「ほっ」と。キャンペーン

五・一五事件(ご・いち・ごじけん)

五・一五事件(ご・いち・ごじけん)は、千九百三十二年(昭和七年)五月十五日に日本で起きた反乱事件である。

武装した大日本帝国海軍の青年将校たちが総理大臣官邸に乱入し、内閣総理大臣・犬養毅を殺害した。


この事件の計画立案・現場指揮をしたのは海軍中尉・古賀清志で、第一次上海事変に出征して戦死した藤井斉(ふじいひとし)とは同志的な関係を持っていた。

事件は、千九百三十二年(昭和七年)二月から三月にかけて発生した連続テロ(政治暗殺事件)・血盟団事件に続く昭和維新の第二弾として決行された。

古賀中尉は昭和維新を唱える海軍青年将校たちを取りまとめるだけでなく、著名な思想家・大川周明らから資金と拳銃を引き出させた。

農本主義者で「愛郷塾」主宰・橘孝三郎を口説いて、主宰する愛郷塾の塾生たちを農民決死隊として組織させた。

時期尚早と言う陸軍側の予備役少尉・西田税を繰りかえし説得して、後藤映範(ごとうえいはん)ら十一名の陸軍士官候補生を引き込んだ。

三月三十一日、古賀中尉と中村義雄海軍中尉は土浦の下宿で落ち合い、第一次実行計画を策定した。


決行日の五月十五日は日曜日で、犬養首相は終日官邸にいた。

第一組九人は、海軍中尉・三上卓以下五人を表門組、海軍中尉・山岸宏以下四人を裏門組として二台の車に分乗して首相官邸に向かう。

彼らは午後五時に二十七分頃に官邸に侵入、警備の警察官を銃撃し重傷を負わせ、内一名が五月二十六日に死亡している。

三上中尉は食堂で犬養首相を発見すると、ただちに拳銃を犬養首相に向け引き金を引いたが、たまたま弾が入っていなかった為に発射されず、犬養首相に制止された。

そして犬養毅首相自らに応接室に案内され、そこで犬養首相の考えやこれからの日本の在り方などを聞かされようとしていた。

その後、裏から突入した黒岩隊が応接室を探し当てて黒岩勇予備役海軍少尉が犬養首相の腹部を銃撃、次いで三上中尉が頭部を銃撃し、犬養首相に重傷を負わせた。

襲撃者らは、銃撃後すぐに去った。

それでも犬養首相はしばらく息があり、すぐに駆け付けた女中のテルに「今の若い者をもう一度呼んで来い、よく話して聞かせる」と強い口調で語ったと言うが、次第に衰弱し、深夜になって絶命した。

首相官邸以外にも別の襲撃組に、内大臣官邸、立憲政友会本部、警視庁、変電所、三菱銀行などが襲撃されたが、いずれも被害は軽微であった。

千九百三十二年(昭和七年)六月十五日、資金と拳銃を提供したとして思想家・大川周明が検挙された。

同年七月二十四日、「愛郷塾」主宰・橘孝三郎がハルビンの憲兵隊に自首して逮捕された。

同年九月十八日、拳銃を提供したとして「柴山塾」主宰・本間憲一郎が検挙され、十一月五日には 玄洋社社員・頭山秀三(頭山満の三男)が検挙された。

この五・一五事件(ご・いち・ごじけん)以後、政権と政治家は軍部寄りになり、政権の軍部への統制力が弱体化して行った。

関連小論・【張作霖爆殺事件・柳条湖事件の陰謀】を参照下さい。

関連記事
日清戦争(にっしんせんそう)】に飛ぶ。
日露戦争(にちろせんそう)】に飛ぶ。
富国強兵と財閥・軍閥】に飛ぶ。
国益(こくえき)と神風伝説(かみかぜでんせつ)】に飛ぶ。
関東軍(かんとうぐん)】に飛ぶ。
張作霖爆殺事件(ちょうさくりんばくさつじけん)】に飛ぶ。
高橋是清(たかはしこれきよ)】に飛ぶ。
柳条湖事件(りゅうじょうこじけん)】に飛ぶ。
満州事変(まんしゅうじへん)】に飛ぶ。
国連連盟脱退(こくさいれんめいだったい)】に飛ぶ。
満州国建国(まんしゅうこくけんこく)】に飛ぶ。
ノモンハン事件(ノモンハンじけん)】に飛ぶ。
盧溝橋事件(ろこうきょうじけん)】に飛ぶ。
軍閥・財閥と二・二六事件】に飛ぶ。
日華事変(にっかじへん)】に飛ぶ。

第六巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人
【このブログの一覧リンク検索リスト】=【日本史検索データ
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式WEBサイト(こうしきうぇぶさいと)


未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2015-04-14 01:41 | Comments(0)  

<< 松尾芭蕉(まつおばしょう) 河本大作(こうもとだいさく) >>