「ほっ」と。キャンペーン

川端康成(かわばたやすなり)

川端康成(かわばたやすなり)は、日本人初のノーベル文学賞受賞作家である。

康成(やすなり)は千八百九十九年(明治三十二年)、済生学舎卒の医師・栄吉を父に、ゲンを母に大阪市北区此花町(現在の天神橋付近)に生れる。

まだ康成(やすなり)が二歳の千九百一年(明治三十四年)に父が死去、母の実家がある大阪府西成郡豊里村(現在の大阪市東淀川区)に移ったが、翌千九百二年に(明治三十五年)に母も死亡する。

祖父の三八郎、祖母のカネと一緒に摂津・三島郡豊川村(現在の茨木市)に移った。

千九百六年に(明治三十九年)九月に祖母が死に、千九百六年に(明治三十九年)には別居していた姉・芳子も死亡した。

千九百十二年(明治四十五年/大正元年)、康成(やすなり)は大阪府立茨木中学校(現在の大阪府立茨木高等学校)に首席で入学する。

しかし二年後、最後の身内である祖父・三八郎が死去した為、康成(やすなり)を豊里村の黒田家が引き取ったが、中学校の寄宿舎に入りそこで生活を始めた。

茨木中学校の下級生には、ジャーナリストでノンフィクション作家の大宅壮一が在学していた。

康成(やすなり)が作家を志したのは中学二年の時で、千九百十六年(大正五年)から「京阪新報」に小作品を、「文章世界」に短歌を投稿するようになる。

康成(やすなり)は千九百十七年(大正六年)に茨木中学校を卒業すると上京し、浅草蔵前の従兄の家に居候し、予備校に通い始める。

その成果で、康成(やすなり)は第一高等学校の一部乙、英文科に入った。

後年「伊豆の踊子」で書かれる旅芸人とのやりとりは、翌千九百十八年(大正七年)の秋に伊豆へ旅行した時のものである。

その後十年間、康成(やすなり)は伊豆湯ヶ島湯本館へ通うようになっている。

千九百二十年(大正九年)、康成(やすなり)は第一高等学校を卒業し、東京帝国大学文学部英文学科に入学する。

東京帝国大同期には北村喜八、本多顕彰、鈴木彦次郎、石濱金作らがいた。

同千九百二十年(大正九年)、康成(やすなり)は今東光、鈴木彦次郎、石濱、酒井真人と共に同人誌・「新思潮(第六次)」の発刊を企画し、英文学科から国文学科へ移った。
翌千九百二十一年(大正十年)、「新思潮(第六次)」を創刊、同年そこに発表した「招魂祭一景」が菊池寛(きくちかん)らに評価される。

康成(やすなり)は、千九百二十三年(大正十二年)に菊池寛(きくちかん)に拠って創刊された「文藝春秋」の同人となった。

国文科に転じた事もあり、東京帝国大学に一年長く在籍したが、千九百二十四年(大正十三年)に「日本小説史小論」を卒論に卒業した。

同千九百二十四年(大正十三年)、康成(やすなり)は横光利一、片岡鉄兵、中河与一、佐佐木茂索、今東光ら十四人と伴に同人雑誌「文藝時代」を創刊する。

「文藝時代」には、「伊豆の踊子」などを発表した。

千九百二十六年(大正十五年/昭和元年)、康成(やすなり)は処女短篇集・「感情装飾」を刊行する。

この年、千九百二十六年(大正十五年/昭和元年)、康成(やすなり)は青森県八戸市の松林慶蔵の三女・秀子と結婚する。

千九百二十七年(昭和二年)、康成(やすなり)は秀子夫人とともに豊多摩郡杉並町馬橋(高円寺)に移転する。

移転先の杉並町で、同人雑誌・「手帖」を創刊し、のちに「近代生活」、「文学」、「文学界」の同人となった。

その後康成(やすなり)は、「雪国」、「禽獣」などの作品を発表し、千九百三十七年(昭和十二年)に「雪国」で文芸懇話会賞を受賞する。

千九百四十四年(昭和十九年)、「故園」、「夕日」などにより菊池寛賞を受賞し、この頃三島由紀夫が持参した「煙草」を評価する。

康成(やすなり)は、三島由紀夫を文壇デビューさせたその師的存在である。


千九百四十五年(昭和二十年)、康成(やすなり)は作家仲間の志賀直哉の推薦で海軍報道班員(少佐待遇)となり、山岡荘八と鹿屋へ趣き、神風特別攻撃隊神雷部隊を取材する。

この取材で、同行した山岡荘八は作家観が変わるほどの衝撃を受け、康成(やすなり)は「生命の樹」を執筆している。

千九百四十五年(昭和二十年)八月十五日の終戦を経て、康成(やすなり)は「千羽鶴」、「山の音」などを断続発表しながら千九百四十八年(昭和二十三年)に日本ペンクラブ第四代会長に就任する。

千九百五十八年(昭和三十三年)、康成(やすなり)は国際ペンクラブ副会長に就任し、以後国際的文壇で活躍する。

千九百六十八年(昭和四十三年)十一月、「日本人の心情の本質を描いた、非常に繊細な表現による叙述の卓越さ」を評価し康成(やすなり)に対してノーベル文学賞受賞が決定した。

受賞から三年半、千九百七十二年(昭和四十七年)四月十八日、神奈川県逗子市のマンション「逗子マリーナ」の自室・仕事部屋で、康成(やすなり)が死亡しているのが発見された。

康成(やすなり)七十二歳、ガス管を咥え絶命しているところを発見され、自殺と報じられた。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-09-15 01:22 | Comments(0)  

<< 江戸川乱歩(えどがわらんぽ) 永井荷風(ながいかふう) >>