苗木遠山氏(なえきとうやまうじ)・苗木藩(なえきはん)

美濃国苗木城(岐阜県恵那郡)の城主・遠山友忠(とおやまともただ)の系流を苗木遠山氏(なえきとうやまうじ)と言う。

鎌倉御家人藤原北家魚名流・藤原利仁流加藤氏・加藤景廉(かとうかげかど)が美濃国・遠山荘(現・岐阜県恵那市岩村町)の地頭に補任された事に始まる遠山氏(とうやまうじ)の分流である。

美濃国に於ける「遠山七家」の内の、苗木遠山氏は明知遠山氏(あけちとうやまうじ)、岩村遠山氏(いわむらとうやまうじ/遠山氏惣領)と並んで「美濃三遠山」と呼ばれ特に勢力が強かった。

遠山友忠(とおやまともただ)は、父・遠山友勝の後を継いで飯羽間城主、阿照城主を経て、主城・苗木城の城主となる。

友忠(ともただ)の正室は織田信長の姪または妹と伝えられるが詳細は不明である。

いずれにしても戦国期、織田家と苗木遠山氏は縁戚関係にあり、血縁から美濃勢としては早くから織田信長の尾張織田家の信長に従っていた。

千五百七十二年(元亀三年)に甲斐の武田信玄が西上を開始すると、友忠(ともただ)率いる苗木遠山勢は信長の命令で東美濃に侵攻して来た秋山信友(晴近)と戦っている。

苗木遠山氏・遠山友忠(とおやまともただ)は、本家筋の岩村城主・岩村遠山氏が武田氏に降伏し周囲を武田方に囲まれる情況下でも織田氏方に留まり続けて苗木城に在った。

岩村遠山氏が武田方に滅ぼされた後も、友忠(とおやまともただ)は織田家重臣・黒母衣衆筆頭の河尻秀隆(かわじりひでたか)の指揮下に入り武田氏に抵抗の局地戦を続ける。

武田氏が大合戦となった長篠の戦いで敗れ、武田家重臣・秋山信友(あきやまのぶとも)が処刑され武田氏が東美濃に於いて影響力を失うまでの間、苗木城は一度も落とされる事無く持ち堪えている。

千五百八十二年(天正十年)の武田征伐の契機となった木曾義昌(きそよしまさ)の内応を織田信忠に取り次いだのは友忠とされ、以後も武田攻めでは木曾氏と共に武田勢と戦っている。

木曾氏(きそうじ)は、南北朝時代から室町時代後期にかけて信濃国南部の木曾谷を領した国人領主で、自称・木曾義仲の子孫を称するが、本姓は藤原秀郷流沼田氏の出自説が有力である。

武田攻めの主力となった徳川家康や同盟織田勢の一郭として武田家の滅亡に与した遠山友忠(とおやまともただ)は、その年に明智光秀が起こした本能寺の変で主君・織田信長を失う不運に遭う。

遠山友忠(とおやまともただ)の三男に遠山友政(とおやまともまさ)が居る。

遠山友政(とおやまともまさ)は、父とともに織田信長に仕え、美濃苗木を所領としていた。

しかし千五百八十三年(天正十一年)、信長没後に羽柴秀吉織田信孝が対立し始めると、友政(ともまさ)ら苗木遠山勢は秀吉から森長可(もりながよし)の指揮下に入るよう命令される。

友忠(ともただ)・友政(ともまさ)親子はこれを拒絶し、徳川氏の支援を受けながら美濃金山城主・森長可と東美濃の覇権をめぐって争ったが敗北し、共に徳川家康を頼って落ち延びた。

友忠(ともただ)は家康の家臣である菅沼定利のもとに身を寄せるもそのまま死去し、苗木遠山氏の家督は子の友政(ともまさ)が継いだ。

遠山友政(とおやまともまさ)は、千六百年(慶長五年)の関ヶ原の戦いで家康方東軍に与し、別働隊として西軍の河尻秀長の苗木城を攻撃して奪取し、実力で旧領復帰を遂げる。

家康からもこの参戦の功績を認められて、友政(ともまさ)は一万五百石の所領を与えられた。

その後友政(ともまさ)は、大坂の役(冬の陣・夏の陣)にも徳川方として参軍するなど武功を重ねて苗木藩(なえきはん)遠山氏の初代藩主となる。

禄高一万五百石は、徳川幕藩体制下で最小の城持ち大名だったが、慢性の財政難を抱え藩政維持に苦慮しながらも明治維新まで生き残り、最後の藩主・遠山友禄(とおやまともよし第十二代)の時に廃藩置県を迎えている。

遠山氏(とおやまうじ)】に戻る。

注意)、本書でも便宜的に使用しているが、実は「藩(はん)」と言う呼称は江戸期を通じて公用のものではなかった。

従って江戸初期から中期に掛けての時代劇で「藩(はん)や藩主(はんしゅ)」の呼称を使うのは時代考証的には正しくは無い。

幕末近くなって初めて「藩(はん)」と言う俗称が多用され始め、歴史用語として一般に広く使用されるようになったのは維新以後の事である。

名字関連詳細・小論【名字のルーツと氏姓(うじかばね)の歴史】<=クリックがお薦めです。

関連記事
城持ち大名(しろもちだいみょう)】に飛ぶ。
交代寄合(大名待遇格)格・旗本扱い】に飛ぶ。
三百諸侯(さんびゃくしょこう)・江戸時代の大名家】に飛ぶ。
遠山氏(とおやまうじ)】に飛ぶ。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2010-07-12 22:35 | Comments(0)  

<< 脇屋義助(わきやよしすけ) 無縁社会(むえんしゃかい) >>