神風連の乱(しんぷうれんのらん)

神風連の乱(しんぷうれんのらん)は、千八百七十六年(明治九)に熊本市で明治政府に対するこの年起こった一連の士族反乱の口火を切った反乱である。

千八百七十六年十月二十四日に旧肥後藩の士族・太田黒伴雄(おおたぐろともお)、加屋霽堅(かやはるかた)、斎藤求三郎ら、約百七十名によって結成された「敬神党」により廃刀令に反対して起こされた反乱である。

この敬神党は「神風連」の通称で呼ばれていたので、この反乱を「神風連の乱」と呼ばれている。

千八百七十六年十月二十四日の深夜、敬神党が各隊に分かれて、熊本鎮台司令官・種田政明宅、熊本県令安岡良亮宅を襲撃し、種田・安岡ほか県庁役人四名及び夫々の使用人を殺害した。

その後、全員で政府軍の熊本鎮台(熊本城内)を襲撃し、城内に居た兵士らを次々と殺害し砲兵営を制圧する。

しかし翌朝になると、政府軍側では児玉源太郎ら将校が駆けつけ、その指揮下で態勢を立て直し、本格的な反撃を開始する。

この反撃に加屋・斎藤らは銃撃を受け死亡し、首謀者の太田黒も銃撃を受けて重傷を負い、付近の民家に避難したのち自刃した。

指導者を失った事で敬神党側の敗色濃厚と成り、他の者も退却し多くが自刃し死者は百二十四名を数え、捕縛は五十名近く居た内数名は斬首に処された。

この反乱は、秩禄処分や廃刀令により、明治政府への不満を暴発させた一部士族による反乱の最初となる事件で、この事件に呼応して秋月の乱萩の乱が発生し、翌年の西南戦争へとつながる事と成る。

幕末~明治維新・人名と事変の周辺記事なら【クリックリスト】がお薦めです。

関連記事
主たる不満士族の反乱リスト】に飛ぶ。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-02-05 05:26 | Comments(0)  

<< 秋月の乱(あきずきのらん) 神国日本と徴兵令 >>