「ほっ」と。キャンペーン

室町幕府体制・三管領・四職〔二〕

室町幕府体制・三管領・四職〔一〕】に戻る。

室町幕府の地方統治機構としては、観応の擾乱が起こると、足利尊氏は鎌倉に東国十ヵ国を統括する機関として鎌倉府・鎌倉公方を設置し、尊氏の子・足利基氏を鎌倉公方(長官)としてその基氏の子孫が世襲し、関東管領が補佐した。

鎌倉公方は室町時代を通じて幕府と対立し、関東管領を務める上杉氏とも対立して行った為、これに対抗する幕府は東国や陸奥の有力国人を京都扶持衆として直臣化した。

そうした背景の中、足利義教の代に永享の乱を起こした第四代鎌倉公方・足利持氏を攻め滅ぼして一時直接統治を図るが失敗に終わり、持氏の子・足利成氏を新しい鎌倉公方とした。

しかしその成氏も享徳の乱を起こして、古河御所に逃れて古河公方を名乗り、更に関東管領・上杉氏は山内上杉家と扇谷上杉家に分裂した為、応仁の乱が始まる前に東国は騒乱状態となる。

この東国の騒乱に幕府も手を拱いていた訳ではなく、八代将軍・足利義政の庶兄・足利政知を関東に堀越公方として派遣するも、堀越公方も政知の死後に今川氏の重臣伊勢盛時(北条早雲)によって倒されて、失敗に終わった。

また、鎌倉公方から古河公方となった足利成氏の血統も小弓公方との分裂を経て、盛時の子孫である後北条氏によって傀儡化させられて行く。

九州には九州探題が設置され、本拠を博多(福岡県福岡市)に置くも初めは懐良親王ら南朝勢力の討伐に任じられた今川貞世(了俊)が就くが、了俊が九州で独自の勢力を築くと幕府に警戒され、了俊が解任された後は渋川氏の世襲となる。

東北地方には奥州探題が設置されるも、奥羽二ヵ国が鎌倉府の管轄下に組み込まれると廃止されて一時期は稲村公方と篠川公方が設置され、斯波家兼が任じられ、家兼の死後に羽州探題が分裂し、出羽の斯波氏は最上氏となる。

室町幕府の特徴としては、荘園公領制の崩壊=守護領国制への移行や貨幣経済の進展等が挙げられ、守護大名がその領国の武士と主従関係を結び、被官化して一元支配する様に成った。

鎌倉期との比較であるが、鎌倉期は室町期と比べ個々の御家人が直接将軍と主従関係を結んでおり、有力御家人の被官の様な例外はあるが、通常守護職は国内の御家人の監督者に過ぎなかった。

つまり鎌倉期は全ての御家人が将軍家の家臣だったが、室町期では守護大名がその領国の武士と主従関係を結んで居た為に室町将軍家すら上回る程の実力を蓄えた守護大名が生まれる土壌を作ったのである。

その守護大名の有力化に対して、室町将軍家も守護大名の頭越しに各地の武士と主従関係を結び、将軍直轄の軍事力として「奉公衆」を編成し、軍事力を強化するのみならず、守護大名の領国支配に対抗したのである。

しかし、守護大名は幕府から守護職に任命されたと言う権威を背景に領国の支配を進めて居た為、幾ら勢力を拡大しようとも室町将軍の権威を否定する訳には行かず、個々の守護大名を幕府が討伐した例はあるものの守護大名と室町将軍が全面的に対立する事は無かった。

将軍の権威の失墜は即ち守護大名の権威の失墜を意味し、事実室町後期になると守護大名の権威は失墜し下克上の世に移って行くのである。

応仁の乱以降、将軍の権威が失墜すると細川氏以外の三管領四職も没落し、更に戦国時代中期に至って細川氏の勢力が減退すると室町幕府の諸制度は形骸化していった。

その間、国人と呼ばれる在地支配層が台頭していった。山城国南部では山城国一揆が形成され、地域住民(在地支配層の他、農民等も参加)による自治に至った事例もある。

これらの国人勢力も互いに整理統合されながら、強力な戦国大名が成長し、これが群雄割拠して幕府支配に取って代わり、以後の戦国時代への流れを作って行く事になる。

室町幕府体制・三管領・四職〔一〕】に戻る。

関連記事
足利氏(あしかがうじ)と足利義康(あしかがよしやす/源義康)】に飛ぶ。
新田氏(にったうじ)と新田義重(にったよししげ/源義重)】に飛ぶ。
初代将軍【足利尊氏(あしかがたかうじ)】に飛ぶ。
管領職【足利流・京兆細川家・細川勝元(ほそかわかつもと)と応仁の乱】に飛ぶ。
管領職【足利流・斯波氏(しばうじ)】に飛ぶ。
管領職【足利流・畠山氏(はたけやまうじ)】に飛ぶ。
侍所司【赤松氏(あかまつうじ)】に飛ぶ。
侍所司【足利流・一色氏(いっしきうじ)】に飛ぶ。
侍所司【新田流・山名氏と明徳の乱・山名宗全(やまなそうぜん)と応仁の乱】に飛ぶ。
侍所司【京極導誉/佐々木高氏(きょうごくどうよ/ささきたかうじ)】に飛ぶ。
源頼国(みなもとよりくに)流美濃源氏・土岐氏(ときうじ)】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2011-02-26 00:30 | Comments(0)  

<< 室町幕府体制・三管領・四職〔一〕 額田王(ぬかたのおうきみ) >>