「ほっ」と。キャンペーン

白鳳地震(はくほうじしん)

六百八十四年(天武十三年十一月二十九日)地殻変動が起こり、「白鳳地震(はくほうじしん/東海 東南海 南海連動?)」が発生する。

西日本太平洋沿岸に推定マグニチュード八~八・四の大地震が起こり、山崩れや家屋・社寺の倒壊多数が記録されている。

白鳳地震(はくほうじしん)は天武地震(てんむじしん)とも呼ばれ、白鳳時代(飛鳥時代後期の天武帝の御世)に起きた、南海トラフ沿いの巨大地震と推定される地震である。「日本書紀」に記述がある為、有史以来確かな記録の残る東海・東南海・南海連動型地震と推定される地震としては「最古のも」のとされている。

土佐国に於ける地盤沈下や津波などの「日本書紀」の記録は南海地震を示唆するが、「諸国の郡官舍及百姓倉屋、寺塔、神社が多数倒壊した」とも記録される。

この白鳳地震は、天武大王(てんむおおきみ・天皇/大海人皇子)が即位し、大和朝廷が「八色の姓(やくさのかばね)」を定めた頃の事で、詳細は正確に残っては居ない。

しかし地質調査に拠ると、「東海 東南海地震も同時期に発生した」と考えられ、調査の結果、静岡市川合遺跡の七世紀後半の砂脈痕が「東海地震震源域に相当する」とされている。

関連小論・【巨大地震記録・年表】に飛ぶ。
関連小論・【インディアン嘘つかない・・・偽(いつわ)り】に飛ぶ。
関連小論・【南海トラフ巨大地震・「東海地震と三連動の記録史」】に飛ぶ。
関連小論・【首都直下型巨大地震の記録史】に飛ぶ。

地震関連
日本最古の大地震の記録】に飛ぶ。
富士山・貞観大噴火(じょうがんだいふんか)】に飛ぶ。
奥州・貞観大地震津波(じょうがんだいじしんつなみ)】に飛ぶ。
元慶地震(がんぎょうじしん)】に飛ぶ。
天正大地震(てんしょうおおじしん)】に飛ぶ。
安政大地震(あんせいおおじしん)】に飛ぶ。
関東大震災(かんとうだいしんさい)】に飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2012-02-02 10:36 | Comments(1)  

Commented at 2012-04-02 14:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 仁和地震(にんなじしん) 宝永地震(ほうえいじしん)・と... >>