皇統初期・欠史八代(けっしはちだい)

欠史八代(けっしはちだい)とは、第二代・綏靖大王(すいぜいおおきみ/天皇)から第九代・開化大王(かいかおおきみ/天皇)までの八人の大王(おおきみ/天皇)の実在が疑われている事を言う。

皇統の初期段階の大王(おおきみ/天皇)について、実在を裏付ける資料がほとんど無い事から「伝説上だけの存在で、実在しないではないか?」とされ、「欠史八代」として別に扱われる大王(おおきみ/天皇)が居る。

第二代・綏靖大王(すいぜいおおきみ/天皇) = 神渟名川耳天皇(かむぬなかわみみのすめらみこと)

第三代・安寧大王(あんねいおおきみ/天皇)=磯城津彦玉手看天皇(しきつひこたまてみのすめらみこと)

第四代・懿徳大王(いとくおおきみ/天皇)=大日本彦耜友天皇(おおやまとひこすきとものすめらみこと)

第五代・孝昭大王(こうしょうおおきみ/天皇)=観松彦香殖稲天皇(みまつひこかえしねのすめらみこと)

第六代・孝安大王(こうあんおおきみ/天皇)=日本足彦国押人天皇(やまとたらしひこくにおしひとのすめらみこと)

第七代・孝霊大王(こうれいおおきみ/天皇)=大日本根子彦太瓊天皇(おおやまとねこひこふとにのすめらみこと)

第八代・孝元大王(こうげんおおきみ/天皇)=大日本根子彦国牽天皇(おおやまとねこひこくにくるのすめらみこと)

第九代・開化大王(かいかおおきみ/天皇)=稚日本根子彦大日日天皇(わかやまとねこひこおおびびのすめらミコト)

この初期皇統の疑惑を、以下この文章で少し詳しくお伝えする。

これらの大王(天皇)を「後に創作された架空のもの」とする根拠は、第十代・崇神大王(すじんおおきみ/天皇)の「お名前・漢風諡号(かんふうしごう)」にあり、崇神大王(すじんおおきみ)の「お名前」である御肇國天皇(ハツクニシラススメラミコト)が、「初めて天下を治めた」と言う意味を持つからである。

つまり崇神大王(すじんおおきみ/第十代天皇)には、現代日本の学術上、実在の可能性が見込める初めての大王(おおきみ/天皇)と言う評価がある。

「記・紀神話(古事記//日本書紀)」の謎解きの中にはこうしたメッセージも巧みに隠されていて、本来の系図では第十代・崇神大王(すじんおおきみ/天皇)が初代である事を物語っている。


欠史八代(けっしはちだい)とは系譜(帝紀)は存在するがその事績(旧辞/成し遂げた仕事)が記されない為、皇室の「起源の古さと権威を示す為」の偽作とされる疑惑が在る。

これらの大王(おおきみ/天皇)は実在説もあるが、史学界で支配的なのは「実在せず後に創作された架空のもの」とする考えが上記「欠史八代」である。

欠史八代(けっしはちだい)の大王(おおきみ/天皇)は「古事記・日本書紀」に「お名前」が記載されている。

例えば二代・綏靖天皇(すいぜいてんのう)は、「古事記」では「神沼河耳命(かむぬなかわみみのみこと)」と言い、「日本書紀」では「神渟名川耳尊(かむぬなかわみみのみこと)」とも言うのが、そのお名前は、「和風諡号(わふうしごう)」である。

綏靖(すいぜい)と言う呼称は、奈良時代後期の文人である淡海三船(おうみ の みふね)が歴代天皇の和風諡号(わふうしごう)を一括撰進した時に付されたが、その「古事記・日本書紀」での「お名前=和風諡号(わふうしごう)」に秘密が隠されていると読めるのだ。

つまり初代・神武天皇(じんむおおきみ/天皇)から九代・開化大王(かいかおおきみ/天皇)までは、架空の人物もしくは倭国群の内の一国から採って「記・紀神話(古事記/日本書紀)」などの古文書に記載した疑いもある。

また、五代・孝昭大王(こうしょうおおきみ/天皇)の「お名前・和風諡号(わふうしごう)」=観松彦香殖稲天皇(みまつひこかえしねのすめらみこと)の名の中に在る「香殖稲(かえしね)」に、後世へのメッセージが疑われている。

香殖稲(かえしね/根を反す)とは、皇統が入れ替わった事を暗示させると疑いで、「欠史」にしても「香殖稲」にしても初期皇統にまつわる疑惑である。

そしてこの欠史八代と初代・神武大王(じんむおおきみ/天皇)が、賀茂・葛城氏の主神・事代主神(ことしろぬしのかみ)や賀茂・葛城御門(臣王)家と婚姻関係に在る事で、初期皇統の神武朝と賀茂朝をに見事に混合した疑いがある。

謎の始まりは、「古事記・日本書紀」に見える皇統・孝昭大王(こうしょうおおきみ・第五代天皇)の存在である。

この孝昭大王(こうしょうおおきみ)、実在説もあるが、いわゆる欠史八代の一人で、実在しない大王(おおきみ/天皇)と捉える研究家の見方が一般的である。

「古事記」及び「日本書紀」に於いて、系譜(帝紀)は存在するもののその事績(旧辞)が記されていない第二代綏靖天皇から第九代開化天皇までの八人の大王(おおきみ/天皇)の事、或いはその時代を指して欠史八代(けっしはちだい/缺史八代、また別体で闕史八代)とされている。


崇神大王(すじんおおきみ/天皇)と欠史八代】に続く。

注)初代・神武大王(じんむおおきみ/神話・伝説上の初代天皇)から第二十五代・武烈大王(ぶれつおおきみ/第二十五代天皇)までを「上古天皇」と分類している。


神武王朝四代に関しては、参考小論【神武王朝四代と葛城御門(かつらぎみかど)】を参照下さい。

五代・孝昭大王に関しては、参考小論【欠史八代(けっしはちだい)と香殖稲(かえしね/根を反す)】を参照下さい。

◆神話で無い、リアルな初期日本人の成り立ちについては、【日本人の祖先は何処から来たのか?】を参照下さい。

大王(おおきみ)=天皇(てんのう)】に飛ぶ。
古墳時代(こふんじだい)】に飛ぶ。

第一巻第二話】に飛ぶ。
皇統と鵺の影人

【このブログの一覧リンク検索リスト】=>【日本史検索データ

にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ<=このブログのランキング順位確認できます。クリック願います(ランキング参戦中)

未来狂 冗談の★公式HP(こうしきホームページ)

未来狂冗談のもうひとつの政治評論ブログ「あー頭にくるにほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ<=このブログのランキング順位確認できます。

[PR]

by mmcjiyodan | 2017-08-21 07:23 | Comments(0)  

<< 熊襲(くまそ)=隼人(はやと) 崇神大王(すじんおおきみ/天皇) >>