏族(征服氏族)が原住民・縄文人(蝦夷族/えみしぞく)の土地を奪い、西日本列島を支配する大和朝廷(ヤマト王権)を打ち立て、縄文人(蝦夷族/えみしぞく)を鬼・鵺・土蜘蛛と呼んで彼等のレジスタンスを強盗行為に仕立て上げた事に酷似している。

そしてその支配範囲を広げて行く過程で、大和朝廷(ヤマト王権)は原住民・縄文人(蝦夷族/えみしぞく)を俘囚と呼ぶ形で米国のインデアン居留地宜しく一定地域に閉じ込めて管理し、俘囚が起こしたレジスタンスを鬼退治の物語にした。

そしてこの支配被支配の歴史は、鬼退治(おにたいじ)伝説が残るように、血塗られた歴史も存在する。

後に反政府勢力鎮圧や治安維持警察活動をするトップの役名とされる「検非違使(けびいし)非人(エミシ族)身分のレジスタンスを取り締まる「非人検(ひにんあらため)に違使(つかわされた)」と言う意味だった。

つまり蝦夷(エミシ)族は、初期の大和朝廷(ヤマト王権)下でまだ組織的なゲリラ局地戦をしていて事に成る。

つまり米国の騎兵隊も日本の家業武士団も、当初は原住民のレジスタンス対策から始まり、米国の白人政府も日本の大和朝廷(ヤマト王権)も、原住民を悪役に仕立てて自分達に有利な喧伝に精を出したのである。

詳しくは【日本人の祖先は何処から来たのか?】に飛ぶ。
詳しくは【鬼伝説に隠された先住民(蝦夷族/エミシ族)】に飛ぶ。

関連記事
ネイティブジャパニーズ・縄文人(蝦夷族)の秘密】に飛ぶ。
蝦夷族(えみしぞく/原住縄文人)は日本史から抹殺された】に飛ぶ。
桓武天皇のヒタカミ(日高見国)蝦夷の役】に飛ぶ。
「日本の天皇家の祖先は朝鮮半島から来た」を検証する。】に飛ぶ。
単一日本民族の成立過程大略】に飛ぶ。
俘囚(ふじゅう/奴婢身分・ぬひみぶん)】に飛ぶ。
平安群盗と原初の武士達(自衛武力)】に飛ぶ。
奈良県五條市・幸せを呼ぶ神事・鬼走り(おにばしり)】に飛ぶ。
源頼光(みなもとのよりみつ/らいこう)と酒呑童子の物語】に飛ぶ。
豆まき・「鬼は内」に隠された歴史の真実】に飛ぶ。
桃太郎伝説の誤解と真実】に飛ぶ。
蝦夷(エミシ/先住民)】に飛ぶ。
日本語のルーツと安倍氏】に飛ぶ。
権門層(有力貴族・寺社)と荘園(しょうえん/私領・私営田)】に飛ぶ。
切捨て御免のルーツ】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2010-06-28 00:55 | Comments(0)  

<< 肱川嵐(ひじかわあらし) 鬼八伝説(おはちはちでんせつ)... >>