「ほっ」と。キャンペーン

岐阜城(ぎふじょう)

岐阜城(ぎふじょう)は、岐阜県岐阜市(旧・美濃国井之口)の金華山(稲葉山)にある山城で、元は斎藤氏が居城とする稲葉山城だった。

元々は美濃守護代・斎藤利永が、室町期に金華山(稲葉山)に在った廃城を修復して居城とし、代々斎藤氏が居城としていた。

千五百二十五年(大永五年)斎藤氏家臣の長井長弘と長弘の養子・長井新左衛門尉(斎藤道三の父)が謀反を起こして斎藤氏の居城・稲葉山城を攻撃、城は長井氏の支配下となる。

千五百三十三年(天文二年)、長井家を継いだ新左衛門尉(斎藤道三の父)が没すると、その子・長井新九郎規秀(斎藤利政/後の斎藤道三)が後を継ぎ城主となる。

美濃国守護代になっていた斎藤利政(斎藤道三)が下克上を起こし、千五百四十一年(天文十年)美濃国守護土岐頼芸(ときよりのり)を追放する。

千五百四十一年(天文十年)・織田信長の父・織田信秀が頼芸派(よりのりは)の家臣に助勢して稲葉山城下まで攻め入る「加納口の戦い」を起こすも大敗する。

千五百五十四年(天文二十三年)美濃国国主・斎藤利政(斎藤道三)、居城・稲葉山城と家督を嫡子の斎藤義龍に譲り剃髪、道三と号する。

千五百五十六年(弘治二年)父・道三と不仲になっていた二代・斎藤義龍が長良川の戦いにより道三を討ち取る。

千五百六十一年(永禄四年)、 義龍の急死により、三代・斎藤龍興が十三歳で家督を継ぎ、城主となる。

千五百六十七年(永禄十年)織田信長が、美濃国主・斎藤龍興から美濃国と稲葉山城を奪取し、稲葉山城の縄張りを破却して、新たに造営したものが岐阜城である。

山城の岐阜城の麓(ふもと)に館を増築して城の付属とし、その館を迎賓館として活用した。

阜城岐は、織田信長が近江国に安土城を建設、嫡子・織田信忠を岐阜城の城主にするまで信長の居城だった。

第三巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-12-14 10:03 | Comments(0)  

<< 金峰山寺(きんぷせんじ) 戸田康光(とだやすみつ)と戸田松平家 >>