日本人の祖先は何処から来たのか?(四)邪馬台国と狗奴国

日本人の祖先は何処から来たのか?(一)樺太から来た原人】に戻る。

この後この物語で詳しくご紹介するのだが、弥生時代後期の二世紀後半に日本列島側の倭国で起こった争乱・倭国大乱(わこくたいらん)の経緯を簡単に言ってしまう。

日本列島の西側で成立した小国家群が弥生時代後期に段々に武力吸収や合併を繰り返して大きくなり、列島の西側の東の外れに在った呉族系の大国・伊都国(いとこく)と西で勢力を伸ばして来た呉族系の狗奴国(くなくに)が合併する。

大勢力と成った呉族系海洋民族の国・スサノウ(須佐王)の狗奴国(くなくに)と加羅族系農耕民族の国・卑弥呼(比売命/ヒメノミコ)邪馬台国との二大勢力と成り、争いの後には両者が誓約(うけい)を結んで騒乱は収まった。

中華帝国の
魏書に在るのみで日本の史書に記載が無い卑弥呼邪馬台国の事を知らない日本人は、何故かほぼ居ない。

だが、日本の史書とされる古事記日本書紀に在るスサノウ(須佐王)狗奴国(くなくに)はかなり知名度が低い。

この奇妙な状況が、今の日本史の現状ではないだろうか?

大和朝廷は邪馬台国を武力吸収した狗奴国(くなくに)が支配権を成立させたが、両者和合の為に国名に邪馬台の音を残した大和国を用いる高等な策を採った。

その和平手打ちの経緯が記紀神話(古事記日本書紀)に集約され、天の岩戸伝説となって残った。

勿論、記紀神話に於ける天孫降臨伝説に於いて、スサノウ(須佐王)は呉族、卑弥呼(比売命/ヒメノミコ)は加羅族の象徴だが、呉族・スサノウ(須佐王)の血流は神武朝を起こす支配者になる。

もう一方の加羅族・卑弥呼(比売命/ヒメノミコ)は神格化して天照大神(アマテラスオオミカミ)と成って両民族の立場並び立つ誓約(うけい)が成立した。

古墳時代(こふんじだい)】に続く。
神武王朝四代と葛城御門(かつらぎみかど)】に続く。

詳しくは小論【日本人の祖先は何処から来たのか?】に飛ぶ。

日本人の祖先は何処から来たのか?(一)樺太から来た原人】に戻る。
日本人の祖先は何処から来たのか?(二)稲作縄文人】に戻る。
日本人の祖先は何処から来たのか?(三)倭国と弥生人】に戻る。

詳しくは【鬼伝説に隠された先住民(蝦夷族/エミシ族)】に飛ぶ。

この記述は、【日本史時代区分大略・一覧表】に掲載しております。

性文化史関係リスト】をご利用下さい。

◆世界に誇るべき、二千年に及ぶ日本の農・魚民の性文化(共生村社会/きょうせいむらしゃかい)の「共生主義」は、地球を救う平和の知恵である。

関連記事
倭国大乱(わこくたいらん)】に飛ぶ。
狗奴国(くなくに)】に飛ぶ。
伊都国(いとこく)】に飛ぶ。
邪馬台国】に飛ぶ。
ABO式血液型の分布状況】に飛ぶ。
単一日本民族の成立過程大略】に飛ぶ。
渡来人(とらいじん)】に飛ぶ。
桓武天皇のヒタカミ(日高見国)蝦夷の役】に飛ぶ。
俘囚(ふじゅう/奴婢身分・ぬひみぶん)】に飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2011-11-08 01:38 | Comments(0)  

<< 安土桃山時代(あづちももやまじだい) 古代豪族・曽根連(そねのむらじ... >>