「ほっ」と。キャンペーン

正平(康安)地震(しょうへい(こうあん)じしん)

千三百六十年(正平十五年、延文六年十一月二十一日~八月三日)、大規模な地殻変動が起こり「正平(康安)地震(東南海)」が発生する。

正平(康安)地震の推定マグニチュードは八~八・五 、また「太平記」などの記録から翌千三百六十一年に「南海地震が連続発生し(東南海 南海連動?)」と考えられる。

正平地震(しょうへいじしん)は室町時代前期(南北朝時代)に発生した南海トラフ沿いの巨大地震と推定される地震である。

この地震名の「正平」は南朝の元号から取ったものであり、北朝の元号である康安から取って康安地震(こうあんじしん)と呼称される事もある。

文献に拠れば、地震被害記録にまちまちの日付けが散見され、幾つもの地震が連動したか余震が大きかったものと見られる。

記録は主に南海地震と思われるものであるが、発掘調査により「東南海地震も連動した」と推定される。

また、これに前後して東海、東南海地震が連続発生した可能性もあり、伊勢神宮の「神宮文書」の記録から、東南海 南海地震とも考えられる。

この正平(康安)地震は、南朝勢力の衰微した南北朝時代(室町時代前期)に発生した南海トラフ沿いの巨大地震と推定される地震である。

関連小論・【巨大地震記録・年表】に飛ぶ。
関連小論・【インディアン嘘つかない・・・偽(いつわ)り】に飛ぶ。
関連小論・【南海トラフ巨大地震・「東海地震と三連動の記録史」】に飛ぶ。
関連小論・【首都直下型巨大地震の記録史】に飛ぶ。

地震関連
日本最古の大地震の記録】に飛ぶ。
富士山・貞観大噴火(じょうがんだいふんか)】に飛ぶ。
奥州・貞観大地震津波(じょうがんだいじしんつなみ)】に飛ぶ。
元慶地震(がんぎょうじしん)】に飛ぶ。
天正大地震(てんしょうおおじしん)】に飛ぶ。
安政大地震(あんせいおおじしん)】に飛ぶ。
関東大震災(かんとうだいしんさい)】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2012-02-03 10:50 | Comments(0)  

<< 推定・文治南海地震(すいてい・... 明応地震(めいおうじしん) >>