気受け(きうけ)

「気受け(きうけ)」とは、その人物に対して持つ世間に於ける好悪の感情評判の事を指し、「この人は世間の気受けが良い」と言うような用法で用いる。

一般的に人間には「良い人と評価されたい」と言う感情が在り、この「気受け(きうけ)」で悪評が広まると恥をかく事に成る。

だからこそ庶民から為政者に至るまで、人々は「気受け(きうけ)」を気にするところである。


余談だが時の為政者は、この「気受け(きうけ)」を大きなスケールで気にする。

為政者は、自らの権力維持の為に世間からの「気受け(きうけ)」に迎合する。

例えば、本来なら隣国同士で永々と憎しみ合う事は不利益も大きいのに、為政者が国民感情の「気受け(きうけ)」に腐心するばかりにいつまでも憎しみの歴史から抜けられない。

逆に、強い為政者を演出する為には、「ナショナリズムを基本とした強硬な発言」を連発し、国民を煽(あお)る手法が幅を利かす。

つまり、この「気受け(きうけ)」を弁舌巧みに利用し、権力を握って国民をミスリードするヒトラー東条英機のごとき人物が現れる危険は、いつの時代でも存在する


江戸時代の歴代の将軍の老中・大老などの幕閣官僚も、この「気受け(きうけ)」は大いに気にしていた。

それは、当代将軍の世間の「気受け(きうけ)」は幕閣官僚の働き次第だからで、将軍に恥じをかかせられないからだ。

そして「気受け(きうけ)」の最大要件は、景気対策・経済政策の成否である。

それで、「田沼意次の政治」、「新井白石と正徳の治」、「享保の改革」、「寛政の改革と天保の改革」等々の経済政策(気受けたいさく)が数えられる。

その経済政策の一つが、貨幣改鋳(かへいかいちゅう)である。

関連記事
新井白石と正徳の治】に戻る。
享保の改革(きょうほうのかいかく)】に戻る。
田沼意次(たぬまおきつぐ)の政治】に戻る。
寛政の改革と天保の改革】に戻る。
貨幣改鋳(かへいかいちゅう)】に飛ぶ。

第四巻】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)。

★未来狂 冗談の公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2016-12-13 18:17 | Comments(0)  

<< 北条泰時(ほうじょうやすとき)〔二〕 貨幣改鋳(かへいかいちゅう) >>