宗良親王(むねながしんのう)

後醍醐天皇の皇子で、金ヶ崎の戦いに敗れて散った尊良親王(たかながしんのう)の弟に宗良親王(むねながしんのう)が居る。

千三百三十年(元徳二年)には天台座主に任じられるも、元弘の変により捕らえられ讃岐国に流罪となる。

父・後醍醐帝の鎌倉幕府倒幕が成功し、建武の新政が開始されると再び天台座主となる。

しかし足利尊氏(あしかがたかうじ)が反旗を翻し、建武の新政が崩壊して南北朝の対立が本格化すると還俗して宗良(むねなが)を名乗り、大和国吉野(奈良県)の南朝方として活躍をするようになる。

千三百三十八年(暦応元年/延元三年)には、宗良親王(むねながしんのう)は義良親王(のりながしんのう)と伴に北畠親房(きたばたけちかふさ)に奉じられて伊勢国大湊(三重県伊勢市)より陸奥国府(福島県伊達郡霊山町)へ渡ろうとする。

しかし宗良親王(むねながしんのう)が乗船した船が、暴風に遭って座礁により遠江国(静岡県西部)に漂着し、井伊谷の豪族・井伊道政(いいみちまさ)のもとに身を寄せる。

もう一方の義良親王(のりながしんのう)の船は、その暴風で伊勢に漂着し、船団は離散している。

千三百四十年(暦応三年、興国元年)に足利方の高師泰(こうのもろやす)・仁木義長(にっきよしなが)らに攻められて井伊谷城が落城するも宗良親王(むねながしんのう)は脱出する。

余談だが、この井伊谷の豪族・井伊道政(いいみちまさ)の後裔が徳川家康(とくがわいえやす)の寵愛を得て、彦根藩・井伊家を再興した井伊直政(いいなおまさ)に、そして幕末の大老・井伊直弼(いいなおすけ)へと繋がって行く。


その後、越後国(新潟県)の寺泊(現、新潟県長岡市)や、越中国(富山県の放生津(現、富山県射水市)などに滞在した記録が在る。

千三百四十四年(興国五年/康永三年)に信濃国(長野県)伊那郡の豪族・香坂高宗(滋野氏支流望月氏の一族)に招かれ、大河原(現、長野県大鹿村)に入った。

南北朝時に「信濃宮」と呼ばれた宗良親王(むねながしんのう)を奉じて内ノ倉(現在の御所平)に仮御所を設け、三十年に渡って信濃の地に庇護した伊那郡の豪族・香坂高宗(こうさかたかむね)も南朝の忠臣である。

香坂高宗(こうさかたかむね)は信濃望月氏の一族とされ、信濃望月氏一族の多くが、信濃宮・宗良親王(むねながしんのう)に与して南朝方として戦っている。

参考リスト【正中(しょうちゅう)の変から室町幕府成立までの主な登場人物と主な出来事】<=クリックがお薦めです。

詳しくは、関連小論・【真言密教立川流の解説】に参照下さい。
詳しくは、関連小説・【異聞・隠された明治維新】を参照下さい。

関連記事
大覚寺統(だいかくじとう)】に飛ぶ。
持明院統(じみょういんとう)】に飛ぶ。
大塔宮(おおとうのみや)/護良親王(もりながしんのう)】に飛ぶ。
義良親王(のりながしんのう/後の南朝・後村上天皇)】に飛ぶ。
懐良親王(かねながしんのう)】に飛ぶ。
良光親王(ながみつしんのう)】に飛ぶ。
建武の新政(親政/けんむのしんせい)と南北朝並立】に飛ぶ。
真言密教立川流と後醍醐天皇の子沢山】に飛ぶ。

第二巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-03-11 00:15 | Comments(0)  

<< 満良親王(みつながしんのう) 尊良親王(たかながしんのう) >>