赤松氏(あかまつうじ)

赤松氏(あかまつうじ)は、鎌倉時代末期から安土桃山時代にかけて播磨を支配した氏族で、後醍醐天皇鎌倉幕府の打倒、足利尊氏室町幕府の創設に寄与し、守護大名となる。

室町期を守護大名の一人として勢威を振るった後に嘉吉の乱(かきつのらん)を起こし、応仁の乱にも深く関わるなど戦国時代の到来の一因を作った。

出自に関しては、村上源氏流として居るが信憑性は無く、鎌倉末期の棟梁・赤松則村(赤松円心)北畠親房との縁により、後醍醐天皇方に参戦した際に北畠家の属する「村上源氏の末裔を自称する事を許可された」と言う説が近頃では浮上している。

南北朝時代に入ると、赤松円心は後醍醐天皇に味方したにも関わらず、建武の新政で守護国を没収された事などから、新政から離反した足利尊氏に味方する。

足利尊氏が一時形勢不利で九州へ西下している間は新田義貞の勢力を赤穂郡の白旗城で釘付けにして、千三百三十六年(延元元年/建武三年)の湊川の戦いに於いて尊氏を勝利に導く遠因を作った。

円心の三男・則祐は第二代将軍・足利義詮(あしかがよしあきら)や管領職・細川頼之を補佐し、京都が南朝方に一時占拠された際には、幼い次期将軍・足利義満を自身の居城に避難させて保護するなど、室町幕府の基礎固めにも貢献する。

その功により播磨国の守護職に任じられると共に、室町幕府内では京極氏一色氏山名氏と並ぶ四職の一つとなって幕政に参画した。

赤松氏(あかまつうじ)は、円心の長男・範資(のりすけ)には摂津、次男の貞範(さだのり)には美作、三男の則祐(のりすけ/そくゆう)には備前の守護職が与えられ、播磨と合わせて四ヶ国の守護となる。

しかし本来の宗主家である範資(のりすけ)の摂津守護は範資の子・光範の代に召し上げられ、以後、範資の系統は一旦庶流となり七条家を称した。

十五世紀に入った千四百四十一年(嘉吉元年)、赤松満祐(あかまつみつすけ)・教康(のりやす)父子が結城合戦の祝勝会で、第六代将軍・足利義教を暗殺すると言う「嘉吉の乱(かきつのらん)」を起こし、それにより赤松氏は山名持豊(宗全)を中心とした幕府軍の追討を受け、満祐・教康父子は殺され、赤松氏本流は没落し領地は功により山名氏に引き継がれた。

その後、赤松氏の遺臣が千四百四十三年(嘉吉三年)の禁闕の変で後南朝に奪われた三種の神器の神璽を千四百五十七年(長禄元年)の「長禄の変」で取り返し、南朝皇胤を殺した功により、赤松政則(あかまつまさのり/満祐の大甥)の時に再興を果たす。

赤松政則(あかまつまさのり)は「応仁の乱」では細川勝元(ほそかわかつもと)に与し、その功により播磨・備前・美作の三ヶ国を領する大々名にまで返り咲き、千四百八十八年(長享二年)には山名氏の勢力を播磨から駆逐し本拠を置塩城に移した。

播磨・美作・備前の守護戦国大名・に帰り咲いた赤松政則(あかまつまさのり)は、七条家後裔の赤松義村を政則(まさのり)の養子に入れて後継とし、宗家への復帰を果たす事となる。

その後赤松氏宗家は、秀吉没後の千六百年(慶長五年)、関ヶ原の戦いで則房の子・則英は西軍(石田方)に与した為、自害を余儀なくされた。

同じく赤松一族で但馬竹田城城主・斎村政広は、西軍から東軍に寝返ったものの、西軍に与した宮部長房の居城・鳥取城を攻めるときにあまりに手ひどく城下町を焼き払った事を理由として徳川家康から自害を命じられ、大名としての赤松氏は滅亡した。

但し赤松則村(円心)の三男・赤松則祐(あかまつそくゆう/のりすけ)の五男・有馬義祐の後裔で摂津有馬氏当主・有馬豊氏は関ヶ原の戦いで東軍に属し、大坂の役に於いても徳川方で功を挙げた事により筑後国久留米に二十一万石の大封を与えられ、宗家・赤松氏と明暗を分けている。

この有馬義祐の家系は久留米藩の他に、享保年間には紀州藩士・有馬氏倫(ありまうじのり)が紀州藩主だった八代将軍・徳川吉宗(とくがわよしむね)に仕え、吉宗が将軍に就任すると側御用取次に栄進して伊勢国三重郡に千三百石を与えられた。

その後有馬氏倫(ありまうじのり)は、下野国芳賀郡に千石、千七百二十六年(享保十一年)伊勢・下野・上総国内に七千七百石を加増され、翌年には領地の朱印状を賜って事実上一万石の大名となり、江戸定府(参勤交代を行なわない)の陣屋大名(城を持たない小大名)に出世し、伊勢西条藩を立藩した。

また旗本・赤松家の分家の旗本だった石野則員の子・則維は、嗣子のなかった久留米有馬家に養子に入り、大名家の家督を相続している。

足利義教】に続く。

名字関連詳細・小論【名字のルーツと氏姓(うじかばね)の歴史】<=クリックがお薦めです。

関連記事
室町幕府体制・三管領・四職】に飛ぶ。
赤松則村(あかまつのりむら/円心)】に飛ぶ。
嘉吉の乱(かきつのらん)】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2011-02-16 03:35 | Comments(0)  

<< 足利義教(あしかがよしのり) 嘉吉の乱(かきつのらん) >>