越前・加賀一向一揆(えちぜん・かがいっこういっき)

越前と加賀の一向一揆は、ほぼ百年近く続いた。

越前(福井県)一向一揆(えちぜんいっこういっき)には「富田長繁対石山本願寺と結託して一向一揆となった土一揆の戦い」と「織田信長対一向一揆の戦いとに区別される。

また加賀(石川県)一向一揆(かがいっこういっき)とは、千四百八十八年(長享二年)頃から千五百八十年(天正八年)にかけて、加賀の本願寺門徒らが中心となった一向一揆の事である。

蓮如(れんにょ)は千四百七十四年(文明六年)から翌千四百七十五年(文明七年)までの間、吉崎御坊(福井県あわら市)に滞在した。

蓮如(れんにょ)は親鸞以来の血脈相承を根拠として、北陸の浄土系諸門を次々と統合して行った。

千四百七十三年(文明五年)には富樫家党首・富樫政親(とがしまさちか/藤原利仁流)の要請を受けて加賀守護家の内紛に介入し、翌年には富樫幸千代(政親の弟)を倒した。

蓮如(れんにょ)はこの功によって守護・富樫氏の保護を受ける事を期待していた。

しかし逆に、政親は本願寺門徒の勢いに不安を感じて千四百七十五年(文明七年)に門徒の弾圧を開始、蓮如(れんにょ)は吉崎御坊を退去し、加賀の門徒は政親に追われて越中に逃れた。

所が、今度は越中砺波郡の石黒光義(越中国福光城主)が富樫政親と結んで門徒弾圧に出る。

千四百八十一年(文明十三年)に越中でも一揆(越中一向一揆)が発生し、福光城主・石黒光義が討ち取られる。

また、政親は加賀の一国支配の認知を目指して九代将軍・足利義尚(あしかがよしひさ)による六角高頼遠征(鈎の陣)に従軍したが、それに伴う戦費の拡大により、国人層が反発して越中から帰還した門徒とともに決起する。

千四百八十八年(長享二年)に蓮如(れんにょ)は、「長享の一揆」を起こし政親の代わりに富樫家を二分する勢力の富樫泰高(とがしやすたか)を守護に擁立して、政親を高尾城に滅ぼす。

九代将軍・足利義尚(あしかがよしひさ)は一向一揆の討伐を検討したが、細川政元の反対と義尚の死により一向一揆討伐と六角高頼遠征は中止となった。

以後、加賀に一向宗々主代理の一門衆(松岡寺住持蓮綱・光教寺住持蓮誓・本泉寺住持蓮悟)が在住し、次第に国人層から本願寺による加賀支配に移行して行った。

所が一門衆が、千五百六年(永正三年)に一向一揆を抑圧する周辺諸国への進撃を行って失敗(九頭竜川の戦い・般若野の戦い)した頃から、一門衆による統治に動揺を来たし始める。

続いて本願寺中央が一門衆を抑圧しようとした事から、千五百三十一年(享禄四年)には大小一揆と呼ばれる内紛に発展して多くの一門衆やこれに従った国人衆が粛清された。

千五百四十六年(天文十五年)に尾山御坊(金沢御堂)が建設され、それを拠点として北陸全体に一向一揆を拡大させた。

尾山御坊(金沢御堂)は、千五百五十五年(弘治元年)、千五百六十四年(永禄七年)の二回・朝倉氏と、千五百七十年代前半は上杉謙信と、その後は織田信長と対立した。

しかし、石山本願寺の降伏、尾山御坊の陥落により一揆は解体された。

尾山御坊を攻略したのは佐久間盛政とも前田利家だったとも言われ両説ある。

千五百七十三年(元亀三年)になって漸く、織田信長は朝倉氏(朝倉義景/あさくらよしかげ)と浅井氏(浅井長政/あざいながまさ)を相次いで滅ぼし越前国と近江国浅井領を手に入れる。

所が、越前一向一揆が起こりせっかく得た越前を一向宗に奪われてしまう。

これにより本願寺勢力は、長島・越前・石山の三ヵ所で信長に敵対していたが、信長はまず伊勢長島の一揆に大軍を動員して包囲降伏を赦さず殲滅している。

越前一向一揆に対しては、織田信長が千五百七十五年(天正三年)に武田勝頼を長篠の戦いで破り余裕が出来た処で越前に派兵を決定する。

織田軍は連戦連勝で瞬く間に越前一向一揆を制圧しその勢いで加賀一向一揆にまで兵を進め、加賀の南部に攻略拠点を築いている。

尚、千五百七十六年(天正四年)の加賀一向一揆では、信長の主要な官僚武将・簗田広正(やなだひろまさ)が討伐に失敗し尾張に召還されている。

越中国井波(いなみ/富山県南砺市)、浄土真宗大谷派の別院・井波(いなみ)瑞泉寺(ずいせんじ)は、一向一揆の北陸に置ける本拠地だった。

越中・井波城の築城年代は定かではないが、現在の瑞泉寺の東にある井波八幡宮のある丘陵に千四百五十九年~千四百八十七年(文明年間)に瑞泉寺によって築かれた一向衆の城塞である。

柴田勝家の宿将・佐々成政は越中一向宗の二大勢力と成っていた瑞泉寺を攻め、これを攻略し、その後井波城には成政の家臣・前野小兵衛が城主と成る。

しかし千五百八十五年(天正十三年)、羽柴秀吉と柴田勝家が織田家の後継争いで衝突この前野城主の井波城を、羽柴方に付いた前田利家に拠って攻略されている。

関連記事
惣国制(そうこくせい/国人衆合議に拠る自治)】に飛ぶ。
一向宗(いっこうしゅう/浄土真宗(じょうどしんしゅう)
長島一向一揆(ながしまいっこういっき)
一向一揆(いっこういっき)・石山合戦(いしやまかっせん)と顕如(れんにょ)上人

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2012-10-25 03:48 | Comments(0)  

<< 大和民族(ヤマト民族/日本人)... 長島一向一揆(ながしまいっこう... >>