新田流・山名氏と明徳の乱・山名宗全(やまなそうぜん)と応仁の乱〔一〕

室町幕府・足利将軍家を全盛に導いた三代将軍・足利義満の頃、「明徳の乱」が起こっている。

いつの世も同じだが、頂点に立たない限り「出る杭は打たれる」が世の習いで、この時の「出る杭」は新田流・山名氏(やまなうじ)である。

山名氏の本姓は源氏で、家系は清和源氏の河内源氏の棟梁・鎮守府将軍・源義家の子義国を祖とする名門・新田氏の一門に数えられる。

新田氏開祖となる新田義重の庶子・三郎義範(さぶろうよしのり/または太郎三郎とも)が、上野多胡郡(八幡荘)山名郷(現在の群馬県高崎市山名町周辺)を本貫として山名三郎と名乗った事から山名氏を称して始まった家系である。

但し山名氏(やまなうじ)には、新田氏と足利氏が共に先祖は義国流源氏の嫡流で同族でもある事から、岩松氏と同様に足利氏一門と言う説も存在する。

いずれにしてもその山名氏(やまなうじ)棟梁・山名義範(やまなよしのり)は、平安末期治承(じしょう)のクーデターの旗頭の一人・源頼朝に早くから従い御家人となって鎌倉幕府開府に功を挙げ、源氏門葉として優遇された。

鎌倉幕府が後醍醐天皇の倒幕蜂起に拠って倒され、足利尊氏建武の新政に反旗を翻す南北朝時代新田義貞を中心に南朝に参加した新田一族と異なり、時の山名氏棟梁・山名時氏は縁戚の足利尊氏に従った。

足利尊氏が征夷大将軍に就任して室町幕府を開くと山名時氏も運気を掴み、守護大名として山陰地方に大勢力を張った。

その後の観応の擾乱では足利直義に従ったが、二代将軍・足利義詮(あしかがよしあきら)の時代に幕府側に帰参し、赤松氏京極氏一色氏と並んで四職家の一つにまで数えられるに至った。

力を着けた山名氏(やまなうじ)は、時氏の子・氏清の時には一族で全国六十六ヵ国中十一ヵ国の守護職(守護大名)を占め、「六分の一殿」と称されて権勢を誇った。

そこで、史上何度も繰り返される「出る杭」が登場する。

余りにも目覚しい山名氏(やまなうじ)の権勢の結果、三代将軍・足利義満から危険視され、義満は山名一族離反の謀略を執拗に試みる。

そして千三百九十一年(元中八年・明徳二年)、山名氏清は将軍・義満の度重なる挑発に堪りかね、甥(兄・師義の子)で婿の満幸や兄の義理と共に挙兵、「明徳の乱」を起こして同年十二月には京都へ攻め入るも、幕府軍の反攻に遭って当主・氏清は戦死してしまい、満幸は逃亡したが後に捕えられて処刑、義理は出家して没落した。

惨敗した山名氏だったが当時の有力者の中は縁戚だらけで家名廃絶への助命嘆願の声も在り、山名氏清の三人の甥だけが山名氏として守護職の存続を許される。

一族は大幅にその勢力を減ずるに到り、勢力範囲は氏清の弟・時義の子・時熙の但馬守護職、氏清の婿・満幸の兄・氏之の伯耆守護職、氏清の兄・氏冬の子・氏家の因幡守護職のみとなった。

しかし六代将軍・足利義教の代に、再び山名氏隆盛の機会が訪れる。

千四百四十一年(嘉吉元年)、六代将軍・足利義教が赤松満祐(あかまつみつすけ)によって暗殺(嘉吉の乱/かきつのらん)されると、同年、山名氏当主・山名持豊(山名宗全)は赤松氏討伐の総大将として大功を挙げる。

この功績に拠って山名氏は、備後・安芸・石見・備前・美作・播磨などの守護職を与えられ、再び全盛期を築き上げるに到った。

しかし力を着けた山名宗全(持豊)は、幕府の主導権をめぐって管領細川勝元と対立、足利将軍家や畠山氏斯波氏などの後継者争いなど複雑な事情も重なった結果、千四百六十七年(応仁元年)には応仁の乱の勃発に到った。

この時、宗全は西軍の総大将として同じく東軍総大将の勝元と戦ったが、乱の最中である千四百七十三年(文明五年)に山名宗全(やまなそうぜん)は病死、同年に細川勝元(ほそかわかつもと)も急死している。

新田流・山名氏と明徳の乱〔二〕】に続く。

名字関連詳細・小論【名字のルーツと氏姓(うじかばね)の歴史】<=クリックがお薦めです。

関連記事
源義国(みなもとのよしくに)】に飛ぶ。
新田氏(にったうじ)と新田義重(にったよししげ/源義重)】に飛ぶ。
足利氏(あしかがうじ)と足利義康(あしかがよしやす/源義康)】に飛ぶ。
足利尊氏(あしかがたかうじ)】に飛ぶ。
足利義教(あしかがよしのり)】に飛ぶ。
足利義政(あしかがよしまさ)】に飛ぶ。
新田義貞(にったよしさだ)】に飛ぶ。
足利流・斯波氏(しばうじ)】に飛ぶ。
足利流・一色氏(いっしきうじ)】に飛ぶ。
室町幕府】に飛ぶ。
足利流・畠山氏(はたけやまうじ)】に飛ぶ。
室町幕府体制・三管領・四職】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2011-02-12 14:45 | Comments(0)  

<< 足利流・一色氏(いっしきうじ)〔二〕 新田流・山名氏と明徳の乱・山名... >>