「ほっ」と。キャンペーン

仁和地震(にんなじしん)

八百八十七年(仁和三年八月二十六日)に地殻変動が起こり、「仁和地震(にんなじしん/東海 東南海 南海連動?)」が発生する。

仁和地震(にんなじしん)は平安時代前期に起きた南海トラフ沿いの巨大地震と推定される地震である。

この地震の九年前(八百七十八年)には関東地方で直下型大地震・元慶地震(がんぎょうおおじしん)、十八年前(八百六十九年)には三陸沖を震源として甚大な津波被害を伴った巨大地震・貞観地震(じょうがんじしん)が在った。

仁和地震(にんなじしん)の推定マグニチュードは八~八・五 、京都では長い地震動が在り、民家、官舎の倒壊に拠る圧死者多数でている。

特に摂津国での津波の被害が大きく、近畿地方の震害は宝永地震(ほうえいじしん)をも上回る様相を呈している。

「日本三代実録」にある畿内の甚大な被害記録は連動した南海地震を示唆するが、五畿七道諸国大震とも記録され、地質調査によると東海 東南海地震も「同時期に発生した」と考えられる。

この地震の痕跡として、静岡県富士市浮島ヶ原低地に於ける断層活動に拠る水位上昇痕が「痕跡として相当する」とされている。

ちょうど強力に成り過ぎた藤原氏の勢力をけん制・対抗する為に、宇多天皇(うだてんのう)菅原道真(すがわらのみちざね)を重用した頃の出来事だった。

関連小論・【巨大地震記録・年表】に飛ぶ。
関連小論・【インディアン嘘つかない・・・偽(いつわ)り】に飛ぶ。
関連小論・【南海トラフ巨大地震・「東海地震と三連動の記録史」】に飛ぶ。
関連小論・【首都直下型巨大地震の記録史】に飛ぶ。

地震関連
日本最古の大地震の記録】に飛ぶ。
富士山・貞観大噴火(じょうがんだいふんか)】に飛ぶ。
奥州・貞観大地震津波(じょうがんだいじしんつなみ)】に飛ぶ。
元慶地震(がんぎょうじしん)】に飛ぶ。
天正大地震(てんしょうおおじしん)】に飛ぶ。
安政大地震(あんせいおおじしん)】に飛ぶ。
関東大震災(かんとうだいしんさい)】に飛ぶ。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2012-02-02 15:35 | Comments(0)  

<< 貞観大地震(じょうがんおおじし... 白鳳地震(はくほうじしん) >>