「ほっ」と。キャンペーン

戸田康光(とだやすみつ)と戸田松平家

戸田氏は三河国渥美郡二連木城(愛知県豊橋市)や田原城(愛知県田原市)に拠った国人領主家である。

その三河国渥美郡に根拠地をもった戸田氏からは、徳川氏に属して多くの近世大名・旗本、大藩重臣を輩出した。

三河国の戸田氏は、藤原北家・藤原公季流・正親町三条家の末裔と伝わり、古い時代に於いては十田(とだ)と記した例もある。


戸田氏の運命が大きく動いたのは、三河国に勢力を持っていた松平氏の勢力が弱まった戦国中期だった。

戸田氏や牧野氏を抑え、三河を統一しかけていた松平清康(まつだいらきよやす)の急死により、松平氏の隆盛には陰りが見えはじめていた。

清康(きよやす)の跡を継いでいた松平広忠(まつだいらひろただ)は織田氏の圧迫を受け、嫡男の松平竹千代(後の徳川家康)を今川氏の人質に出す事を条件に後援を申し入れていた。

この時、人質として送られる松平竹千代(後の徳川家康)の今川領・駿河国までの護衛を命じられていたのが戸田氏だった。

松平竹千代(後の徳川家康)の護衛役を命ぜられた戸田家の当主・戸田康光(とだやすみつ)は、三河に於ける今川方の有力な戦国武将で在った

所が先年、今川義元(いまがわよしもと)に一門の戸田宣成(とだのぶなり)が滅ぼされた事を深く恨み、同じ末路をたどる事を恐れて尾張の織田氏に寝返ろうとした。

康光(やすみつ)は松平竹千代を駿河に送ると見せかけ、織田家に通じて今川氏から離反した。

今川氏の仇敵・織田氏に松平竹千代を届けた為に、これに怒った今川義元(いまがわよしもと)は、田原に兵を差し向ける。

今川氏の追討を受け、康光(やすみつ)は田原城に籠って奮戦するが衆寡敵せず嫡男・尭光(たかみつ)と共に討死し、田原・戸田氏は滅亡した。

宗家が壊滅した為、分家して仁連木戸田家を立てていた仁連木城主で康光次男の宣光(のぶみつ)は今川氏についてその命脈を保ち、宣光系の嫡流が戸田宗家となった。

その後戸田宗家は、棟梁の今川義元(いまがわよしもと)が桶狭間の戦い織田信長に討たれて今川家が弱体化し、三河に独立した松平元康(徳川家康)に臣従する。

戸田氏の嫡流・戸田(松平)康長(宣光系)は徳川家康の異父妹・松(久松俊勝の娘)と婚姻して戸田宗家(宣光系)は松平家の家名を下され、戸田松平家と呼ばれた。

その戸田(松平)康長以降、松平丹波守の称号を継承し、葵の紋所を許されるなど江戸幕府より厚遇され江戸十八松平のひとつとして数えられた。

嫡流家(宣光系)は、主に信濃国松本藩(七万石/松本城)を与えられている。

支流には主に宇都宮藩として七万石を与えられていた光忠系、主に美濃国大垣藩主として美濃に十万石を許されていた一西系など、譜代大名としては六家が幕末に至った。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-12-05 17:48 | Comments(0)  

<< 岐阜城(ぎふじょう) 長元の乱(ちょうげんのらん)=... >>