中先代の乱(なかせんだいのらん)と北条時行(ほうじょうときゆき)

千三百三十四年(建武元年)、後醍醐天皇元弘の乱(げんこうのらん)に拠って鎌倉幕府が滅亡した後に「建武政権」が成立した。

中先代の乱(なかせんだいのらん)はその翌年の千三百三十五年(建武二年)七月、鎌倉幕府第十四代執権・北条高時の遺児・時行が、信濃の諏訪頼重らに擁立されて鎌倉幕府復興の為に挙兵した反乱を起こし、先代(北条氏)と後代(足利氏)との間にあって、一時的に鎌倉を支配した事から「中先代の乱」と呼ばれている。

天皇親政である建武の新政が開始されると、鎌倉には、後醍醐天皇の皇子・成良親王を長とし尊氏の弟・足利直義が執権としてこれを補佐する形の鎌倉将軍府が設置された。

しかし後醍醐天皇が武家を軽んじて公家を重用した為に建武政権は武家の支持を得られず、北条一族の残党などは各地で蜂起を繰り返していた。

千三百三十五年(建武二年)には、鎌倉時代に関東申次を務め、北条氏と繋がりがあった公家の西園寺公宗や日野氏らが京都に潜伏していた北条高時の弟・北条泰家(時興)を匿い、持明院統の後伏見法皇を擁立して政権転覆を企てた陰謀が発覚する。

西園寺公宗らは後醍醐天皇の暗殺に失敗して誅殺されたが、北条泰家は逃れ、各地の北条残党に挙兵を呼びかけた。

北条氏の旧領である信濃に潜伏していた第十四代執権・北条高時の次男・時行は、旧譜代の諏訪頼重や名門豪族の滋野氏(しげのうじ)らに擁立されて挙兵し、時行の信濃挙兵に応じて北陸では北条一族の名越時兼が挙兵する。

北条時行(ほうじょうときゆき)勢の保科氏や四ノ宮氏らは青沼合戦に於いて信濃守護小笠原貞宗を襲撃し千曲川沿いを転戦し、この間に諏訪氏(すわうじ)、滋野氏(しげのうじ)らは信濃国衙(しなのこくが)を焼き討ち襲撃して国司(清原真人某)を自害させたあと、武蔵国へ入り鎌倉へ進軍する。

時行軍は女影原(埼玉県日高市)や小手指原(埼玉県所沢市)、井手の沢(東京都町田市)など各地で渋川義季(しぶかわよしすえ)や岩松経家(いわまつつねいえ)らが率いる鎌倉将軍府の軍勢を撃破、鎌倉から出陣して時行軍を迎撃した足利直義をも破る。

足利直義(あしかがただよし)は幼い尊氏の子・義詮(よしあきら)や、後醍醐天皇の皇子・成良親王(なりながしんのう)らを連れて鎌倉を逃れる。

その時鎌倉には建武政権から失脚した後醍醐天皇の皇子・護良親王(もりながしんのう)が幽閉されていたが、足利直義(あしかがただよし)は鎌倉を落ちる際に密かに家臣の淵辺義博に護良親王(もりながしんのう)を殺害させている。

北条時行勢は逃げる足利直義を駿河国安倍川の西、手越河原で撃破し敗走させると鎌倉を一時支配した。
足利直義は三河国に駐在し、乱の報告を京都に伝えると同時に成良親王を返還している。

北条時行勢の侵攻を知らされた建武政権では、足利尊氏が後醍醐天皇に対して時行討伐の許可と同時に武家政権の設立に必要となる総追捕使と征夷大将軍の役職を要請する。

しかし足利尊氏を総追捕使と征夷大将軍に任ずれば武家政権が成立し、天皇親政が崩壊する為に後醍醐天皇はその要請を拒否する。

足利尊氏は勅状を得ないまま出陣し、後醍醐天皇は追って尊氏に征東将軍の号を与える。

足利尊氏は弟・直義と合流し、遠江国橋本、小夜の中山、相模国相模川など各所で北条時行勢を連破し、時行は鎌倉を保つこと二十日程度で逃亡し、諏訪頼重らは自害する。

北条時行に戦勝した足利尊氏は、鎌倉に於いて乱の鎮圧に付き従った将士に勝手に恩賞を分配したり、建武政権の上洛命令を無視したりするなど、建武政権から離反する。

北条時行は鎌倉を逃れた後も各地に潜伏し、南北朝成立後は吉野の南朝から朝敵免除の綸旨を受けて南朝方に従い、新田氏北畠顕家(きたばたけあきいえ)の軍などに属して足利方と戦うが、千三百五十二年(正平七年/文和元年)に足利方に捕縛され、翌年、鎌倉に於いて処刑される。

参考リスト【正中(しょうちゅう)の変から室町幕府成立までの主な登場人物と主な出来事】<=クリックがお薦めです。

関連記事
大覚寺統(だいかくじとう)】に飛ぶ。
持明院統(じみょういんとう)】に飛ぶ。
元弘の乱(げんこうのらん)】に飛ぶ。
建武の新政(親政/けんむのしんせい)と南北朝並立】に飛ぶ。
観応の擾乱(かんのうのじょうらん)と足利直義(あしかがただよし)】に飛ぶ。
高階氏(たかしなうじ)と高師直(こうのもろなお)・師泰(もろやす)兄弟】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2011-02-05 03:03 | Comments(0)  

<< 高階氏(たかしなうじ)と高師直... 万葉集(まんようしゅう)・万葉... >>