「ほっ」と。キャンペーン

帝釈天(たいしゃくてん)と阿修羅(あしゅら)

仏教を現代風聖人解釈で考察すると、弘法大師・空海が日本に伝えた密教の本質を理解できない。

本来密教には、エロチックな色彩に彩られた神々が存在するのでご紹介する。

例えば、帝釈天(たいしゃくてん)は力の神、阿修羅(あしゅら、あすら)は正義の神だが、何度戦っても阿修羅(正義)は帝釈天(力)に勝てず、未だ天上で戦っている。

その戦いの始まりだが、そもそも阿修羅の一族は密教の守護神である天部の一・帝釈天が主である_�利天(とうりてん、三十三天とも言う)に住んでいた。

また阿修羅には舎脂(シャチー)と言う娘が居り、「いずれ帝釈天に嫁がせたい」と思っていたのだが、その帝釈天が舎脂(シャチー)を力ずく(誘拐して凌辱した)で奪ってしまう。

しかも力ずくで奪(うば/強姦)われた舎脂(シャチー)は、そのまま帝釈天に惚れて親の許しも無く結婚してしまう。

その帝釈天(たいしゃくてん)の無法を怒った正義の神・阿修羅が、帝釈天に度々戦いを挑む事になる。

この阿修羅が帝釈天に度々戦いを挑む所から、その戦いの場所を称して「修羅場」と呼ぶ用法が出来た位である。

しかし帝釈天は力の神の為、戦いは常に帝釈天側が優勢で阿修羅は何度戦っても阿修羅(正義)は帝釈天(力)に勝てずに居た。

それにしても、神である帝釈天が強姦したり、強姦された阿修羅の娘・舎脂(シャチー)がそのまま帝釈天に惚れて妻と成り、母・阿修羅に逆らうなど人間臭いのがヒンドゥー教・サンクリットの神々である。

つまり性に関する戒律は、渡来当時の密教の本質には存在しなかったのだ。

性文化史関係一覧リスト】をご利用下さい。

◆世界に誇るべき、二千年に及ぶ日本の農・魚民の性文化(共生村社会/きょうせいむらしゃかい)の「共生主義」は、地球を救う平和の知恵である。

尚、イスラム教シーア派の信仰上の行事に、指導者の殉教の苦しみを体験するアシュラ(アーシューラー)がある。

一年で最初の月の十日目の日に当たるイマーム・フサインが殉教した日が、殉教追悼の日とされている。

シーア派のアシュラは、鎖の鞭(くさりのむち)で両肩から背中を自ら打ちながら行進する苦行である。

仏教とイスラム教の狭間に、形は違えど阿修羅(アーシューラー)が在る事から、信仰も影響し合っているのかも知れない。

弘法大師関連記事
弘法大師(こうぼうだいし/空海)】に飛ぶ。
佐伯部民(さえきべみん)】に飛ぶ。
佐伯直氏(さえきのあたいうじ)と善通寺(ぜんつうじ)】に飛ぶ。
高野山・金剛峰寺(こんごうぶじ)】に飛ぶ。
伊豆市・修善寺と独鈷の湯の由来】に飛ぶ。

密教渡来関連記事
真言宗当山派/東密】に飛ぶ。
真言(密教)立川流】に飛ぶ。
真言(密教)立川流の謎】に飛ぶ。
真言密教立川流と金沢文庫(かねさわぶんこ)文献の怪】に飛ぶ。
ヒンドゥー教と日本の信仰】に飛ぶ。
ヒンドゥー教シヴァ神の御神体・リンガ(男根神)】に飛ぶ。
梵語(ぼんご/サンスクリット語)】に飛ぶ。
ダキニ天(荼枳尼天)】に飛ぶ。
吉祥天(きっしょうてん)=女神・シュリー.ラクシュミー】に飛ぶ。
弁財天と観世音菩薩と女神・サラスヴァティー】に飛ぶ。
毘沙門天(びしゃもんてん/ヴァイシュラヴァナ)】に飛ぶ。
七福神信仰(しちふくじんしんこう)】に飛ぶ。
カーマ・スートラ(インド三大性典のひとつ)】に飛ぶ。
遣唐使(けんとうし)】に飛ぶ。

その他関連記事
信仰の奇跡と脳科学】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2012-01-07 01:57 | Comments(0)  

<< 冠位十二階と十七条の憲法制定の謎 歴史のミステリーシリーズ >>