真田信之(さなだのぶゆき/信幸)

真田氏は、信州山地の谷あいに在る真田郷の在地の小豪族として歴史に登場する。

時代が下がった戦国期になると、真田氏は甲斐国守護・武田家臣として武田晴信(武田信玄)に仕え、所領を安堵されて勢力基盤を築き、武田家中に於いて信濃先方衆の有力武将として重用される。

しかし、織田信長の軍勢と対峙した長篠の戦いで武田方軍勢として参戦した真田家当主・信綱と次男・昌輝が討死すると、武藤喜兵衛と称していた三男・昌幸が真田姓に復して家督を相続し、武田氏が滅んだ後には真田昌幸は織田信長に恭順した。

その後、本能寺の変明智光秀に反逆された織田信長が横死すると、真田昌幸は本拠地として上田城の築城に着手しながら、混乱する信濃に在って主家を転々と変え真田家の勢力維持に奔走する。

名将・真田昌幸が最初に天下に名を轟かせたのは、徳川氏後北条氏が甲信を巡って対陣したその後の和平に於いて代替の領地は徳川で用意する条件で真田領の北条氏へ明け渡しが決定された事に抵抗、徳川軍兵七千の攻撃を受けるも僅か二千余りの城兵で上田城を守り切り、独立した大名として世に認識される。

真田家の得意技は篭城戦で、その戦法は元弘の乱(げんこうのらん)当時の名将・楠木正成(くすのきまさしげ)の千早城篭城戦と良く似ている。

つまり最小の軍勢で大軍を破るのに適して居るのが篭城戦であるが、攻め手が大軍で先を急いでいるほどその戦法は効果的である。

真田昌幸(まさゆき)は「敵をおびき寄せて叩く」作戦で、数に勝る徳川軍を相手に見事な勝利を収めたのである。

信州で生き延びた真田昌幸は、やがて豊臣秀吉が天下を取るとその臣下に入り、秀吉の命で徳川家康と和解の後、徳川氏の与力大名とされた事から、嫡男・真田信幸と家康養女・小松姫(実父は本多忠勝)との婚姻が行われた。

これらの過程で真田宗家は、名目上は徳川氏の与力大名だが実際は豊臣の家臣である真田昌幸と次男・信繁(上田城)と、名目上は昌幸領の一部だが実際は徳川の与力大名である真田信幸(沼田城)のニ家が夫々に主を頂く体制となる。

この二家体制が、後に真田氏を二分させて戦う事態となる。

徳川家康は本多忠勝の娘・小松姫を養女に迎えた後、真田家長男・真田信幸(信之・沼田三万石)に嫁がせている。

豊臣秀吉死後の千六百年(慶長五年)、石田三成が徳川討伐を掲げて挙兵する。

父・昌幸と弟・信繁は三成ら西軍石田方に付いたのに対し、信幸は家康ら東軍に参加する事を決め、徳川秀忠軍に属して上田城攻め(第二次上田合戦)に参加する。

徳川秀忠軍本隊三万五千の中仙道軍は、またも上田城に在った父・昌幸の善戦に合って関ヶ原の戦いには遅参し、本戦には参加する事ができなかった。

徳川方に付いた真田家長男・真田信幸(信之・沼田三万石)は、関ヶ原戦後、父・昌幸の旧領三万五千石に加え三万石を加増されて九万五千石となり上田藩主となったが、引き続き沼田城を本拠とした。

真田信幸(信之)は西軍に付いた父との決別を家康に表す為に、昌幸らの助命を嘆願し名を信幸から信之に改めている。

義父の本多忠勝の働きかけもあり、昌幸らは助命され、紀州九度山へ流罪となる。

その後、父・昌幸が九度山で亡くなったおりに、信之は父の葬儀を執り行えるよう幕府に許可を願い出たが、許されなかった。

千六百十四年(慶長十九年)、豊臣対徳川の決戦・大坂の役が勃発するも真田信之は病気の為に出陣できず、長男の信吉と次男の信政が代理として出陣している。

大坂の役から八年後の千六百二十二年(元和八年)、信之は信濃国松代藩に加増移封され、十三万石(沼田三万石は継承)の所領を得るも、真田氏の本拠地上田を失う。

千六百五十六年(明暦元年)、長男・信吉や信吉の嫡孫で長男・熊之助が既に死去していた為、信之は自らの次男・信政に家督を譲って隠居する。

しかし千六百五十八年(万治元年)二月にその信政も死去した為、真田家では後継者争いが起こる。

長男・信吉の次男で沼田城主・信利が、信之次男の血統・幸道(信政の六男)の家督相続に異議を唱えて幕府に訴える事態となり、幕府や縁戚の大名を巻き込んだ騒動となる。

最終的には幸道が幕閣の許しを得て第三代藩主となるも二歳の幼少の為に、九十三歳の高齢にも関わらず信之が復帰して藩政を執った。

この騒動により信利の領地は沼田藩三万石として独立し、松代藩は十万石となって真田騒動は落ち着くが、その数ヵ月後信之も死去して居る。

真田昌幸(まさゆき)と真田信繁(のぶしげ/真田幸村・さなだゆきむら)】に戻る。

真田氏の出自【望月氏(もちずきうじ/古代豪族・滋野氏流)】に飛ぶ。

関連小論・【天下の知将・真田信繁(幸村)と真田丸】を参照下さい。

関連記事
戦国時代(せんごくじだい/室町末期)】に飛ぶ。
三百諸侯(さんびゃくしょこう)・江戸時代の大名家】に飛ぶ。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2011-09-28 11:58 | Comments(1)  

Commented by 匿名 at 2011-10-15 13:47 x
本多氏系図にて信之正室は、家康の養女と記載されていないので、家康の養女説は誤りです。
江戸後期の松代藩真田氏は、松平定信の血統に身売りしたので、その頃編纂の幕府史書に、信之が徳川受けする内容になったのは、身売りの見返りだと考えられるため、実際に家康のお気に入りだったとは、言えないと思います。
信之の娘が、本多忠勝外孫にそぐわないような、石高と家格の低い大名に嫁がされているのも、信之の実際の器量を示していると思います。

<< 狗奴国(くなくに) 後漢書・倭伝(東夷伝) >>