海幸彦・山幸彦伝説(うみさちひこ・やまさちひこでんせつ)

山幸彦・海幸彦(やまさちひこ・うみさちひこ)は、「古事記日本書紀」に記された日本の神話である。

主に「海幸山幸(うみさちやまさち)」と呼ばれ、神話に多い神婚説話、理想郷に留まる内容であり、「民話・浦島・竜宮伝説(うらしま・りゅうぐうでんせつ)」の基となっている。

海幸彦・山幸彦の誕生地、生活などの伝説は、天孫降臨伝説の地・日向国(宮崎県)の宮崎平野に集中している。


古事記に於いて「山幸彦」の別名は火遠理命(ほおりのみこと)、日本書紀に於いて「山幸彦」の別名は彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)である。

神武大王(じんむおおきみ/初代天皇)の祖父に当たる火遠理命(ほおりのみこと)は、瓊々杵尊(ににぎのみこと)と九州南部に勢力を持っていた隼人族(先住弥生人)の木花開耶姫(このはなさくやひめ)の子である。

瓊々杵尊(ににぎのみこと)と木花開耶姫(このはなさくやひめ)は、神婚説話の誓約(うけい)に拠って結ばれた。

しかし木花開耶姫(このはなさくやひめ)が懐妊した時、瓊々杵尊(ににぎのみこと)に「自分の子ではない」と疑われる。

木花開耶姫(このはなさくやひめ)がその疑いを晴らす為に産屋に火をかけて、その火の中で生んだ三人の子の末(第三子)が火遠理命(ほおりのみこと)である。

その第三子の名の由来は、火が消えかけた時に生まれたので「火遠理命(ほおりのみこと)と名付けた」とする。

また 古事記に於いて「海幸彦」の別名は火照命(ほでりのみこと)、日本書紀に於いて「海幸彦」の別名は火闌降命(ほすせりのみこと)である。

火須勢理命(ほすせりのみこと)は、瓊々杵尊(ににぎのみこと)と木花開耶姫(このはなさくやひめ)の子で、一夜で身蘢った為に、瓊々杵尊(ににぎのみこと)に国津神(くにつかみ)の子ではないかと疑われる。

木花開耶姫がその疑いを晴らす為に火中で生んだ三人の子の第二子が、火須勢理命(ほすせりのみこと)である。

なお、この「海幸山幸(うみさちやまさち)」には古事記と日本書紀では違う内容の異伝が在り、伝承の内容に於いて明確ではない。

また神々の尊称表記も、同一の神で本文章表記以外にも多種類の表記が存在する。


こうした「古事記・日本書紀」に於ける伝説で、山の猟が得意な山幸彦(弟・火遠理命)と、海の漁が得意な海幸彦(兄・火照命又は火闌降命)の存在を実話に照らすと日本列島に渡来して来た二民族に結び付く。

いずれにしても、天武天皇(てんむてんのう/大海人皇子)から桓武天皇(かんむてんのう)の御世に掛けて編纂された「古事記・日本書紀編纂」の目的は、統治の正当性を補完する皇統の神格化であるから、その目的の為に実史にアレンジを加えて成立させた物語である。

日本列島に於ける単一日本民族の成立過程で起こった経緯が、渡来系の加羅族(からぞく/農耕山岳民族)呉族(ごぞく/海洋民族)、そして先住原縄文人(蝦夷/えみし)の、三つ巴の多民族の地だった事に拠る部族対立回避の知恵が大和合である。

大和大国(やまとのおおくに)の大和(やまと)は大和合(だいわごう)で、大和合の大国(おおくに)と実に判り易い。

黎明期の日本列島は都市国家もどきの倭の国々で、国主(くにぬし/国造・くにのみやっこ)も県主(あがたのぬし)も、大和合する以前は基本的に部族国家の王である。

つまり、山の猟が得意な「山幸彦」が「渡来系・加羅族(からぞく/農耕山岳民族)」であり、海の漁が得意な「海幸彦」が「渡来系・呉族(ごぞく/海洋民族)」と言う事に成る。

詳しくは、小論【山幸彦・海幸彦(やまさちひこ・うみさちひこ)と浦島・竜宮伝説】を参照下さい。

日本の伝説リスト】に転載文章です。

関連記事
浦島・竜宮伝説(うらしま・りゅうぐうでんせつ)】に飛ぶ。

詳しくは、小論【大和民族(ヤマト民族/日本人)の成立過程】を参照下さい。

詳しくは、小論【天照大神・天の岩戸伝説は只の神話か?】を参照下さい。

第一巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2014-03-15 00:48 | Comments(0)  

<< 山木(平)兼隆(やまき・たいら... 「河野談話」と曖昧文化 >>