「ほっ」と。キャンペーン

極東の隣国同士

日本人には歪んだ「帰属意識(民族意識)」が既成概念的に植え付けられていて、日本の皇室は高貴だから「朝鮮人を皇族の嫁になどする訳がない」と言う実に感情的な発想で、歴史を考えてしまう。

「日本人は純粋な民族である」と、過剰な民族意識から日本人が「信じたがる物語」だが、それはとんでもない誤解である。

当初の倭人(わじん)の住域に朝鮮半島も日本列島の西半分も含まれ、皇室の祖先は「朝鮮半島からやって来た」と言うのが正解である。

その後朝鮮半島と日本列島の交流が疎遠になり、歴史を刻んで各々が別の「帰属意識(民族意識)」を育てた事は否定しないが、それは同じ「倭人(わじん)同士」としての交流が途絶えて以降の事である。

「倭人(わじん)同士」としての交流から別の民族・別の国家分かれても、隣国と言う地理的条件は変えられない。

日本語の一(いち)は、韓国語では「一(ハナ)」である。

これが定着した日本語が「しょっパナ(初パナ)」や「ハナから~だった」で、何故か強烈な韓国嫌いの日本人の方も平気で使って居る。

中国語(中文/ツゥンウェン)で、聞いて判らないは「ティンプトン/聴不a�」、見て判らないは「カンプトン/観不a�」、これが定着した日本語がチンプンカンプン(理解不能)である。

つまり日本人の大半は、民族や国家の「帰属意識」のイメージ優先だけで、相手の事を然(さ)して勉強もして居ない事が、聞いて居て少し恥ずかしくなる。

こう言う半端な国粋主義者の方に限って「もう日本語に成って居る」と強弁するかも知れないが、「ハナ」も「チンプンカンプン」もカタカナ表記が正式の外来語扱いである。

つまり隣国同士は影響を受け合って今日に至るのに、とかく歴史的背景からの感情優先に成り勝ちで、互いに「とにかく気に入らない」が先に立って譲らない。

同様に相手国の人々も、隣人である日本から多くの影響を受けているのに民族や国家の帰属意識優先のイメージを膨らませて敵対感情を醸成している。

個々に遭う相手国の方々と話してみれば、それほど敵意むき出しでは無いのに、これが民族や国家の「帰属意識」が絡むと豹変してしまう。

「帰属意識」や「国家観(政治思想)」に「信仰」まで加わると、民族や国家の対立はもうどう仕様も無い。

我輩が思うに、他民族乱立の地・日本列島に於いて日本民族を成立させた知恵の様に、本来は知恵を絞って隣国人と互いに共存共栄をはかるに越した事が無い。

だが、国家の統治を安定させる目的で政府当事者が、こうした「帰属意識」や「国家観(政治思想)」を自国民に事更教育し、対立感情を煽って不満の逃げ口にしている。

確かに相手がそう言う状態では片方が努力しても話しに成らず、相応の対抗をして行かなければ成らない。

只、ここで疑問だが、そうした国々の国民が、平和で平穏な生活よりも「帰属意識」や「国家観(政治思想)」、そして「信仰」の為に「本当に死にたい」のだろうか?

特に現在の中東では、指導者の意思のままに「民族と信仰と領土」が血で血を洗う痛ましい殺戮の連鎖を引き起こしている。

そう、「殉教する事が幸せ」と教育されて育つ人々はそれを疑わないかも知れないが、それは「思想教育」の結果であって、本来、生物の一種としては「生存本能」が自然である。

つまり「殉教」など、生物学的には在り得ない事であるが、人間には「理性」と「感性」が共存してい。

いつも心して居ないと、その内の「感性」が「帰属意識」や「国家観(政治思想)」、或いは「信仰」で共鳴すると「理性」が利かない暴走をしてしまう。

隣国故の相反する歴史認識を持ち、中国も韓国も今は問答無用で「帰属意識」や「国家観(政治思想)」を日本に押し付けて来る。

哀しい事に、極東の隣国同士が本当に手を取り合わなければ、互いに良い顔をして暮らせないでは無いか?

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-01-10 03:13 | Comments(0)  

<< 殿(しんがり)と「金ヶ崎の戦い」 毘沙門天(びしゃもんてん/ヴァ... >>