萩の乱(はぎのらん)

萩の乱(はぎのらん)は、千八百七十六年(明治九年)に山口県萩で起こった明治政府に対する士族反乱の一つである。

千八百七十六年十月二十四日に熊本県で起こった「神風連の乱」と、同年十月二十七日に起こった「秋月の乱」に呼応し、山口県士族の元参議・前原一誠、奥平謙輔ら約二百名によって起こされた反乱である。

秩禄処分や廃刀令など、旧体制の利権を奪われた士族(旧武士階級)の不満は、専業軍人(武士)だっただけに、国家の根幹に関わる重大懸念だった。

前参議・前原一誠は辞職したのち故郷で各地の不平士族と連絡を取っていたが、熊本城下での神風連の決起を聞くと旧藩校明倫館を拠点に同士を集める。

十月二十六日には前原は、県庁を挟撃する為に徳山の同士に決起を促す使者を派遣した。

十月二十八日には前原を指導者とする「殉国軍」が挙兵したが、県庁襲撃は政府側に事前に察知された為、方針を転換して天皇に直訴する為に山陰道を東上する。

しかし悪天候で出発が遅れ、一旦萩に戻った為そのまま市街戦となり、県令・関口隆吉を敗走させた。

その後、前原らは軍勢を小倉信一にまかせ別行動をとったが、小倉らは萩で三浦梧楼少将率いる広島鎮台と軍艦孟春の攻撃を受け、十一月六日までに政府軍により鎮圧された。

また、前原・奥平ら幹部七名も東京へ向かうべく船舶に乗船し萩港を出港するも、悪天候の為宇竜港(現在の出雲市内にあった)に停泊中、十一月五日に島根県令・佐藤信寛らに逮捕された。

なお、前原は決起の前に元会津藩士で親交のあった永岡久茂と連絡を取っており、永岡は十月二十九日に千葉県庁襲撃未遂事件(思案橋事件)を起こしている。

萩の乱(はぎのらん)鎮圧後の十二月三日に萩で関係者の判決が言い渡され、首謀者とされた前原と奥平は即日斬首された。

幕末~明治維新・人名と事変の周辺記事なら【クリックリスト】がお薦めです。

関連記事
主たる不満士族の反乱リスト】に飛ぶ。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。
未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)
未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-02-05 05:33 | Comments(0)  

<< 主たる不満士族の反乱リスト 秋月の乱(あきずきのらん) >>