「ほっ」と。キャンペーン

傅役(ふやく/お守り役)

傅役(ふやく)の傅(ふ)は傅(かしずき)と読み、皇室・貴族社会・武家社会での意味は世継ぎを大切に世話をし育てる事である。

傅役(ふやく)の始まりは律令制下の朝廷で、皇太子の指導を司(つかさ)どった役を「東宮傅(とうぐうふ)」と言う役職だったからである。

天皇の居所・皇宮から見て東方に位置する宮の御所を東宮と言う。

東は五行説で春に相当する為に春宮(とうぐう/はるのみや)とも記され、易では長子を意味する為、皇太子の居所・東宮御所(とうぐうごしょ)とされる。


従って傅役(ふやく)を簡単に言えば、高貴な立場の者の養育係の責任者で、戦国武将の大事な嫡男の傳役(ふやく/お守り役)は家臣の中でも最も信頼に足る者が選ばれた。

例えば、織田信長の傅役(ふやく)は平手政秀、豊家第二代・豊臣秀頼の傳役(ふやく)は五大老のひとり前田利家である。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-01-14 00:37 | Comments(0)  

<< 古事記・日本書紀の皇統神格化疑惑 殿(しんがり)と「金ヶ崎の戦い」 >>