理性(左脳域/計算)と感性(右脳域/感情)

人間の発想は、理性(左脳域/計算)と感性(右脳域/感情)のどちらかが基で、この孝明天皇(こうめいてんのう)の攘夷(じょうい)の意思は、人間の「左脳域と右脳域」の論理で言えば、「無意識脳」と言われる「右脳域の観念」であり、理性的意識能力系統を司るとされる「意識脳」の「左脳域の計算」などまったく無いものだった。

簡単に言えば、尊皇攘夷論者も孝明天皇(こうめいてんのう)も観念(異人嫌い)が優先して「左脳域の計算」の情況判断を無視した事で、薩英戦争(さつえいせんそう)下関戦争(馬関戦争/ばかんせんそう)は主として「右脳域の観念=感情」で始められる。

しかし列強と戦をしてみて初めて「攘夷など無謀な事」と言う「左脳域の計算」が働くようになり、尊皇攘夷論者から「攘夷」が消えて「倒幕」に変わる。

感性(右脳域/感情)を主体にした発想は、時として現実をも否定する厄介なもので、信条・信念と言えば格好が良く聞こえるが、右脳域的感性(感情)は「無意識脳」としての「右脳域の観念」を満足させる為の稚拙なもので、凡そ知的とは呼べないものである。

勿論、理性(左脳域/計算)ばかりの発想に拠る味気ない人間関係や政治も真っ平だが、「右脳域の観念」は「左脳と右脳の論理」で言えば「感情」だけの片側思考のバランスの悪いものであり、明治維新前の風潮は「間違いは改むるに如(し)かず」だった。

つまり「武士道の精神」と「天孫降臨伝説皇国史観)」は、維新政府の統治の為に政治利用されたに過ぎないのに、「感情」だけの片側思考のバランスの悪い主張をする者にその自覚は無い。

戦犯合祀した靖国社へ総理大臣が参拝する問題に於いても、「何んの為に戦い、命を失ったのか」を想い遣る時、無駄死に扱いは「余りにも可愛そう」と言う言い分である。

だが、それこそ「左脳域と右脳域」の論理で言えば、「左脳域の計算」などまったく無い「右脳域の観念」であり、「感情」だけに拠る偏向した主張である。

尊い御霊(みたま)であればこそ、何故その尊い命を失ったのかを検証すべきで、この英霊に対する「右脳域の観念」は、「左脳と右脳の論理」で言えば「感情」だけの片側思考のバランスの悪いものであり、こう言う綺麗事の主張をする者にその自覚がない。

こうした「右脳域」の論理が「集合的無意識(しゅうごうてきむいしき)」として働き集団同調性(多数派同調)バイアスが起こり、本来冷静な対処が求められる国際間に於ける関係を、互いの国民感情が悪化させる事になる。

右脳と左脳】に戻る。

関連記事
信仰の奇跡と脳科学】に飛ぶ。
吊橋効果(つりばしこうか)】に飛ぶ。
ホモサピエンス(知性人)】に飛ぶ。
ヒューマン(人間らしい、人間味、人間的)】に飛ぶ。
フェール・エチル・アミン】に飛ぶ。
前頭極(ぜんとうきょく/脳部位)】に飛ぶ。
側坐核(そくざかく/脳部位)】に飛ぶ。
共生村社会(きょうせいむらしゃかい)】に飛ぶ。
性欲本能と人類共生】に飛ぶ。
擬似生殖行為】に飛ぶ。
春画・浮世絵(しゅんが・うきよえ)】に飛ぶ。

第五巻】に飛ぶ。
第六巻】に飛ぶ。
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
皇統と鵺の影人
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2010-10-04 23:56 | Comments(0)  

<< 明治改元(めいじかいげん)と大... 阿倍氏・安倍氏(あべうじ) >>