河本大作(こうもとだいさく)

張作霖爆殺事件(ちょうさくりんばくさつじけん)は、関東軍参謀・河本大作(こうもとだいさく)大佐によって「橋梁に爆弾が仕掛けられ実行された」が定説である。

河本大作は、千八百八十三年(明治十六年)一月二十四日、兵庫県佐用郡三日月村(現佐用町)に、地主の子として生まれた。

大作は高等小学校、大阪陸軍地方幼年学校、中央幼年学校を経て、千九百三年明治三十六年)十一月に陸軍士官学校(第十五期、卒業順位九十七番、歩兵科)を卒業。

翌千九百四年、大作は日露戦争に出征、重傷を負う。

千九百十四年(大正三年)に、大作は陸軍大学校(第二十六期、修了順位二十四番)を卒業し、軍人として順調に出世を重ねた。

千九百二十八年(昭和三年六月)、大作は階級が大佐で関東軍参謀時、張作霖爆殺事件を起し、停職、待命、予備役編入となる。

勝手に軍事行動を起こしたこの暴挙は、天皇の軍統帥権を犯す大罪の筈だった。

当時首相の田中義一は当初日本軍が関与した可能性があり事実ならは厳正に対処すると昭和天皇裕仁陛下(しょうわてんのうひろひとへいか)に報告した。

しかし後の報告では関与の隠蔽を図った為、昭和天皇の怒りを買い、田中内閣の総辞職につなかった。


予備役編入後、大作は関東軍時代の伝手を用いて、千九百三十二年(昭和七年)に南満州鉄道の理事、千九百三十四年(昭和九年)には満州炭坑の理事長となった。

大作への関東軍の支援は続き、千九百四十二年(昭和十七年)、第一軍参謀長・陸軍少将の花谷正の斡旋により国策会社山西産業株式会社の社長に就任、満州国内の有力財界人となる。

大作は、ソ連軍の満州侵入後、山西産業は中華民国政府に接収されるも中華民国政府の指示により西北実業建設公司(旧・山西産業)の最高顧問に就任し中国で生活を続けた。

大作は中国国民党の山西軍に協力して中国共産党軍と戦ったが、千九百四十九年(昭和二十四年)には中国共産党軍は太原を制圧する。

大作は共産党軍の捕虜となり、戦犯として太原収容所に収監された。

六年後の千九百五十五年(昭和三十年)八月二十五日、元陸軍大佐・河本大作は収容所にて七十二歳で病死した。

結局の所、河本大作(こうもとだいさく)は祖国日本との縁が切れても、「国益」とは関わらない個人資格の功名心で中国共産党軍と戦ったただの好戦主義者ではなかったのか?

なお、陸軍士官学校第十五期の大作は、陸軍大将・乃木希典(のぎまれすけ)の次男・保典(やすすけ/歩兵少尉、日露戦争で戦死)と同期である。

関連小論・【張作霖爆殺事件・柳条湖事件の陰謀】を参照下さい。

関連記事
日清戦争(にっしんせんそう)】に飛ぶ。
日露戦争(にちろせんそう)】に飛ぶ。
関東軍(かんとうぐん)】に飛ぶ。
富国強兵と財閥・軍閥】に飛ぶ。
国益(こくえき)と神風伝説(かみかぜでんせつ)】に飛ぶ。
高橋是清(たかはしこれきよ)】に飛ぶ。
張作霖爆殺事件(ちょうさくりんばくさつじけん)】に飛ぶ。
柳条湖事件(りゅうじょうこじけん)】に飛ぶ。
満州事変(まんしゅうじへん)】に飛ぶ。
国連連盟脱退(こくさいれんめいだったい)】に飛ぶ。
満州国建国(まんしゅうこくけんこく)】に飛ぶ。
ノモンハン事件(ノモンハンじけん)】に飛ぶ。
盧溝橋事件(ろこうきょうじけん)】に飛ぶ。
軍閥・財閥と二・二六事件】に飛ぶ。
日華事変(にっかじへん)】に飛ぶ。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2015-04-11 12:29 | Comments(0)  

<< 五・一五事件(ご・いち・ごじけん) 類人猿・ボノボ >>