関東大震災(かんとうだいしんさい)

日清日露の戦勝に拠る好景気に沸いた大正ロマン・大正デモクラシー(民本主義)の最中、日本の首都・東京府東京市とその周辺各地を大正関東地震・関東大震災(かんとうだいしんさい)が見舞う。

関東大震災(かんとうだいしんさい)とは、千九百二十三年(大正十二年)九月一日の正午寸前(一分三十秒ほど前)、神奈川県相模湾北西沖80km(北緯35.1度、東経139.5度)を震源として発生したマグニチュード七・九の大正関東地震による地震災害を言う。

震源域の真上に位置していた「横浜市の震度は七と推定され、希に見る強震だった」と言う。

この時折悪しく、内閣総理大臣・加藤友三郎が、震災発生八日前の八月二十四日に急逝していた為、地震発生時及びその後は内田康哉が内閣総理大臣臨時代理として職務を代行した。

大正関東地震は、神奈川県を中心に東京府東京市・千葉県・茨城県から静岡県東部までの一府四県の内陸と沿岸に広い範囲に甚大な被害をもたらし、日本災害史上最大級の被害を与えた。

この大震災については資料の洗い直しが為され、二千六年(平成十八年)版から修正され、現在では数字を丸めて「百九十万人が被災、死者・行方不明十万五千余人」としている。

死者・行方不明者については、地震の揺れによる建物倒壊などの圧死があるものの、多くは強風を伴なった火災による死傷者が多くを占めた。

地震の発生時刻が昼食の時間帯と重なった事から百三十六件の火災が発生し、大学や研究所で「化学薬品棚の倒壊による発火も見られた」とされる。

また、この大震災の建物被害に於いては全壊が十万九千余棟、全焼が二十一万万二千余棟である。

津波の発生による被害は太平洋沿岸の相模湾沿岸部と房総半島沿岸部で発生し、高さ十メートル以上の津波が記録された。

尚、この震災の混乱の中、「朝鮮人が暴徒となって放火している」とデマが広がり、その流言の数々から大衆の多くが「暴徒と化した朝鮮人」を恐れて自警団との衝突も発生し、朝鮮人や中国人なども含めた死者が出た。

震災の復興計画は、山本権兵衛首相を総裁とした「帝都復興審議会」を創設する事で大きな復興計画が動き始める。

第二次山本内閣の内務大臣に就任した後藤新平(ごとうしんぺい)は帝都復興院を設立し、大阪市の港湾計画や都市計画に従事した直木倫太郎を技監に据えて、自らは総裁を兼務した。

江戸時代以来の東京の街の大改革を行い、道路拡張や区画整理などインフラ整備も大きく進み、この震災後に日本で初めてラジオ放送が開始される。

その一方で、第一次世界大戦終結後の不況下に在った日本経済にとっては、震災手形問題や復興資材の輸入超過問題などが生じて居た。

結果、経済の閉塞感がいっそう深刻化し、後の昭和恐慌に至る長い景気低迷期に入って行く。

関連小論・【巨大地震記録・年表】に飛ぶ。
関連小論・【インディアン嘘つかない・・・偽(いつわ)り】に飛ぶ。
関連小論・【南海トラフ巨大地震・「東海地震と三連動の記録史」】に飛ぶ。
関連小論・【首都直下型巨大地震の記録史】に飛ぶ。

地震関連記事
日本最古の大地震の記録】に飛ぶ。
富士山・貞観大噴火(じょうがんだいふんか)】に飛ぶ。
奥州・貞観大地震津波(じょうがんだいじしんつなみ)】に飛ぶ。
元慶地震(がんぎょうじしん)】に飛ぶ。
天正大地震(てんしょうおおじしん)】に飛ぶ。
富士山・宝永大噴火(ほうえいだいふんか/巨大地震)】に飛ぶ。
延宝・房総沖地震(えんぽうぼうそうおきじしん)】に飛ぶ。
元禄大地震(げんろくおおじしん)】に飛ぶ。
安政大地震(あんせいおおじしん)】に飛ぶ。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2012-01-23 02:24 | Comments(0)  

<< 元禄大地震(げんろくおおじしん... 後藤新平(ごとうしんぺい) >>