千姫(せんひめ/天樹院)

江戸末期まで、氏族の女性は嫁いでも実家の姓を名乗った。

千(せん)は徳川秀忠浅井江(あざいごう)の娘であるから、正式な名乗りは徳川千(とくがわせん)である。

大名家の姫であるから通称が千姫(せんひめ)である。


千五百九十七年(慶長二年)四月十一日、千姫(せんひめ)は徳川秀忠と正室・浅井江(あざいごう)の長女として、山城国伏見城内の徳川屋敷で産まれる。

浅井江(あざいごう)は、徳川秀忠への輿入れが再々婚に当たり、つまり結婚は三度目になる。

千六百三年(慶長八年)に千姫(せんひめ)は七歳で豊臣秀頼と結婚し、乳母の刑部卿局(異母姉/浅井長政の娘)と伴に大坂城に入る。

千六百十五年(慶長二十年)の大坂夏の陣では、祖父・徳川家康の命により千姫(せんひめ)は落城する大坂城から救出される。

その後、秀頼と側室の間の娘・天秀尼が処刑されそうになった時に千姫(せんひめ)は彼女を自らの養女にして命を助ける。

千六百十六年(元和二年)、千姫(せんひめ)は徳川家康重臣・桑名藩主・本多忠政の嫡男・本多忠刻と結婚する。

この時、津和野藩主・坂崎直盛が輿入れの行列を襲って千姫(せんひめ)を強奪する計画を立てている事が発覚する。

直盛直盛は自害(もしくは家臣により殺害説在り)、坂崎氏は改易処分となる「千姫事件」を引き起こす。

千六百十六年(元和二年)九月二十六日に、千姫(せんひめ)は桑名城に着いた。

この時千姫(せんひめ)は、父・徳川秀忠から「十万石の化粧料を与えられた」と伝えられる。

翌年の千六百十七年(元和三年)、本多家が播磨姫路に移封になった時には八月二十八日に桑名を発って姫路城に移って、千姫(せんひめ)は播磨姫君と呼ばれるようになる。

翌千六百十八年(元和四年)には長女・勝姫(後に池田光政正室、池田綱政生母)、千六百十九年(元和五年)には長男・幸千代が生まれた。

この千姫(せんひめ)の結婚生活、順調に行くかと想われたが、千六百二十一年(元和七年)に本多幸千代が三歳で没した。

続いて、千六百二十六年(寛永三年)には夫・忠刻、姑・熊姫、母・江が次々と没するなど不幸が続いた。

この不幸の連鎖に、前夫・豊臣秀頼の呪いを噂されるなどして千姫(せんひめ)は本多家を娘・勝姫と共に出る事となった。

千姫(せんひめ)は江戸城に入り、出家して天樹院と号し、娘・本多勝(ほんだかつ)とニ人で竹橋の邸で暮らした。

千六百二十八年(寛永五年)に勝姫(本多勝)が父・秀忠の養女として池田光政の元へ嫁ぎ、千姫(せんひめ)は一人暮らしとなる。

千姫(せんひめ)は池田家に嫁いだ一人娘の事を心配し、「天樹院書状」を送っている。

千六百三十二年(寛永九年)父・秀忠が薨去する。

千六百三十九年(寛永十六年)光政と勝姫の嫡男・興輝(おきてる)、後の池田綱政(千姫の外孫)が誕生した。

千六百四十四年(正保元年)、千姫(せんひめ)は迷信を避ける為に江戸城から移った弟・徳川家光の側室・夏(後の順性院)とその後生まれた家光の三男・綱重(つなしげ)と暮らすようになる。

この事で千姫(せんひめ)は、大奥で大きな権力を持つようになったとされる。


紛らわしい放しだが、秀忠の三女に千姫の娘・本多勝(ほんだかつ)と同じ名前の実妹・勝姫(徳川勝)が居る。

その妹・勝姫(徳川勝)が従兄で越前国福井藩主の松平忠直(伯父・結城秀康の嫡男)と結婚していた。

その後勝姫(徳川勝)の夫・松平忠直は乱行を理由に廃されて豊後大分に配流される。

松平忠直配流の翌千六百二十四年(寛永元年)、忠直嫡男・松平光長は越後高田藩二十六万石弱に移される。

入れ替わりに英勝院の縁によって越後高田藩で別家二十六万石弱を与えられていた忠直弟(秀康の次男)の松平忠昌が五十万石で後釜に移封され、福井藩の主な家臣、藩領を継承する。

千六百五十五年(寛文五年)この忠直弟・松平忠昌の子で福井藩主・松平光通と越後高田藩・松平光長の娘・国(国姫)との間に婚姻の話が持ち上がる。

天樹院・千姫(せんひめ)はこの婚姻に関して、嫁側である越後高田藩の勝姫(越後高田藩主・松平光長の母)に依頼されて、幕府に対して介入を行っている。

千六百五十七年(明暦三年)の明暦の大火で竹橋の邸が焼失した時には、叔父の徳川頼宣(紀州藩主)の屋敷に一時寄留する。

天樹院・千姫(せんひめ)は千六百六十六年(寛文六年)、七十歳で江戸に死去した。


千姫事件(せんひめじけん)】に続く。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-06-27 21:25 | Comments(1)  

Commented by 仙界 at 2015-05-14 20:42 x
 千姫の母・江と秀頼の母・淀は姉妹の関係。姉妹同士の子供が交配すると血が濃くなり、奇形児が生まれてくる可能性が高いので
子供を授かることは諦めていた縁談なのではなかろうか・・・?
Commented by mmcjiyodan at 2015-05-17 07:18
> 仙界さん、御認識に時代錯誤が在ります。
ご指摘の通り、いとこ同士の結婚は遺伝子学的には生まれて来るお子さんに不安が在ります。
ただ、千姫が豊臣秀頼と結婚した千六百年頃の人々に、いとこ同士の結婚に対する問題知識への認識などありません。
あなたは現代の遺伝子学的知識を、四百年以上前の時代に当て嵌めていませんか?

それに現代でも、いとこ同士の結婚は民法では認められています。

<< 富士山の名称の謂(いわ)れ〔二〕 本多忠政(ほんだただまさ) >>