額田王(ぬかたのおうきみ)

額田王(ぬかたのおうきみ)は、大和国平群郡(へぐりのこおり)・額田郷に本拠を置く「額田部(ぬかたべ)に育てられた」と伝えられる貴人で、斉明朝から持統朝に活躍した日本の代表的な女流万葉歌人であり、天武大王(てんむおおきみ/第四十代天皇)の妃(一説に采女とされる)とも言われている。

推古大王(すいこおおきみ/第三十三代女帝)の皇女時代の名が額田部皇女(ぬかたべのひめみこ)で在る事から、額田王(ぬかたのおうきみ)は相応の身分で在った事は否定出来ない。

額田王については残された文献が少なく「万葉歌人」で有名な他は余り判っていないが、一説には中臣鎌足の妻・鏡王(かがみのおおきみ)の「子であるとか妹であるとか」言われている。

日本書紀」の記述に、額田王(ぬかたのおうきみ)は鏡王(かがみのおおきみ)の娘で大海人皇子(おおあまのみこ/天武天皇)に嫁し十市皇女を生むとある。

鏡王(かがみのおおきみ)は、王(おうきみ)の尊称から皇族(王族)と推定され一説に宣化天皇の曾孫、或いは近江国野洲郡鏡里の皇胤豪族で「壬申の乱の際に戦死した」とも言われている。

万葉集」に収められた歌のみであるが、額田王(ぬかたのおうきみ)は十市皇女の出生後、天武大王(第四十代天皇)の兄である「中大兄皇子(天智大王・第三十八代天皇)に寵愛された」と言う説も根強く伝わっている。

また、歌の解釈から額田王(ぬかたのおうきみ)が大海人皇子(おおあまのみこ/天武大王・天皇)と中大兄皇子(なかのおおえのおうじ/天智大王・天皇)の両者と「同時期に情を通じている」とされるのは、その歌が「単なる宴席での座興」とする説も在る。

しかしながら、大海人皇子(おおあまのみこ)の疑惑に信憑性が在るのであれば、性におおらかな当時の事では額田王(ぬかたのおうきみ)は単に権力者の間を行き来しただけなのかも知れない。

額田王(ぬかだのおおきみ)は最初、大海人皇子(おおあまのみこ・天武大王・天皇)の妻で、後に弘文天皇の妃に嫁ぐ事になり子まで為している。

その額田王を、兄の天智大王(天皇/中大兄皇子)が自分の妃に奪っているのだ。

しかし歴史学者によっては、額田王は、天智大王(てんちおおきみ/第三十八代天皇)の元に嫁いでも、大海人皇子との関係も「続いていた」とする者もいる。

詳しくは小論・【大海人皇子(おおあまのみこ)は何者か?】を参照下さい。

関連記事
大王(おおきみ/天皇)】に飛ぶ。
推古大王(すいこおおきみ/第三十三代女帝)】に飛ぶ。
天智大王(中大兄皇子・なかのおおえのおうじ/葛城皇子)】に飛ぶ。
大海人皇子(おおあまのみこ)】に飛ぶ。
大海人皇子(おおあまのみこ)の疑惑】に飛ぶ。
天武大王(てんむおおきみ/天皇/大海人皇子)】に飛ぶ。
壬申(じんしん)の乱】に飛ぶ。
万葉集(まんようしゅう)】に飛ぶ。

第一巻の二話】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2011-02-25 10:00 | Comments(0)  

<< 室町幕府体制・三管領・四職〔二〕 里見氏(さとみうじ) >>