日露戦争(にちろせんそう)その(六)・日本海海戦

日露戦争(にちろせんそう)その(五)・旅順港】に戻る。

日露戦争の決着をつけたのは、東郷平八郎が指揮した海戦の大勝利で在った。

千九百四年(明治三十七年)から始まった日露戦争では、東郷平八郎(とうごうへいはちろう)は連合艦隊旗艦・三笠の艦橋で指揮を取り、推薦した山本権兵衛の期待に沿う働きをする。

作戦参謀として着任した秋山真之(あきやまさねゆき)中佐の進言を採り上げ、旗艦三笠に座乗してロシア東洋艦隊(ロシア第一太平洋艦隊)の基地である旅順港の攻撃(旅順港閉塞作戦)や黄海海戦を始めとする海軍の作戦全般を指揮する。

ロシア東洋艦隊相手に圧倒的戦績をあげた平八郎(へいはちろう)は海軍大将に昇進する。

バルト海沿岸を本拠地とするロシアのバルチック艦隊(第二・第三太平洋艦隊)は、旅順へ向けてリエパヤ港を出発し、旅順陥落の後はウラジオストクへ向かい、地球を半周する航海を続け千九百五年五月二十七日-翌二十八日に日本軍連合艦隊と遭遇した日本海海戦に於いて激突した。

千九百五年(明治三十八年)五月二十七日、ヨーロッパから極東へ向けて回航してきたロジェストヴェンスキー提督率いるロシアのバルチック艦隊(ロシア第二・第三太平洋艦隊、旗艦「クニャージ・スォーロフ」)を迎撃する。

連合艦隊は、東郷平八郎司令長官の戦術、二人の参謀(秋山真之、佐藤鉄太郎)による作戦、上村彦之丞提督率いる第二艦隊(巡洋艦を中心とした艦隊)による追撃、鈴木貫太郎の駆逐隊による魚雷攻撃作戦、下瀬火薬、伊集院信管、新型無線機、世界初の斉射戦術、世界最高水準の高速艦隊運動などによって、欧州最強と言われたバルチック艦隊を圧倒、これを殲滅した。

この大勝利の海戦当日、日本軍連合艦隊には四名の英国観戦武官が同船しており、英国の戦法にもある丁字戦法に関しての補佐・指導を行っている。

バルチック艦隊の司令部は司令長官を含めてまるごと日本軍の捕虜となるほど連合艦隊の一方的な圧勝で、この結果日本側の制海権が確定し、世界のマスコミの予想に反する結果に列強諸国を驚愕させ、ロシアの脅威に怯える国々を熱狂させた。

この一大海戦は大日本帝国の命運を掛けたもので、平八郎(へいはちろう)はこの日本海海戦に際し、「敵艦見ゆとの警報に接し、連合艦隊はただちに出動これを撃滅せんとす。本日天気晴朗なれども波高し」との一報を大本営に打電した。

また平八郎(へいはちろう)は、指揮下の艦隊に対しては「皇国の興廃この一戦にあり。各員一層奮励努力せよ」とZ旗を掲げて全軍の士気を鼓舞した。

日本海海戦に於いて平八郎(へいはちろう)は、丁字戦法・・その後「トウゴウ・ターン」と呼ばれる戦法を使って海戦に大勝利を納めた。

三日間に渡った東郷平八郎率いる日本の連合艦隊とロジェストヴェンスキー提督率いるロシアのバルチック艦隊との日本海海戦は、おそらく世界海戦史上最も完全に近い勝敗であり、各国の軍事研究で広く注目を集める海戦でもある。

当時世界屈指の戦力を誇ったロシアバルチック艦隊を一方的に破ったこの海戦の勝利は世界各国を驚愕させ、東郷平八郎(とうごうへいはちろう)は名海軍提督として伝説となった。


日露戦争の終結直前の段階で日本軍は樺太攻略作戦を実施し、全島を占領したこの占領が後の講和条約で南樺太の日本への割譲をもたらす事となる。

ロシアでは、相次ぐ敗北とそれを含めた帝政に対する民衆の不満が増大し、千九百五年一月九日には「血の日曜日事件」が発生し、ロシア革命(千九百十七年)の炎がチョロチョロと燃え始め、日本軍の明石元二郎大佐による革命運動への支援工作がこれに拍車をかけていた。

日露戦争に勝利はしたものの、日本も当時の乏しい国力を戦争で使い果たしていた。

両国はアメリカ合衆国の仲介の下で終戦交渉に臨み、千九百五年九月五日に締結されたポーツマス条約により講和した。

日露戦争(にちろせんそう)その(一)・海外権益】に戻る。

幕末~明治維新・人名と事変の周辺記事なら【クリックリスト】がお薦めです。

人脈関連記事
桂小五郎(かつらこごろう/木戸孝允)】に飛ぶ。
小松帯刀清廉(こまつたてわききよかど)】に飛ぶ。
西郷隆盛(さいごうたかもり) 】に飛ぶ。
大久保利通(おおくぼとしみち)】に飛ぶ。
後藤象二郎(ごとうしょうじろう)】に飛ぶ。
黒田清隆(くろだきよたか)】に飛ぶ。
伊藤博文(いとうひろぶみ)】に飛ぶ。
井上馨(いのうえかおる/井上聞多)】に飛ぶ。
西郷従道(さいごうじゅうどう/つぐみち)】に飛ぶ。
大山巌(おおやまいわお/弥助)】に飛ぶ。
山縣有朋(やまがたありとも)】に飛ぶ。
山本権兵衛(やまもとごんべい)】に飛ぶ。
児玉源太郎(こだまげんたろう)】に飛ぶ。
桂太郎(かつらたろう)】に飛ぶ。
乃木希典(のぎまれすけ)】に飛ぶ。
東郷平八郎(とうごうへいはちろう)】に飛ぶ。
小村寿太郎(こむらじゅたろう)】に飛ぶ。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2010-10-26 00:48 | Comments(0)  

<< 尊皇攘夷運動(そんのうじょうい... 日露戦争(にちろせんそう)その... >>