永長地震(えいちょうじしん)

千九十六年(嘉保三年十二月十七日)、「永長地震(東海 東南海連動)」が発生する。

永長地震(えいちょうじしん)は平安時代後期に起きた南海トラフ沿いの巨大地震と推定される地震である。

この地震は嘉保年間に起きたが、この天変地異を期に約一ヶ月後の十二月十七日に「永長」に改元され、年表上では永長元年となる事から「永長」を冠して呼ばれる。

大規模に地殻変動した永長地震の推定マグニチュードは八~八・五 、皇居(京都)の大極殿に被害があり、東大寺の巨鐘が落下、近江国の勢田橋が落ちた。

白河天皇の第二皇子・堀河天皇の御世に起きたこの地震の津波により、駿河国で民家社寺四百余が流失する。

畿内、琵琶湖、及び揖斐川付近の強震動及び伊勢国・津や駿河国の甚大な津波被害から東海・東南海連動地震と推定され、この地震の二年二ヶ月後に「康和・南海地震」が発生した。

この康和・南海地震は承徳年間に発生したが、この天変地異やこの年の夏に流行した疫病を期に康和と改元され、年表上では康和元年に相当する事から「康和」を冠して呼ばれる。

元々、康和・南海地震は畿内付近の地震とされていたが、土佐の被害記録の発見により南海地震と推定される事になって永長地震(えいちょうじしん)との連動が考えられる事になる。

関連小論・【巨大地震記録・年表】に飛ぶ。
関連小論・【インディアン嘘つかない・・・偽(いつわ)り】に飛ぶ。
関連小論・【南海トラフ巨大地震・「東海地震と三連動の記録史」】に飛ぶ。
関連小論・【首都直下型巨大地震の記録史】に飛ぶ。

地震関連
日本最古の大地震の記録】に飛ぶ。
富士山・貞観大噴火(じょうがんだいふんか)】に飛ぶ。
奥州・貞観大地震津波(じょうがんだいじしんつなみ)】に飛ぶ。
元慶地震(がんぎょうじしん)】に飛ぶ。
天正大地震(てんしょうおおじしん)】に飛ぶ。
安政大地震(あんせいおおじしん)】に飛ぶ。
関東大震災(かんとうだいしんさい)】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2012-02-03 08:49 | Comments(0)  

<< 慶長地震(けいちょうじしん) 昭和東南海地震(しょうわとうな... >>