金峰山寺(きんぷせんじ)

金峯山寺(きんぷせんじ)は、奈良県吉野郡吉野町にある金峰山修験本宗(修験道)の本山で、本尊は蔵王権現、開基(創立者)は役小角(えんのおづぬ)と伝えられる。

総本山・金峯山寺の所在する吉野山は、古来より山桜(ヤマザクラ)の名所として知られ、南北朝時代には後醍醐天皇方・南朝(吉野朝)の中心地で、吉野御所が在った。

「金峯山」とは、単独の峰の呼称ではなく、奈良県吉野郡の吉野山(吉野町)と、その南方二十数キロの大峯山系に位置する同郡・山上ヶ岳(天川村)を含む山岳霊場を包括した名称である。

吉野・大峯山系は古代から山岳信仰の聖地であり、平安時代以降は霊場として多くの参詣人を集めてきた。

吉野・大峯の霊場は、和歌山県の高野山と熊野三山、及びこれら霊場同士を結ぶ巡礼路とともに世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成要素となっている。

第二巻・第二話】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2013-12-18 00:11 | Comments(0)  

<< ランナーズハイの陶酔 岐阜城(ぎふじょう) >>